今注目のニュース
大島優子、キムタクの横で“3分間号泣”の過去
“空飛ぶ缶切り”の異名を持つドイツ空軍の戦闘機をプラモ化!
「目覚めた瞬間、視界に飛び込んで来た絶景」 3匹の猫ちゃんの後頭部が整列 かわいい絶景に心がとろけそう

一撃必殺!居合いドロー単語

イチゲキヒッサツイアイドロー

  • 2
  • 0
掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

すまなかったな、デッキよ。
お前を信じるぜ。
だからお前を貸してくれ!
ドロー!!
 
《一撃必殺!居合いドロー》
 
アリガトウ、オレノデッキ

一撃必殺!居合いドローとは、アニメ遊戯王GX』に登場したカードである。後に、遊戯王OCGにも登場した。

概要

アニメの第91話「ワンターンキル死神」に登場したゲストキャラクター」が使用した魔法カード日本古来の剣術居合切り」をモチーフとし、成功すれば相手を一撃のもとに葬れるワンターンキルも可カードである。アニメでは以下のテキストになっていた。

一撃必殺!居合いドロー
通常魔法
フィールド上のカードの合計枚数だけ自分デッキからカード墓地へ送る。
その後カードを1枚ドローする。
そのカードが「一撃必殺!居合いドロー」だった場合、
そのカード墓地へ送り、フィールド上のカードを全て破壊する。
破壊して墓地に送ったカード1枚につき相手プレイヤー1000ポイントダメージを受ける。
このカードが発動した時、魔法モンスターの効果で破壊、
及びこのカードの効果を効化することはできない。

はこのカードによるワンターンキルロマンを感じ、成功させるためにあらゆる努を尽くしたが、いつも肝心なところで引きの悪さが出てしまい、成功することはかった。苦悩した彼は挙句の果てに、カード死神契約することで、己の魂と引き換えに理やりコンボを成功させるという方法で大会を荒らしまわっていたのだが・・・。

詳しくは「アリガトウ、オレノデッキ」を参照のこと。

OCG版

あれからざっと10年くらいの年を経て、2018年5月12日発売のCOLLECTORS PACK 2018にて、遂にOCG化を果たした(同時収録の《飛行エレファント》に話題を掻っ攫われた感があるが・・・)。

以下のテキスト遊戯王Wikiexit引用

一撃必殺!居合いドロー/Slash Draw
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札を1枚捨てて発動できる。
相手フィールドカードの数だけ自分のデッキの上からカード墓地へ送り、
その後自分はデッキから1枚ドローし、お互いに確認する。
それが「一撃必殺!居合いドロー」だった場合、
それを墓地へ送り、フィールドカードを全て破壊する。
その後、この効果で破壊され墓地へ送られたカードの数×2000ダメージを相手に与える。
違った場合、自分はこの効果でデッキから墓地へ送ったカードの数だけ、
自分の墓地カードを選んでデッキに戻す。

アニメ版と違い手札コストを必要とし、墓地に送るカードの枚数は相手のフィールド上に存在するカード枚数で決める様になった。

居合いドローに成功した場合に破壊するカードは、アニメ通りフィールドカード全て。そして、与えるダメージはこの効果で破壊され墓地に送られた枚数×2000となった。アニメバーン効果持ちカードOCG化の際に、LP差が倍であるのにもかかわらず効果ダメージ量据え置きな事が未だに多いが、このカードの場合ダメージも倍になり、アニメ通り4枚破壊出来ればOCGでもワンキル圏内に入る様になった。

ただし、アニメの効果のままだと失敗しても墓地肥やしとして有用であるため、失敗時には墓地に送ったカードの枚数分、墓地からカードを選んでデッキに戻す処理が追加された。しかし、デッキに戻すカードは任意で選べるため、墓地に残したいカードデッキに戻したいカードを選り分けることが可である。

つまり、この部分を有効活用できれば、失敗してもそれはそれで使えるカードである事に変わりない。

居合いドローの成功率に関しては、あれ以来デッキトップやボトムを操作、参照可カードや相手フィールドモンスタートークンを送り付けるカードが増えたため、それらを最大限活用すればアニメ当時のカードプールよりずっと成功させやすくなった。しかし、破壊されても墓地に送られずにエクストラデッキに置かれるペンデュラムモンスターは破壊してもダメージにならず、フリーチェーンカードフィールドカード枚数を変更されるとデッキを操作したのが裏に出るということも発生する。単純に効果破壊への耐性を備えたカードもかなり増えた。

故に、このカードによるワンターンキルは程々の成功率なはずだったのだが、海外遊戯王TCGにおいて、OCGとのカードプールが異なり、海外先行カテゴリである「Danger!」を用いることで結構問題ある確率で成功するデッキ完成したらしく、2019年1月末頃に施行されるあちらのリミットレギュレーションで、2枚を引くことを前提とした効果にもかからわず制限カード定される事が決まってしまった。

上述の様に、墓地活用の術があり、デッキに1枚しか入っていなくても発動させたこのカード自体をチェーンなどしてデッキに戻してやれば理論居合いドローは可であるため、全に死んだわけではないが・・・。

関連動画

関連項目

掲示板

  • 7ななしのよっしん

    2019/01/29(火) 15:12:41 ID: foZm90wiKP

    >>5
    アポリアアフター・グローでやってたからね。

  • 8ああああ

    2019/05/04(土) 20:27:10 ID: vtPr6gxglE

    悪用されたせいでこの始末
    橘さんが泣いてる

  • 9ななしのよっしん

    2019/05/07(火) 22:36:24 ID: ECnOM9m7WE

    墓地肥やしとしてではなくバーンカードとして使った挙げ句の制限だし
    悪用どころか正しい使われ方したんだよなぁ

急上昇ワード

最終更新:2019/12/09(月) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/09(月) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP