牙琉響也単語

ガリュウキョウヤ

2.8千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

牙琉検事

牙琉響也とは、CAPCOMゲーム逆転裁判シリーズに登場する架キャラクター

ゲーム吹き出し表記は苗字の「ガリュウ」。と共演する場面は名前の「キョウヤ」。

担当声優は『4』本編およびLOVE LOVE GUILTYの歌唱(関連動画参照)ではカプコンサウンドチーム山本治、『4』PV・『5』・『特別法廷』では楠田敏之

概要

17歳にしてアメリカで検事となった、検事局始まって以来のサラブレッド牙琉霧人弁護士
『4』における王泥喜法介ライバル検事で、「主人公王泥喜を見守るお兄さん」的なキャラクターとして作成された。

ドリルのような形状の金髪日焼けしたかのような色い肌に、指輪などのアクセサリーを多数身に着けていて見たはとてもチャラい。人気ロックバンドガリューウエーブ」のリーダーでもある。

プレイボーイかつフェミニストで、初対面のみぬきからは「王子サマみたいな人」という印を持たれた。バンドで歌をうたう理由は「女の子に振り向いてもらいたいから」とっている。部下の宝月茜刑事にも(かつての検事たちのイトノコ刑事への態度と異なり)優しく接しているが、当のからは露に煙たがられていて「じゃらじゃらしたおニイさん」、「歩くとじゃらじゃら鳴って気になる」、「”じゃらじゃら”より”ひらひら”よね(御剣怜侍の暗示。『蘇る逆転』参照)」などと陰口をかれている。

その見たとは裏に検事として仕事をこなし、第3話では複数の事件を同時に取り扱っているところを確認できる。被告人の有罪判決よりも「真実追求する」ことを重んじていて、拠隠滅や人の言操作は行わず、弁護士とむやみにり合うこともない。しかし、王泥喜が失態を犯せば容赦ない言葉をあびせることもあり、決してなれ合っているわけではない。

逆転裁判4

「"本当に大事なこと"なら‥‥忘れないだろう?」

24歳。テーマ曲はガリューウエーブの曲でもある「LOVE LOVE GUILTY」(ラブラブギルティー)。普段は王泥喜を「おデコくん」、みぬきを「おじうさん」や「おじょうちゃん」と呼ぶ。

第2話「逆転連鎖の」で初登場。現場検証へ向かう途中、警官に門前払いを受け困惑している王泥喜みぬきに出会い、(みぬきのお願いで)彼らを現場まで案内した。成歩堂を敵視するような発言をし、弁護士に対しても良い感情を抱いていないが、第1話の事件の相を明らかにした王泥喜に注していて、彼を試すような態度をとる。

第3話ではガリューウエーブのライブ王泥喜みぬきを招待する。2割引きのチケットを請書同封で送りつけて。‥‥意外にケチな面が露見したにとどまらず、演奏中のギター炎上し画面の端で消火活動に励むという、歴代ライバル検事とべてもトップレベルの醜態す。しかも翌々日の法廷でも同じことを延々グチり続けるなど、王子サマのイメージは木端微。その一方で、検察と協してでも真実を追いめようとする王泥喜っ直ぐさを見て、弁護士への認識をめ始める。

なぜ彼は弁護士に複雑な感情を抱くのか?
その理由は彼の初めての法廷、7年前、成歩堂龍一弁護士バッジを失った事件に端を発する。
正直なところ彼の初法廷は見逃し・ミスの連続であり、お世辞にも優秀とは言えないものだった。
そもそもこの法廷自体、事前に弁護側の「ねつ造」の情報を吹きこまれた也が、成歩堂に「ねつ造拠」を提出させるため、彼を「テキトーに追いつめる」ことを的としていた。
結果、ある人物が仕掛けたワナにより成歩堂は「ねつ造拠」を提出してしまい、也は「許されない手段」をとったとして成歩堂告発し、弁護士資格の剥奪にまで追い込んだのである。
以来、也は成歩堂を「薄汚れた弁護士」と認識し、静かに敵意を向け続けた。
しかし7年間ずっと、也は心に引っかかりを感じていた。自分がしたことは本当に正しかったのか?、と‥‥

そして第4話。審理の中で7年前の相が明らかになるにつれ、也は自分の過ちを自覚させられることになる。
失態の露見を恐れ、自分自身の人生と”真実”の間で苦悩する也であったが、”真実”のため全を尽くす王泥喜に心を動かされる。
検事としてのキャリアも、芸能人としての人気もすべて失う覚悟で、本当に大事な”真実”のため、自らが犯した失態を告白するに至った。
すべての”真実”が明らかになったときには、憑き物が落ちたように清々しい表情を見せたのであった。

エンディングでは検事に専念すべくバンドを解散した。本人は第4話の法廷が「ガリューウエーブのステージよりスリリングだったから解散する」とっている。

逆転裁判5

検事の仕事に専念している様子がうかがえる。彼の「真実追求する姿勢」の原点をこの作品で知ることができる。

ガリューウエーブ

牙琉響也がリーダーを務める、警察関係者5人で構成されたバンド大人の事情おなじみタイホくんマスコットキャラクターとして設定されている。
也はボーカルギターを担当し、作詞作曲も手がける。またゲストとの打ち合わせなども也一人で執り行っている。他のメンバーは、ギターを担当する捜三課の刑事のほか、ベースキーボードドラムをそれぞれ担当する3人がいる。

デビューは『4』より7年前で、同時期の『逆転検事第3話バンドーランドのステージにてガリューウエーブのマークが確認できる。デビュー曲は「の禁固刑・13年」。ほかにも「の特赦免責条項・和解編」、「私のカレは検察側人」、「遅効性のはアトロキニーネ」などのタイトル妙すぎるヒッ ト曲を連発している(なお「するギターセレナード」と特別法廷で披露された「LOVE LOVE GUILTY」のみ歌詞が判明しているが、その歌詞センスは常人の理解を越している)。ミリオンヒットを3本も飛ばし、アルバム12枚とライブビデオ15本を出すほどの人気を誇る。

也本人に言わせれば「遊びで始めた」、「そっち(バンド)は遊び」。ただし也は音楽活動に関してもクソであり、殺人事件そっちのけで細かい演奏ミスを追及したり、「ぼくたちが完璧じゃない限り犯罪はなくならない」「(演奏ミスを)開き直るつもりじゃ、この殺人事件の犯人も取り逃す」など大げさな発言をしたりしている。

『4』のエンディングで解散を宣言したという話が聞け、『5』の時点では既に解散している。

なおガリューウエーブであって、ガリューウ「ェ」ーブではない。「エ」は大きい

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

牙琉響也に関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/03/01(金) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2024/03/01(金) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP