今注目のニュース
飼い主さんびっくり! 「シャキシャキの歯ごたえがたまらにゃい」白菜をおいしそうに食べる猫ちゃんがかわいい
ネットがつながらない! 水没・停電によるトラブル
芸名かと思ったら本名で驚いた意外な芸能人ランキング

江雪左文字単語

コウセツサモンジ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他


江雪左文字とは…

  1. 南北朝時代刀工左衛門三郎によって作られた太刀
  2. ブラウザゲーム刀剣乱舞』の登場キャラクター。1を元ネタとする。 ⇒ 江雪左文字(刀剣乱舞)

本稿では1について記載する。


江雪左文字とは、日本刀太刀である。

概要

 南北朝時代刀工左衛門三郎、通称「左文字」の作で、初代左文字一の太刀
 もと後北条の臣であった板部岡江雪斎であったところからこの号があり、徳川家康の手に入った経緯は明らかでないが、家康から紀州(徳)頼宣に与えられたもの。


 磨上げながら、長さは二尺五寸八分四厘と長く、反りは九分と高く、鎬造、丸棟、鋒は中鋒僅かに延びているのもこの工の時代を示すものである。
 鍛は小肌よくつみ、地沸厚く、地入り、処々に飛焼があり、しかも明るく澄み切ってさえざえとした感がある。
 文は、小のたれ、互の、小乱など交り、総体に匂最も深く、小沸よくつき、砂流しかかり、これも匂口が明るい。帽子は乱れ込んでりごころの掟通りで、表裏に棒樋があり、区上で丸留となっているが、これは後刻である。磨上げた茎先き棟寄りに、「州住左」と書下しに銘がある。

佐藤寒山「武将と名293。) 


 長さ77.9cm、 反り2.7cm、 元幅3.3cm
 昭和八年一月十三日、旧宝に認定
 昭和九年二月、紀州の競売があり、二万四千三百円で落札された。これは戦前の競売では日本刀の最高の値段であったとされている。
 終戦後には他の宝と同様、重要文化財に定され、更に昭和二十六年に新しく宝に定された。
 現在はある法人が所有権を持ち、広島県のふくやま美術館が管理をしているが、常設展示ではない。

関連項目

参考文献

外部リンク

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/14(木) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/14(木) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP