前前前世 単語

1235件

ゼンゼンゼンセ

2.6千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

前前前世とは、RADWIMPSの楽曲である。
2016年8月26日劇場開された新海誠監督アニメ映画君の名は。』の主題歌4曲のうちの一曲。

概要

歌詞は『君の名は。』の内容とリンクしたものとなっているほか、映画予告にて最もく楽曲解禁が行われたため、主題歌4曲の中でも『君の名は。』を代表する一曲となっている。
なお、本曲は劇中場面で流される挿入歌であり、オープニングテーマエンディングテーマではない(オープニングテーマは「夢灯籠」、エンディングテーマは「なんでもないや」である)。

本楽曲は以下の経緯を経た結果、4つのバージョンが存在している。
RADWIMPSの楽曲としてはしく、どちらかというとかなり大衆向けに製作されており、彼らの作品全体から見ると若干異質なジャパニーズポップス寄りの産業ロック的作となった楽曲でもある。

また、『君の名は。』のボーカル曲は全て未シングル化作品であるため、本作を含む野田ボーカル曲のオリジナル日本語版を入手するにはCDではサントラRADアルバムを、また楽曲単体で購入したい場合はiTunes Storeの単体販売を利用する必要がある。

movie ver.

2014年川村元気東宝プロデューサー)を通じて、新海誠監督からRADWIMPS映画君の名は。』の劇伴参加のオファーが来る。オファーを受諾したRADWIMPSは、顔合わせ会議の場で脚本の第1稿を受け取り、監督との打ち合わせ内容から楽曲を制作2015年2月にはラフ版を現場に上げている。その後も幾度となく現場とのやりとりを通じて映像と楽曲を擦り合わせ、『君の名は。』の世界観に合った楽曲として完成したのがこのmovie ver.である。

2016年7月5日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にて、フルバージョンが解禁された後、2016年8月26日放送のテレビ朝日系ミュージックステーション」にて、テレビ初披露された(なお、テレビ初披露となった日は映画開日でもあったほか、RADWIMPSにとっても地上波初登場となった)。

2016年11月24日放送のNHKSONGS」では、この楽曲のタイトルを冠した番組名(RADWIMPS 「前前前世」を生んだバンドの今)だったにも関わらず、「君の名は。」関連の楽曲は本作含めて一切演奏されなかった(全て新アルバムの新曲を演奏した)ため、若干不満のも聞かれた。
一部報道でこれに関連して「前前前世」は紅白テレビ初披露か?といったことも書かれたが、前述の通り既にテレビ番組での演奏行われている。

こちらは、2016年8月24日発売のサウンドトラック君の名は。』に収録されている。

劇中ver.

こうして完成したmovie ver.であったが、完成後に新監督から「映像の尺や情に合わせて足して欲しい」という要望が入ったため、急遽追加ブロックを作ることとなった。追加ブロックについては、movie ver.の2番の歌詞を差し替える形で使用されているが、前述のサウンドトラック収録には間に合わなかったため、movie ver.でありながら劇中と歌詞が異なる事態になった。

ちなみに追加ブロック歌詞は、『君の名は。』の登場人物である三葉の会話を思わせる表現になっている。この歌詞が気に入った新監督は、歌詞を聴かせるために既に収録済みだった台詞を落として劇中に組み込んでいる。

この映画バージョンは現時点で一切のメディア収録が行われておらず、映画の中だけで各種台詞に紛れて聴こえるのを聴くしかない状況である。

original ver.

その劇中で追加されたブロックめて楽曲に組み込み、リアレンジしたバージョン。追加ブロックは劇中バージョンとは異なる箇所に組み込まれている(全体の歌詞を落とさずmovie ver.のアレンジを極残すための苦労の跡が伺える配置でもある)。よって、上記の「映画で使われた前前前世」とは全く異なるバージョンである。また、movie ver.とべると演奏時間が若干(10ほど)短縮されている。

2016年10月5日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にて、フルバージョンが解禁されている。

2016年11月23日に発売されたアルバム人間』に「スパークル」のoriginal ver.とともに収録。
余談ながら、『人間』に「夢灯籠」「なんでもないや」は収録されない。

初出場となった2016年大晦日紅白歌合戦では後半トップバッターとしてこのバージョン演奏された。対戦相手は乃木坂46

この際に「君の名は。」の劇中映像予告編を再編集した特別ビデオバックに流れたが、紅白NHKカメラが基本的にボーカリスト映像を重視している点もあってカメラワークはお世辞にも良いとは言えず、この映像全に楽しめたのはNHKホールの観客のみだった。因みに、映画ネタバレは考慮されなかったらしく、結構重要なシーンがバンバン使われている。(中にはのチ○ニーシーンも)

Zenzenzense (English ver.)

2017年4月7日より北での開が決定されるにあたり、野田原曲メロディoriginal ver.)に合わせて日本語詞を元に新たに英語詞を書き下ろしたバージョン。「前前前世」を英訳せず、敢えて「Zenzenzense」と表記させているのが特徴である。

この曲を含む英語主題歌4曲を収録した『君の名は。English edition』は、2017年1月27日からの先行配信を経て、2017年2月22日発売予定(日本国内限定)。海外向けには、英語主題歌4曲を収録したサウンドトラックYour name. (deluxe edition / Original Motion Picture Sound Track)』としてリリース予定。

このため、ロックバンド音楽作品としてはしく「日本語バージョンが未シングルにも関わらず英語版のみがシングルカットされた」作品となった。

ピコカキコ

14413
「君の名は。」について語るスレ#515より

ニコニコ動画では

無断転載ではあるが前前前世のフルverが24日という驚異のスピードミリオンを達成した、また歌ってみたMADなどの動画が数多く見られる。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/20(土) 22:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/20(土) 21:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP