今注目のニュース
叱られる同僚を見るのがつらい… ある女性の特徴に、共感の声が殺到!
【完全版】「即位礼正殿の儀」天皇陛下のお言葉全文。「国民の幸せと世界平和、人類の発展」を願われる!
どこかで聞いたことあるやつ!ワニの赤ちゃんの鳴き声がレトロなテレビゲームのシューティング音そっくりだった件(要音声)

梶谷隆幸の消失単語

カジタニタカユキノショウシツ

  • 8
  • 0
掲示板をみる(101)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(8)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

梶谷隆幸の消失とは、横浜DeNAベイスターズ梶谷隆幸選手が唐突に消えてしまった珍プレーである。
2009年横浜が起こした『消えたレフト事件』とかけて『消えたセカンド事件』とも呼ばれる。

翌年から外野へコンバートされ、身体の高さが生きて好守備を見せるようになる。 が、意外な形で歴史は繰り返す…

概要

2013年4月9日横浜DeNAベイスターズ広島東洋カープの試合。
1-4で広島リードしており、広島の3回表の攻撃、二死満塁の状況でそれは起こった。

序盤から横浜は劣勢を強いられ、これ以上は絶対に得点を与えられない状態。

だが、打者は投手大竹寛ショートゴロを打ちとり、遊撃手石川雄洋セオリー通り距離の近い二塁に送球しようとした…が!二塁ベース上にはもいなかった

「どうして梶そこにいるんだぁ!」
は何故か一塁ベース後方まで歩いていた。

当然ながら石川は二塁へ投げられず、慌てて一塁へ投げるものの、大竹の快走もありセーフ
三塁走者だけでなく二塁走者までも生還し、1-6へとリードが広がる。

判定はショートへの内野安打になったものの、明らかに梶ミスであり、解説の佐々木主浩も「これいま、セカンド何をしてんですかね?」とあきれ返る始末。

このプレーで流れは全に広島に傾き、3点を追加され3回終了時に1-9と序盤でゲームは決まってしまう。
広島先発投手大竹は7回2/3で2失点と好投し、最終的に2-9で横浜が敗戦する結果となった。

試合終了後、監督中畑清は「ファンの皆様に申し訳ない。(プロとして)やってはいけないミス」とコメントし、謝罪した。
そして、梶はこのプレーにより二塁手レギュラーだけでなく、一軍からも消失してしまった…。

なぜ梶谷はあそこにいたのか?

二死満塁ショートゴロの場合、最も近い塁すなわち二塁に送球してフォーアウトとするのがセオリーである。
(ただし、一塁ランナーが俊足の場合や打球がボテボテで明らかに二塁でアウトできない場合は一塁に投げることもあるが、それでもセカンドは二塁に入るのが普通である)
本職ショートの梶も、当然それは理解していたはずだが、なぜこのようなプレーが起こってしまったのだろうか?

試合後、梶は「特に何もない今日は聞かないでください。言い訳になる。」とコメント
プレーの理由は明かされなかった。

これについては、いくつかの説がネット上などで議論されているが、本当のところは本人しか知り得ない。

  • 一塁カバーに行こうとしていた 説
    一部のスポーツニュースなどではこう報じられた。
    すなわち、石川が一塁に投げるだろうと思い込んでそのカバーに向かったということだ。
    しかし、映像でもわかるが、梶は腕をたたんでゆっくりと歩きながら一塁後方に向かっており、カバーと見るにはいささか様子が違うという摘がある。
  • 一塁にランナーがいないと思い込んでいた 説
    このとき、一塁ランナーには石原慶幸がいたが、これをいないものと思い込んでいたため、二塁をがらきにしてしまったという説である。
    二死二,三塁であるならば、一塁に投げてバッターランナー大竹アウトになるのがセオリーであり、梶の不可解な行動にも説明がつく。
  • ベンチに帰ろうとしていた 説
    ショートゴロを石川が取ったことで、もうスリーアウトだと楽観してベンチへ帰ろうとしていたという可性もある。
    この場合、石川が一塁へ送球するだろうという勘違いをしているか、そもそも石川が捕球した時点で安心しきって自然フィールド外へ足が向かったかのどちらかが考えられるが、 後者の場合は、梶明らか怠慢プレーということになる。
    しかし、この説にはベンチに向かうのなら方向が若干違うという摘もある。

その他、トイレに行きたかった説、一気を失っていた説、石原を俊足ランナーと勘違いしていた説、ちょうちょを追っていた説などがあるが、やはり相は本人にしかわからない。

試合内容と与えた影響

このプレーが試合に与えた影は大きい。

この試合、横浜先発エンジェルベルト・ソトは立ち上がりからコントロールが定まらず1回表だけで2四球4安打を許し、一挙4点を先制されてしまう。
対する広島先発大竹寛は、調子が万全ではないものの、一死一,三塁のピンチとなった2回裏も1点の最少失点に留めていた。

この時点でスコアは横1-4広。

3回表、ソトはまだ多少コントロールは不安定なものの、4番・ブラッド・エルドレッド,5番・栗原健太を連続三振に仕留め二死とした。
しかし、次の6番・梵英心,7番・堂林翔太に連打を浴びて二死一,三塁のピンチを招く。
その後、堂盗塁を成功させ、8番・石原慶幸って四球を選び二死満塁。そして、9番・大竹の打席、このプレーが起こった。
このプレーによって、1-4のスコアが1-6となり、満塁ホームランでも追いつけない点差となってしまった。
更に、この直後、ソトは1番・菊池涼介,2番丸佳浩と連打を許し、スコア1-9絶望的な点差まで広がってしまう。

もし大竹打順アウトになっていれば、スコアは1-4のまま、3回表はチェンジとなっていたのだ。

3点差は横浜打線にとって追いつけない点差ではない。
実際、6回裏に4番・トニ・ブランコが6号ソロホームランを放っており、ソトの後に投げた三嶋一輝大原慎司佐藤祥万・加賀繁はいずれも失点であった。十分同点、あるいは逆転のチャンスは残っていたといえる。
逆に、このプレーが起こってしまったことにより、試合はわずか3回で大勢が決してしまい、多くの横浜ファンを落胆させた。
それだけに、このプレーがことさらクローズアップされるのである。

梶谷隆幸の復活?

10日間二軍で過ごし、4月20日に一軍登録された梶
その後の展開は… →ザーゼン

2年後…(2015年08月18日)

ヤクルトスワローズの試合。

五回表、5番・雄平の放った打球はライトフェンス際へ。

その打球をライトジャンピングキャッチ・・・と思いきや、丁度その後ろにあったが開き、そのままの向こうに消失ボールはしっかりキャッチしていたのでアウトにはなったが、一歩間違えば大怪をしていた可性もあったため、好プレーにも関わらず横浜ファンを痛くした。

さらにこの試合の8回裏には、三番手・秋吉からライトスタンドに勝ち越しホームランを放つが、その打球がそのまま場外へ消える

梶谷隆幸は、この日あわせて2回も消えることとなった。

関連動画

石川内野手と共犯でも…

想起された過去の事件

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/22(火) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/22(火) 17:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP