志津屋 単語

シヅヤ

1.7千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

志津屋とは、京都市内を中心にパンチェーン店を展開する製パン会社である。

概要

京都府京都市右京区に本社を構える製パン会社。

京都市はそのイメージに反してパン消費量が多く、総務省計調[1]ではパン消費量が神戸市に次いで全2位過去には1位になったこともある)となっており、お坊さんや舞はんに至るまでパンが大半を占める全有数のパン大好き都市である[2]。そんな京都市内に多くの店を構える志津屋は京都市民にとって非常に染みの深いパンチェーンであり、「京都人のソウルフード」と称されることもある。

中でも丸いフランスパンハムオニオンライスサンドした看板商品の「カルネ」は人気が高く、全店で1日に5000~6000個が販売される。カルネについては船越英一郎が自著『船越英一郎京都案内』で紹介しているほか、日本テレビ秘密のケンミンSHOW』やテレビ朝日SmaSTATION!!』などTVでも度々紹介されている。

創業は1948(昭和23)年で、70年余り歴史を持つ老舗。河原町通六角下ルに創業者・信(ほり まこと)が個人経営でパン・洋菓子の委託加工取次店を開業したのが始まりで、社名はの妻である志子の名前から採られている。

主な商品

カルネ
丸くふわふわのフランスパンカイザーゼンメル)にハムオニオンライスサンドしたサンドイッチ。初代社長ドイツへ視察に行った際、たまたまミュンヘン構内でカイザーゼンメルを使ったサンドイッチと出会ったことがきっかけで誕生した。名前パリ交通団発行の地下鉄回数券カルネ(carnet, フランス語で「手帳」の意)と呼ばれていることに由来し、「何度でも買ってほしい」という想いからつけられた。黒胡椒マヨネーズのきいた「ペッパーカルネ」、チェダーチーズを挟んだ「チーズカルネ」もある。
カスクー
ハードフランスパンボンレスハムプロセスチーズを挟んだサンドイッチ
元祖ビーフカツサンド
サクッと香ばしい軽い食感のパン粉をつけて揚げたカツを秘伝の特製ソースで仕上げたカツサンド。創業以来伝統の味を守り続けている。
辛子明太子フランス
特製明太子ソースソフトフランスパンの上に塗り、食べやすく美味しく仕上げた一品。
ベーコンエピ
かりかりベーコンが入った麦の穂の形をしたパン
たっぷりクリームパン
カスタードクリームがたっぷり入ったクリームパン

店舗

店舗は2019年6月現在、21店舗を展開。京阪くずは店(大阪府枚方市)以外は全て京都市内に展開しており、要なの近くや構内、商業施設内に多く店を構えている。

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *都道府県庁所在地及び政令指定都市ランキング(2016~2018年平均)exit
  2. *理由については諸説あるが、「新しいもの好きであること」「職人が多く手軽に食べられるパンが好まれた」などが通説として挙げられることが多い。
この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
結月ゆかり[単語]

提供: サンチョ

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/22(月) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/22(月) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP