今注目のニュース
果肉が黒い「謎のスイカバー」なのに味はいつも通り? 夏っぽくない見た目に困惑
ついに高齢者の「事故多発」原因が判明!?その理由は...
居酒屋で気持ち悪くなって「場ゲロ」、罰金1万円はちょっと高すぎないか?

死神単語

シニガミ

掲示板をみる(203)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

 

死神とは

日本や多教の々の神話に残る

死と再生を管理するである。 

 

概要

一般的に、死ぬ間際の人間元に立って魂を刈り取っていく描写などから"悪者"や"悪魔"のように描かれることが多いが、「死を迎える予定の人物が魂のみの姿で現世に彷徨い続け悪霊化するのを防ぐ為、府へと導いていくという役を持っている」とも言われている。 多くの死神がを持ち、振り下ろされたは必ず何者かの魂を獲ると言われ、死神のから逃れるためには他の者の魂をげなければならないとされている。

見たは、一番多く連想される骸の姿のほかに、神話宗教・作品によって趣向の不気味デザインとなる事もある。また、北欧神話ワルキューレオーディンのように「戦って倒れたもの達を集めて最後の戦いのために鍛える」者や、エジプト神話アヌビスのように「閻魔大王のような役割を担わせられている」者など一口に死神と言っても様々である。

日本では、ファンタジーである漫画アニメ世界において「死神」が好まれている。登場する多くの死神が勧善懲悪であったりヒーローである一方、不条理を含んだ内容(死神くん・エンマなど)になることもあり、単純な勧善懲悪に終わらないあたりが支持されているのかもしれない。

日本創作作品に登場する死神は、翻訳で"death god" ”god of death”ではなく"shinigami"と訳される傾向があり、宗教的問題を起こしかねない"god"を使うのを避けるためと思われる。英語圏で死神は"GrimReaper" や"The Death"とも呼ばれる。

生として、優秀な成果を上げる兵士の異名や、本人の意志に関わらず周囲の人間が次から次へと死んでいく人物を揶揄して使われる場合もある。

ニコニコ動画的には、デスノート落語の演「死神」・BLEACHのようなものの方が適切なのかもしれないので、関連動画としてリンクしておく。なお、落語「死神」の醍醐味は、その臨場感とオチにある。三遊亭円楽三遊亭楽太郎エピソードは、つとに有名である。

神話における死神・死神的存在

ギリシャ神話

エジプト神話

北欧神話

ケルト神話

ローマ神話

  • モルス

その他

サブカルチャーにおける死神

漫画・アニメ

ゲーム

その他

死神ではないが、二つ名・呼び名・あだ名が死神

キャラクターなど

人物など

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/19(水) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/19(水) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP