今注目のニュース
「H、T、Uの3人の男がいた…」 続くクイズの文章に笑った
喫煙中に電子タバコが爆発 米・17歳少年のあご砕ける
「家に大きな氷があると楽しい」という人生の裏ワザ 氷を使った遊び方を解説した漫画に「ワクワクする」

ロイガーとツァール単語

ロイガートツァール

掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ロイガーとツァール(Lloigor/Zhar)とは、オーガスト・ダーレスが創造した、クトゥルフ神話における架性である。

別名:
双子の卑なるもの/忌まわしき双子(The Twin Obscenities)

概要

初出は1932年に発表された短編『潜伏するもの』。
クトゥルフ神話において、属性を持つ双子旧支配者Great Old Ones)。ハスター子供ともわれている。

々のには知覚を持った打ち震える小山から触手が生えているように薄暗闇で見ることができ、振動でその存在を認識することができるだろう。

別名〈双子ひわいなるもの〉〈歩くもの〉

ツァン高原都アラオザルを中心に存在しているとされ、上記作品ではまさにビルマミャンマー地の秘・アラオザルにて、魔術師エ=ポウ率いる邪悪な小人族、チョー=チョー人によって崇拝されていた、という話である。

ロイガー

ポークスマンをつとめ、テレパシーによる意思の疎通が可

触手を生やした巨大な塊。初登場時は善なる旧神属であるウルトラマン戦士」に焼き殺されただが、後に気な顔(?)で再登場を果たしている。
身体を分解う設定が後付けで生えており、さいとうたかをの「バロム1」(原作漫画版)に登場したドルゲ族と同じく分子レベルかそれ以下に分解出来ると推察される。
仮にそうであれば、後に発見された巨大脊椎動物の死骸も、ロイガーの一部であった可性がある。

リンウィルソン小説『ロイガーの復活』には、透明な姿をした種族・ロイガーが登場する。旧支配者のロイガーとの関連は不明で、クトゥルフ神話TRPGでも別物として扱われている。

カナダトロントには「歩くものの結社」というロイガーの教団があるといわれている。

ツァール

正体不明。ロイガーの影に隠れてしまっている。

ブライアンラムレイの『タイタス・クロウサーガシリーズに数えられる「幻夢の時計」においては、ヨグ=ソトース外なる神に混じって登場していたが、どのような姿であるかは描写がない。や姿はいまだ不明である。

ツァン(スン)高原の地下で2匹の巨大な怪物がいるという。それはツァールの体が2つに分かれており、長い触手でつながっているかもしれない。2つのうち片方がツァールで片方がロイガーの可性があり、ロイガーは崇拝者の一種かもしれない。その逆の可性もあるのだが。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/24(月) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/24(月) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP