今注目のニュース
榛名湖に降り立った激カワなチワワさん、尻尾を振りしばきながら辺りを闊歩。あまりのかわいさに心が浄化される人も
増加するフリーランスが「貧困老人」になる日
もえあず、大食い試合中の行動に称賛相次ぐ 「日本の誇り」「さすが」

佐々木主浩単語

ササキカヅヒロ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(37)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

佐々木主浩(ささき かづひろ、1968年2月22日-)とは、宮城県出身の元プロ野球選手投手)である。日本では横浜ベイスターズアメリカではシアトル・マリナーズに所属。

称は「ハマの大魔神」、アメリカでは「DAIMAJIN」。

概要

1968年2月22日午前2時22生まれ。
この生年日時刻が由来となり、背番号は一貫して22だった。

東北高校東北福祉大学を経て、1990年、当時まだ大洋ホエールズと名乗っていた横浜ドラフト1位で入団。

当初は先発に回ることもあったが、1991年、それまでクローザーを務めていた遠藤の故障離脱を受けて抜されると、三者連続3球三振を記録するなど抑え投手として定着。途中、故障で低迷した時期もあったが、1992、19951998年と、通算5度最優秀救援投手を受賞するなど、盛田幸妃とともに、横浜の守護として活躍。

チームの首からは「横浜との試合は佐々木登板しない7回までが勝負」とまで言わしめた。「佐々木が出たら終了」は誇でもなんでもなかったのである。

この頃、みずしな孝之により「ササキ様に願いを」という題名で漫画化され、ヒットする。

当時のサンケイスポーツ読売ジャイアンツ担当記者が、対戦チームにとっては悪魔のような守護という意味を込めて、記事内で魔神と表現。ここから「ハマの大魔神」という称に発展した。

横浜称後初のセリーグ優勝日本一を飾った1998年には、横浜駅東口の地下街に、優勝祈願のための「大魔神社」が臨時で設置される、流行語大賞を受賞する、自身も51試合56.0回で45セーブ防御率0.64を記録するなど、1990年代を代表する抑え投手として大活躍した。

1999年に取得したフリーエージェント権を行使して、2000年マリナーズへ移籍後も、新人王受賞、2001年2002年オールスターゲーム出場など、相変わらずの活躍を見せる。しかし、2003年に故障が続いたこともあり、マリナーズとの契約を1年分破棄して、2004年横浜へ復帰する。

故障の影もあり、かつてほどの勢いはなくなっていたが、前半戦は難にクローザーを務める。しかし、8月に救援失敗が続いたことを受けて、引退の意向を表明するも、球団からの慰留で撤回。
2005年になっても調子が上向かず、その間のマーク・クルーンの代役定着、またクルーンを中心とした救援ユニットクアトロK」の活躍もあって出番がなくなり、2005年8月、正式に引退を表明。通算381セーブ日本記録である。

本人の希望から、引退試合は地元仙台での巨人戦となった。
余談だが、この年から東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地となり、交流戦も始まったためか、2006年以降、仙台市巨人地方巡業シリーズ開催地から外れている。

引退後

横浜の親会社だったTBSでの解説が活動の中心となっている。

2014年野茂英雄秋山幸二と共に野球殿堂入りを果たした。

また、2007年JRA免許を取得。「マジン」や「ヴ」の付く名を冠名として競走馬の所有者登録もされており、準三冠馬でありヴィクトリアマイル連覇の「ヴィルシーナ」や秋華賞、ドバイターフの勝ちヴィブロス」、通算獲得賞約10億「シュヴァルグランのとしても知られる。

上記の三頭はGⅠレースをはじめ様々な重賞レース勝利しているものの、何の因果か「2」着も多い。

投球スタイル

  • 持ち球は、150km/hの速球、140km/h弱のスピードと落差を併せ持ったフォークのほぼ2種類。カーブも投げられるが、ごくたまに投げる程度だった。
  • 必殺球のフォークは、前述の通り、回転数よりも重力で落とす従来のものとは違い、速球同様の回転が加えられている。また、ボールにはかすかに横回転が加えられていることで落差がつき、投げられた直後は球種を判別しづらかったという。
  • 近年の抑え投手められがちな、常時145km/h以上を計測できる速球と、縦変化の強い必殺球という要素は、佐々木イメージによる部分も大きい。

成績

通算投手成績

通算:16年 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
NPB:12年 439 8 0 0 43 38 252 0 .530 627.2 230 851 192 168 2.41
MLB:4年 228 0 0 0 7 16 129 0 .304 223.1 77 242 90 78 3.14

タイトル・表彰

タイトル
NPB 最多救援投手 5回 1992年1995年-1998年
NPB MVP 4回 1991年7月1997年8月1998年6月9月
ベストナイン 1回 1998年
最優秀バッテリー 1回 1998年重元信)
MLB 新人王 - 2000年

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/12/07(土) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/07(土) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP