手塚眞単語

テヅカマコト

  • 2
  • 0
掲示板をみる(27)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

手塚眞は、ヴィジュアリストである。映画アニメ監督プロデューサーなど、映像系のクリエイターである。その他様々なメディアで表現活動を行う。時には体当たりで行くこともあり。

来歴・人物

1961年8月11日東京生まれ。 父親漫画家手塚治虫

幼い頃から映画に親しみ、高校2年生で8mm処女作『FANTASTICPARTY』を脚本・監督・出演。日本を記録する8mmフェスティバル高校生部門で特別賞を受賞する。大島監督はじめ映画人に高く評価される。ドラマからアートフィルムまで数々の自主映画制作
大学時代に撮った『MOMENT』は学生映画として異例のヒット

1985年くず兄弟伝説』で商業映画デビュー。以来「ヴィジュアリスト」という肩書きで、映画テレビをはじめとするあらゆる映像小説イベントCGマルチメディアなどジャンルえた表現活動を行っている。
1995年富士通で開発したPCソフト『TEO~もうひとつの地球』は世界19か58万本を販売し、数々の賞を受ける。
1999年、10年を費やした長編映画白痴』を監督。ヴェネチア映画祭でデジタルワードを受賞。各映画祭に招待される。
2001年には「東アジア競技大会大阪大会」の開会式を演出。
2005年テレビアニメブラック・ジャック』を監督し、東京アニメワード優秀作品に選ばれる。監修するマンガPLUTO』(手塚治虫原作浦沢直樹漫画長崎尚志プロデュース)が大ヒットメディア芸術祭ほかで数々の賞にく。2006年ダンスオペラ「UZME」を愛知博で上演。テレビ出演や講演活動も数多くこなしている。

2007年から国際ニコニコ映画祭の審委員長マコドン手塚としてノリノリで務めている。
2008年7月ニコニコ動画CM制作し、ニコニコ大会議2008の各コーナーの繋ぎに上映された。第6回国際ニコニコ映画祭動画内でも見られる。
2008年12月、再びニコニコ動画CM制作し、ニコニコ大会議2008冬の各コーナーの繋ぎに上映された。ニコニ・コモンズダウンロードできる。
2009年4月から6月まで江戸東京博物館にて開催された『手塚治虫展』のプロデューサを担当。

コウモリを飼うのが趣味

主な役職

関連動画

関連記事

関連商品

関連リンク

この記事を編集する

掲示板

  • 25ななしのよっしん

    2014/09/07(日) 21:43:41 ID: kmsrMsbRP3

    白痴見た時はこいつは間違いなく天才だと思ったけど、ああいう映画また撮らないんかなぁ。もったいない。

  • 26ななしのよっしん

    2020/01/04(土) 02:55:46 ID: cja/HyR6iY

    手塚眞、才ないでしょ。消えた、と思ってたらまだやってるのね。過去作見て大爆笑した後、役者事務所仕事選べと思ってしまった。周りも止めてやれよ、可哀想に。

  • 27◆CBGbQXRNEo

    2020/02/08(土) 22:31:36 ID: T3pFHD3sUK

    手塚眞

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/25(水) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/25(水) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP