死ね死ね団単語

タブーノウタ

  • 5
  • 0
掲示板をみる(98)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

死ね死ね団とは、愛の戦士レインボーマンに登場する秘密結社である。

また、それが登場するときに流れる曲、死ね死ね団のテーマをそのまます場合もある。

ちなみに吉本天然素材が正式ユニット名になる前に、一時期「死ね死ね団」を名乗っていたことがある(名称はこの記事にある秘密結社に由来する)。当時リーダーだったぜんじろうが、「こんな面ネタやっとんのに笑わん客は死ね!」と逆ギレしたのがきっかけで名付けられた。

レインボーマン?

作者月光仮面などを書いた川内康範

少年マガシンテレビマガジン、おともだちテレビ同時連載していたとか。

本作品は、レインボーマンとそれに変身するヤマトタケシの戦いを描く。しかし単純な勧善懲悪モノではなく、太平洋戦争時に日本が犯した過ちを見つめ直そうとする作者川内康範の意図が反映された、数々の特徴をもっている。すなわち、日本虐待された外国人が組織立って日本人復讐しようとするという敵の設定、祖国が諸外から迫されている現実の当たりにしながらも、日本を守るために孤独な戦いを続けるレインボーマンの「祖国」、主人公の私生活やヒーローとしての苦悩に重点を置き、特撮モノに典的である欠な性格としていない点、などである。

死ね死ね団?

Wikipediaく、

本編における悪の組織で、4話より登場。いわゆる禍論をモチーフベースとし、日本に特化させる形でのアレンジを加えた設定の、「黄色人種、特に日本人を忌み嫌う秘密組織」(第4話のナレーションより)。リーダー第二次世界大戦中に日本軍から受けた虐待経験から、日本日本人を憎悪しており、そのため組織の攻撃対日本に限定され、多くの特撮モノが抱える「何故日本だけが攻撃されるのか」という問題をクリアしている。の人物ミスターKリーダーとし、ダイアナ、ミッチーなどの女性幹部、秘密研究所で鍛えられた殺人プロフェッショナルたちがいる。キリスト教的な行為で隊員の弔いをしており、組織のリーダーであるミスターKは十字を切ったりアーメンと唱えていることから、キリスト教に何らかの関わりを持つ組織、つまり宗教過激派である可性が高い。隊員に対し“同志”と呼びかけていることから、隊員は雇用関係ではなく共通の的の為に集い組織されていると推定される(ソ連青年団やナチの親衛隊と同じである)。

ということ。

死ね死ね団のテーマについて

本家は曲に合わせて歌われているはずなのにリズムが合っていない。
Flash黄金時代オラサイトによって作られたFlashスピードが遅いような気がする(か正確な確認む)。

よりアップテンポリミックスHyper SSD』(mixed by ながやん)も存在し、こちらを使用したFLASH作品もある。

いろいろと情報が不十分なので加筆めます。

問題の死ね死ね団の主題歌はこちら


しね!しね!しねしねしねしねしんじまえ~
黄色ブタめをやっつけろ~
で心をよごしてしまえ!
しね!(あ~)しね!(う~)しねしね~
日本人は邪魔っけだ!
黄色日本ぶっつぶせ!
しねしねしね しねしねしね
世界地図から消しちまえっ! しね!
しねしねしね~ (しねしねしね~)
しねしねしね~ (しねしねしね~)


しねしねしね~ (しねしねしね~)
しねしねしね~ (しねしねしね~)
しね!しね!しねしねしねしねしんじまえ~
黄色めをやっつけろ~
希望も奪ってしまえ!
しね!(あ~)しね!(う~)しねしね~
地球の外へ放り出せ!
黄色日本ぶっつぶせ!
しねしねしね しねしねしね
世界地図から消しちまえっ! しね!
しねしねしね~ (しねしねしね~)
しねしねしね~ (しねしねしね~)
しねしねしね~ (しねしねしね~)
しねしねしね~ (しねしねしね~)
しねしねしね~ (しねしねしね~)
しねしねしね~ (しねしねしね~)

すさまじい歌詞である。

 

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/14(月) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/14(月) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP