与謝野晶子単語

ヨサノアキコ

1.3千文字の記事
掲示板をみる(50)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(10)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

与謝野晶子とは、明治昭和初期の歌人である。

概要

現在大阪府堺市出身で、老舗和菓子屋の志よう(ほう しょう)」として生まれる。学校源氏物語などの古典小説読み耽り、20歳ごろから和菓子屋の店番をしながら和歌を投稿し始める。

1900年、参加した短歌の会で歌人の与謝野幹と不倫関係を持つ。翌年にを出て東京幹と同棲するようになり、歌集「みだれ髪exit」を発表した。女性恋愛ストレートな表現で歌ったことに加え、官的な内容も含まれていた。当時は慎ましい女性が好まれたことから、文壇からは酷評が多かった。しかし世間では、特に青年を中心に内容を支持する人も多く、石川啄木なども読した。現在日本ロマン義の作品の1つ、与謝野晶子の代表作として知られる。

その後与謝野幹と結婚し、「志よう」から「晶」とし「与謝野晶子」というペンネームを使い始めるようになる。幹との間に12人の子を設けたが、その後幹の歌が売れなくなってしまったため、晶子の歌人としての収入を中心に子供たちを育てることになった。

ちなみにバナナ晶子のに挿入したまま一晩を過ごし、翌幹がそのバナナを食べたという話がある。この話を性研究の会「相対会」に入ろうとした幹が代表者の小倉三郎にしたところ「そんなのでもやってる」と一蹴された。この話は丸尾末広が描いた漫画芋虫exit』(江戸川乱歩原作[1])や、週刊ポスト2011年2月4日exitなどに見られるが、一次資料は記事執筆者は発見できておらず、史実か作り話かは不明である。

1904年に、晶子のもっとも有名な「君死にたまふことなかれ」が発表される。日露戦争に出兵した、晶子の三郎に向けたである。当時から天皇の詔勅に反すると批判され、現在でも反戦のとされることが多い。しかし、反戦というよりも、本来は弟への「愛のメッセージ」exitであると解釈されることもある。

日露戦争以降は評論家としても知られ、平塚らいてうなどと共に女性の地位向上に努めた人物として言及されることが多い。ただし、「妊娠出産について庫からの補助を出すなど、女性国家に保護される必要がある」としていた平塚とは意見が対立しており、共働きとなる時代を想定して「女性にも国家にも依存するべきではなく、夫婦の労働による収入のみで生活するべき」としていた(与謝野晶子「平塚さんと私の論争」exit)。これは多くの議論を呼び、「性保護論争」と呼ばれるようになった。

1935年に夫の幹が亡くなる。その5年後、晶子は脳出血により右半身が不随となり、1942年1月に意識を喪失、同年5月に亡くなった。享年63歳。

ニコニコ動画などのインターネットではなぜか音MADコラ画像など変な方向でネタにされやすい。某所においてコラ画像力道山と戦ったりヌンチャクを持たされたりしており、2021年2月にはTwitterでも注された。

関連動画



関連静画

関連商品



関連項目

脚注

  1. *江戸川乱歩原作小説にはバナナの話はない
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/25(月) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/25(月) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP