卵巣単語

ランソウ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

卵巣(らんそう、ovary)とは、人生の始まりの場所である。

・・・ただし、適切に調理されなかったフグの卵巣を食べると人生の終わりである。

概要

女性に存在し、卵子を作り出してその後成熟させる器官として知られる。卵巣が卵子を出すことを「排卵」と呼ぶ。ヒトの場合、長さは数cm程度で子宮の左右に合計2つ存在する。他の動物のメスにも存在する。

日本のように、魚介類のを卵巣ごと取り出して好んで食するもある。例えば、ウニオレンジ色の部分は精巣・卵巣であるほか、数の子ニシン)や筋子サケ)、明太子(スケトウダラ)、カラスミ(ボラ)、トビコ(トビウオ)などがある。海外ではキャビアチョウザメ)が知られる。

石川県ではフグの卵巣を3年ぬか漬けにした料理が存在する。フグの卵巣は猛であるため、この加工には専門の資格が必要となる。ちなみにが抜ける原理は現在でも不明。

ちなみに白子は精巣である。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/03/04(月) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2024/03/04(月) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP