夏の葬列単語

ナツノソウレツ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(15)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

夏の葬列とは、山川方夫の小説である。

概要

大東亜戦争終戦間際に起きた、一つの悲劇を扱った物語作者は戦中を生き抜いた人物で、作家として様々な作品を輩出するも34歳(1965年2月20日死没)で折した。「夏の葬列」はその作品群の1つで、ミステリー誌の「ヒッチコックマガジン1962年8月号に掲載された。

古い作品だが、中学校国語の教科書に教材として採用されており、若い世代にも一定の認知度がある。後味が非常に悪い本作は、国語教科書掲載作の中でも異を放っている。

あらすじ

時に1945年大東亜戦争末期主人公の「彼」は都会から疎開してきた2、3歳年上の「ヒロコさん」と仲良くなる。気弱な少年だった彼は、何かと世話を焼いてくれるヒロコさんはのような存在であった。

そんなある日、彼とヒロコさんは葬儀の列を見つける。まんじゅうが貰えるかもしれないと、2人は列に駆け寄る。そこへ米軍の艦載機グラマンが飛来。彼はの中で息を潜める。制止する大人を振り切り、ヒロコさんは彼を助けようと近寄る。だがヒロコさんは真っ白ワンピースを着ており、標的になりやすかった。助けにきてくれたにも関わらず彼はヒロコさんを突き飛ばしてしまう。次の間、機掃射によりヒロコさんの体がゴムマリのように跳ねるのを眼前で見てしまった。

その翌日、戦争は終わった。彼は、重傷を負ったヒロコさんから逃げるように町を離れた。自分がヒロコさんを殺してしまったという罪悪感に人知れず苛まれた。

それから彼は、あの時と同じような葬列を見つける。遺影に映っていたのは大人に成長したヒロコさんであった。あの夏の日に死んでいなかったのだ。彼は葬列の子供に話を聞く。機で撃たれるも後遺症はく、あの後も生きていたらしい。ヒロコさんを殺したのは彼ではなかったのだ!まったくの実なのだ!罪の意識から解放され、葬儀の列で場違いな歓喜を上げる彼。浮かれた彼は、彼女死因を聞いてみる。どうやらに飛び込んで自殺したらしい。しかもあの遺影女性は実はおばあさんで、若い頃の写真しかかったのだという。

そして、戦争で1人のが機で撃たれて死亡し、気が狂って自殺した事を知らされる。

つまりヒロコさんは機掃射で死亡し、気が狂ったお母さんが入自殺してしまったのだ。残酷な真実を突きつけられ、彼は自分の犯した罪から永遠に逃げられないことを悟った。

関連商品

著者の短編集では集英社文庫『夏の葬列』と、創元推理文庫『親しい友人たち 山川方夫ミステリ傑作選』に収録されている。

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 13ななしのよっしん

    2021/01/25(月) 03:28:40 ID: 4SvxQluyhP

    これ、中学生の時に国語で習ったけど当時はちんぷんかんぷんだった
    時系列の飛び方というか、婆ちゃんの若い頃の写真ヒロコさんが大人になった(と思ってしまった)写真が同じように思えるのか?と子供心に疑問だったっけなぁ

    大人になって、人間の顔なんて全部同じにしか見えないとわかってからはこの主人公の気持ちがわかった

  • 14ななしのよっしん

    2021/01/25(月) 03:45:38 ID: lRSTIYvI4P

    終戦の前日なんだとしたら熊谷襲のことかなって思ったけど
    あのあたりは別に疎開しに行くような場所じゃないよな
    どこが舞台の話なんだろ?

  • 15ななしのよっしん

    2021/01/30(土) 18:02:03 ID: lXiQckDZwv

    ヒロコさんは機転を働かせて、ワンピースを脱いでを抱きしめた
    ワンピースが標的となり、機掃射からふたりとも逃れることが出来た
    しかし大人になっても、
    そのたわわな果実から逃れることができず、官小説を書き続けている

    ていう薄い本はよ!

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/05(金) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/05(金) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP