今注目のニュース
坂口杏里が滝行で「更生」する動画をアップ ネット上で物議醸す
知ってる? 干し芋をバターで炒めるととんでもなくウマイ
「セガ狂っている(ほめ言葉)」 メガドラタワーミニに隠された遊び心

梶谷隆幸単語

カジタニタカユキ

掲示板をみる(195)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

梶谷隆幸(かじたに たかゆき1988年8月28日-)とは、島根県出身のプロ野球選手外野手内野手)である。現在横浜DeNAベイスターズに所属。

概要

高校では1年からレギュラーとして活躍。3年甲子園に出場したが、初戦で敗退。俊足好守の三拍子った好選手として、2006年高校生ドラフト3巡横浜ベイスターズ名され入団した。プロでも「甲子園で1勝したい」と標に掲げる。

横浜・DeNA時代

2009年には一軍で22試合に出場、プロ本塁打も放った。なおその試合(甲子園での阪神タイガース戦)では梶本塁打による2点を9回二死まで守っていたが、そこから梶自身のエラーも絡んで5連打で逆転サヨナラ負けを喫し、入団時に標に挙げた「甲子園で1勝」は自らのお立ち台とともにく消えた。


2010年二軍盗塁王を獲得するが、一軍の二遊間はいておらず5試合の出場に終わる。


2011年は故障に苦しみ二軍でも成績を落とす。オフ改造に挑み、見事成功。


2012年中畑清監督にその俊足を見込まれてオープン戦から積極的に起用され好成績を残し、1番遊撃手で開幕スタメン入りを果たすが、シーズンに入ると全く打てなくなり、その後は藤田一也渡辺直人との併用になった。しかし渡辺の故障、藤田東北楽天ゴールデンイーグルスへのトレード、石川雄洋の離脱といったチーム事情や高木豊ヘッドコーチ推薦もあり8月後半からは再び遊撃のレギュラーで起用された。最終的に自己最多の80試合に出場するが、打率.179、2本塁打、11打点、5盗塁という成績に終わる。また拙守も立ち、を全く発揮できないままシーズンを終えることになってしまった。


2013年、開幕直後は内村賢介レギュラーを奪取したため控えに回るが、打撃が好調だったため4月9日広島東洋カープ戦にレギュラーで抜される。ところが、この試合で後世までり継がれるレベル珍プレーである「梶谷隆幸の消失」をやらかしてしまい、監督ファン双方からしく批難され即二軍行きとなってしまう。降格直後に二軍で結果を残し、その頑りを認めた中監督により10日あまりで復帰したが、結局その後はケガの影などもあってしばらく二軍生活を送ることになった。
だが、8月に入り別人のように打撃が覚醒。3日の中日ドラゴンズ戦(横浜スタジアム)で中日の守護岩瀬仁紀からシーズン1号ホームランを放つと、そこから8月だけで8本、9月で7本、10月に1本とわずか2ヶほどで計16本のホームランを量産する。打率も規定打席に達していないとはいえチームトップの.346マーク未来ベイスターズを引っることができる存在として急速に注を集める。背番号も3に変更となった。一方で「後は細かいプレーに守備)が出来れば…」とファンをやきもきさせた。


2014年には守備の負担を減らすために外野手に転向。最初はレフトを守っていたが、筒香嘉智も外野にコンバートされたことからライトを守るようになり、荒波翔に負けず劣らずの好プレーを見せる。打撃は前年の爆発はそれほど見られず調子の波が大きくなる様子も見受けられるが、その代わりに元々の研究熱心な性格も相まって盗塁数が急増。まさに応援歌歌詞通りの""っぷりを見せつけ、最終的に39盗塁で自身初のタイトルとなる盗塁王を獲得した。


2015年はほぼ年間を通して3番ライトとして出場し、リーグ2位28盗塁を記録した。また得点圏打率.352リーグ1位チーム自体は最下位に沈んだものの、4番筒香嘉智、5番ホセ・ロペスと並ぶクリーンナップは前半戦の躍動となった。


2016年アレックス・ラミレス監督の方針でセンターを守る。しかしキャンプ中に故障し、開幕には間に合わなかった。5月に一軍に合流した後、チームは上位争いを展開。自己最多の18本塁打を放ち、DeNA史上初のクライマックスシリーズ出場に貢献。巨人とのファーストステージ左手折したが、その後も強行出場。広島とのファイナルステージではチームは敗退したが、第3戦でダイビングキャッチを成功させたり、第4戦でホームランを放ったりと攻守で活躍した。


2017年は序盤は2番を担当していたが、7月以降は6番か7番を担当。137試合の出場で21本塁打21盗塁を記録。20本塁打20盗塁を記録したのは球団では4人だった。


2018年は故障の影で開幕を二軍で迎え、4月26日広島戦から一軍に合流。ネフタリ・ソトが2番を打つようになってからは1番を担当する。しかし神里和毅と併用されたことや8月に故障で離脱した影41試合の出場に留まった。

特徴

俊足かつ横浜スタジアム場外まで飛ばせるパワーを持ち合わせる「」。一方調子ムラが多くケガも多い。当たっているときは滅法強いが、不振の時は全く打てないタイプ全に気の抜けた空振りをすることがあるが、その後ホームランを打ったりと不思議な選手。

内野守備は非常にお粗末だったが、ライトにコンバートされて以来、広い守備範囲と強肩を生かしてリーグ上位の守備を誇るようになった。

応援歌

球団 レス No プレイヤー
横浜
DeNA
応援歌のピコカキコ一覧#7 8009
8009

成績

年度別打撃成績

年度 球団 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
2009年 横浜
DeNA
22 44 39 4 5 1 0 1 2 1 4 0 1 0 10 0 .128 .150
2010年 5 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000
2012年 80 252 223 17 40 5 3 2 11 5 7 0 21 1 61 4 .179 .253
2013年 77 287 254 59 88 17 4 16 44 7 4 0 27 2 60 6 .346 .413
2014年 142 609 525 76 138 26 9 16 72 39 3 4 70 7 135 12 .263 .355
2015年 134 578 520 70 143 35 2 13 66 28 2 2 54 0 132 4 .275 .342
2016年 107 450 396 69 108 20 4 18 56 26 1 0 49 4 110 2 .273 .359
2017年 137 578 511 83 124 27 2 21 60 21 0 2 62 3 157 2 .243 .327
2018年 41 137 127 21 34 8 0 8 18 5 0 0 8 2 21 1 .268 .321
NPB:9年 745 2939 2599 399 680 139 24 95 329 132 21 8 292 19 689 39 .262 .340

通算守備成績

機構 守備位置 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
NPB 二塁手 17 17 45 2 7 .969
三塁手 8 5 9 0 0 1.000
遊撃手 137 181 350 20 64 .965
外野手 541 992 24 13 8 .987

タイトル・表彰

タイトル
盗塁王 1回 2014年
MVP 1回 2015年3・4月

記録

初出場 2009年4月9日 読売ジャイアンツ3回戦 横浜スタジアム
安打 2009年4月26日 東京ヤクルトスワローズ5回戦 松岡健一から 明治神宮球場
盗塁 東京ヤクルトスワローズ5回戦 林昌勇相川亮二から
本塁打
打点
2009年4月30日 阪神タイガース6回戦 阪神甲子園球場

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/20(金) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/20(金) 18:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP