茨城交通単語

イバラキコウツウ

5.6千文字の記事
掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

茨城交通いばらきこうつう)とは、茨城県水戸市に本社を置くバス会社である。略称は茨交(いばこう)。前身は鉄道会社であり、かつては関東鉄道などと同様にバスに加え鉄道も運行していた。

概要

茨城県北部、とりわけ水戸市が営業の中心である。本社は茨城県水戸市の茨大前営業所内にある。かつては鉄道事業を行っていた私鉄である。戦時中の交通統合で誕生した会社であり、水浜電車茨城鉄道湊鉄道が合併して発足した。水戸駅から中心(国道50号沿い)を通って上水戸に至る水浜線国鉄赤塚駅から上水戸茨城大学前を通り、東茨城村(現・里町)の御前山までを結ぶ茨城線と、勝田那珂(両は合併し、現在ひたちなか市)に跨る湊線の3路線を所有していた。現在では水浜線と茨城線は廃線湊線は後述する財政再建の際に分社化、出資率を下げて第三セクター化され、ひたちなか海浜鉄道湊線となった。

現在では専らバス事業が中心であり、水戸市ひたちなか市那珂常陸大宮市常陸太田市大洗町里町・大子町・東海村栃木県茂木町の10市町村路線バスを展開している。また、高速バス東京仙台成田空港羽田空港茨城空港へ運行している。かつては福島県矢祭町への路線バスも運行していた。

再建

茨城交通は1944年、陸運統制による交通統合によって創業されてから、竹内による一族経営がなされていた。以降、スーパーなどの小売りや不動産業、タクシーなどの多経営に進んでいくが、茨城県内の人口流出により1990年代以降本業の鉄道バスの利用者が減少。さらに当時東海村に造成していたフローレスタ須和間が、東海村JCO臨界事故で事業は失敗してしまい、経営状態は悪化。地元茨城県が地盤の常陽銀行が中心となり、巨額の債務放棄など経営再建を試みたものの追いつかず、2008年水戸地方裁判所に民事再生手続きを申し立てた。現在は経営共創基盤による再建が進めらみちのりホールディングス下となっている。

日立吸収

2019年5月1日付けで日立市内を中心に路線バスを運行していた「日立電鉄交通サービス」という企業を吸収合併。日立電鉄交通サービスの本社ビルの表札は「茨城交通日立オフィス」に付け替えられた。

日立の一般路線バス日立市常陸太田市、高萩、北茨城の4で事業展開。また、日立電鉄線の廃線跡をバス専用道路として再利用した「ひたちBRT」も存在。

旧日立エリアでの一般路線バス乗車時にあった風習

現在茨城交通ホームページバスの乗り方案内ページ上ではこれから説明する旧日立エリアのことが書かれていないことから吸収時に止されたと思われる。
旧来の茨城交通運営エリアでは一般的な整理券を用いる。

日立エリアでは一般路線バスのみで使用出来るIC乗車券「でんてつハイカード」を導入したが、現客用の整理券もICカード化されていた。

そこで注意すべき点は、以前使われていたの整理券ではどの運賃セクションから乗ったのか番号が印字されており、使い捨てであった。
が、日立エリアでは経費節減のため整理券を何度も使い回している。カードそのものに印字は行われない
そのため、時に整理券番号を覚えておかないといけないという初見殺し設計となっているので注意が必要。
外では、整理券番号を覚えておくようにアナウンスが流れていたほか、アナウンスでも、「◯◯から乗したお客様の整理券番号は◯◯番です」と必ずアナウンスが流れた。

IC乗車券

茨城交通では先述のとおり2社のシステムが混在しており、これまで茨城交通が営んできた路線と、旧日立の路線では使用可ICカードが異なるという事態が発生している。

これまで茨城交通が営んできたエリアは「いばッピ」、旧日立エリアは「でんてつハイカード」というカードに分かれている。

なお、2018年12月13日日本経済新聞報道exitによると、2022年をめどにSUicaPASMO等の交通系ICシステム統合するとのことである。

鉄道路線

前述の通り、現在鉄道事業から撤退している。かつて所有していた路線について記述する。

水浜線

水浜電車として1922年12月28日に開業。水戸市から大洗町を通りひたちなか市を結んでいた路面電車で、郊外区間は専用軌を走った。水戸と磯(大洗の漁港)を結ぶ事から水浜線と名付けられた。
1930年までに全線20.5kmが開通。国道50号国道51号を辿る形の経路を辿っている。

区間により均的な停留所間距離が異なり、上水戸浜田間は約0.315kmと路面電車的、浜田~磯間は約1.1kmと都市近郊鉄道的、磯間は約0.72kmとその中間的な性質を持っている。
水戸駅電停にて水戸駅に連絡している他、茨城線の電化区間への乗り入れも行われた。ただし、赤塚駅方面への乗り入れはし。

大洗方面から鉄道道路併用であるを通り那珂え、電停へ至っていたが、洪水等により1938年6月28日に崩落してしまう。以降は電停終点となるが、その後休止区間が拡大。新たな架けられる頃には大洗電停終点となっており、再びへ至る事はかった。

かつてはには海水浴客で賑わっていたが、茨城交通のバスへの移行が進む中で併用軌部分(国道50号)の渋滞解消の為の撤去要請などもあり1965年6月11日に当該区間を止、続いて1966年5月31日に全線が止となった。現在に架かる結城街道水門橋にかつての軌跡が残っており、石碑が置かれている。その他、廃線時に集められた架線鉄塔湊線電柱として再利用されたりしている。

後に開業した大洗鹿島線にて、より郊外側の区間を直進する形で水戸大洗は再び路で結ばれる事となる。なお、大洗鹿島線大洗駅は水浜電車の大洗電停とは全く別の場所にあり、むしろ磯電停に近い。

停留所一覧

上水戸 - 湊
停留所名 距離 開業 乗り換え路線・備考 所在
水戸
かみみと
0.0 1944年8月1日 ■茨城線 大学方面へ乗り入れ 水戸市
谷中
やなか
0.3 1927年5月27日
口労町入口
くろうちょういりぐ
0.5 1927年5月27日 高前とも。高等学校前(こうとうがっこうまえ)から1953年以前に称。
一中前
いっちゅうまえ
0.7 1957年以降
久保
すなくぼ
1.0 1927年5月27日 久保町(くぼちょう)から1953~64年頃に称。
公園
こうえんぐち
1.4 1927年5月27日
大工
だいくまち
1.8 19252月26日 向井町広小路(むかいちょうひろこうじ)から1934年以降に大工町広小路に称。1964年以前に大工町に称。
大工
だいくまち
不明 19252月27日 ↑の大工町とは別。1934年以降に止。
町四丁 不明 不明 詳細不明。
1925年頃に存在したと思われる。
町三丁
いずみちょうさんちょうめ
2.0 19252月27日 町二丁(いずみちょうにちょうめ)から1934年以降に称。
町一丁
いずみちょういっちょうめ
2.2 1957年以降
南町四丁
みなみまちよんちょうめ
2.5 19252月27日 町広小路(いずみちょうひろこうじ)から1964年以前に称。
南町三丁
みなみまちさんちょうめ
2.8 19252月27日
郵便局
ゆうびんきょくまえ
3.1 1924年7月21日 南町広小路(みなみちひろこうじ)から1930年以前に称。
水戸駅
みとえきまえ
3.6 1924年7月21日 常磐線水郡線
1965年に移転。
本社前
ほんしゃまえ
不明 1924年7月21日 柵町(さくまち)から1964年以前に称。1966年6月1日止。
(不明) 不明 1934年以前 詳細不明。
1953年以前に止。
三高下
さんこうした
4.0 1949年以降 師範学校下とも。三高下(さんこうした)から1958年以降に県立原子力館前(けんりつげんしりょくかんまえ)に称。1964年以前に再び称。
一高下
いちこうした
4.3 1924年7月21日 中学校前(ちゅうがっこうまえ)から1930年以前に称。
入口
不明 1934年以前 詳細不明。
1956年以降に止。
東柵町
ひがしさくま
5.0 1923年11月15日
本一町
ほんいっちょうめ
5.4 1923年6月30日 根積町(ねずみちょう)から1930年以前に称。
本三町
ほんさんちょうめ
5.7 1923年6月30日 水戸電気鉄道の下水戸駅から700m程だった。
(エデンホール前) 不明 不明 詳細不明。本四町に作られたとされているが、本三町と同じなのではないか、エデンではなく醤油会社の井伝なのではないか等と諸説あるらしい。
本五町
ほんごちょうめ
5.9 1923年6月30日
本七町
ほんななちょうめ
6.2 1923年6月30日 1930年以前に止された。
浜田
はまだ
6.3 1922年12月28日

やだ
7.5 1922年12月28日
六反田
ろくたんだ
8.5 1922年12月28日

くりざき
9.5 1923年6月30日
稲荷小下
いなりしょうした
10.0 1964年以降
大串
おおくし
11.3 1922年12月28日
ヶ崎
しおがさき
12.6 1922年12月28日

ひらと
14.1 1922年12月28日

いそはま
15.1 1922年12月28日 大洗町
大貫
おおぬき
15.5 1926年12月14日 鹿島軌道大貫停留所は離れた場所で開業した。

まがりまつ
16.4 1926年12月14日
仲町
なかちょう
不明 1930年以前 1960年以前に止。

とうこうだい
17.4 1926年12月14日 大洗裏とも。
(北大洗)

不明 1926年以前 詳細不明。
1930年11月までに止。
大洗
おおあらい
18.0 1926年12月14日 1960年以前に移転。
祝町
いわいまち
18.4 1926年12月14日 1966年6月1日止。
願入寺入口
がんにゅうじいりぐ
不明 1934年以前 1966年6月1日止。

かいもんきょう
20.0 1927年2月3日 1966年6月1日止。

みなと
20.5 1930年11月22日 の崩落によって1938年6月頃より休止。
1966年6月1日止。
ひたちなか市
谷中 - 袴塚

茨城交通の設立と上水戸駅への接続に伴い使用されなくなった区間。

停留所名 距離 開業 乗り換え路線・備考 所在
谷中
やなか
0.0 1927年5月27日 水戸市
水戸
かみみと
不明 茨城線と接続している上水戸駅とは別だが場所は近い。
1944年8月1日より休止。
1953年10月20日止。

はかまつか
0.4 1928年7月10日 1944年8月1日より休止。
1953年10月20日止。

茨城線

茨城鉄道として1926年10月24日に開業。水戸市から里町を結んだ鉄道路線。水戸駅を起点にする予定だったが赤塚駅に変更された。終点の御前山から御前山線と呼ばれる事も。また、茨城交通との混合を避けてか茨線とも呼ばれたらしい。
1927年までに全線25.2kmが開通。赤塚駅から上水戸駅まで東に進み、以降は国道123号に沿った経路を辿る。免許の上では長倉までの区間が取得されており、真岡線茂木から延伸する国鉄長倉線と双方が開通したには接続がされる構想があったが、実現する事はかった。
また、野沢から分岐して水郡線玉川までを結ぶ7.2kmの免許も取得していたが、こちらも実現せずに未成線となっている。

茨城交通の発足後に赤塚駅大学間の4.3kmが電化されていた。上水戸駅で水浜線と接続しており、上水戸駅大学間の約1kmを水浜線の直通列車が走った。

1966年以降段階的に止が行われ、1971年2月11日に全線が止された。

ちなみに、終点の御前山は当時の村(現:里町)にあり、後に誕生した御前山村(現:常陸大宮市)とは別の場所である。

駅一覧

距離 開業 乗り換え路線・備考 所在
赤塚駅
あかつか
0.0 1926年10月24日 常磐線 水戸市
石川
ひがしいしかわ
1.4 1928年7月6日 羅前(こんぴらまえ)として開業。
1954年以降に称。
西原
にしはらまち
2.2 1941年8月1日
水戸駅
かみみと
3.3 192610月24日 ■水浜線

あけぼのちょう
3.7 1951年12月8日
大学
だいがくまえ
4.3 1928年7月21日 兵営前(えいへいまえ)として開業。
1940~42年頃に南塚(みなみはかまづか)に称。
1949年頃に移転し大学前となる。

ほり
6.0 1928年8月31日 1968年6月16日止。
田野
たの
7.3 1955年12月 1968年6月16日止。
飯富
いいとみ
8.9 1926年10月24日 1968年6月16日止。
藤井
ふじい
11.1 1926年10月24日 1968年6月16日止。
那珂西
なかさい
14.2 1926年10月24日 1968年6月16日止。 里町
石塚
いしつか
16.6 1928年10月24日 1968年6月16日止。
常陸岩船
ひたちいわふね
19.0 1928年11月7日 1966年6月1日止。
波山
わや
21.1 1927年2月23日 1966年6月1日止。
野沢
あのさわ
23.4 1928年7月6日 1966年6月1日止。
御前山
ごぜんやま
25.2 1927年3月26日 1966年6月1日止。

湊線

湊鉄道として191312月25日に開業。2008年4月1日ひたちなか海浜鉄道に移管。
ひたちなか海浜鉄道の記事を参照。

関連動画

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 3ななしのよっしん

    2019/08/26(月) 23:58:02 ID: +MrIiYp4V2

    JRJRバス関東)や関と運行してるみと号でここ運行だとハズレ
    Suica使えない、そのため割引効かない、
    他2社より車両が古いのか椅子があれだし乗り心地悪い
    最悪

  • 4ななしのよっしん

    2019/10/22(火) 04:52:58 ID: JhjEOwOpbj

    最近日立電鉄交通サービスと合併した
    Suica対応してないのはアレだけど、wi-fiが使えたり、鉄道カバーしてない場所(成田羽田空港とか仙台とか名古屋とか)に直通便を出してるのはありがたい

  • 5ななしのよっしん

    2021/02/03(水) 00:38:13 ID: YBSpbosrjQ

    水浜電車とか過去の内容で分量多い部分は記事分離した方が良かったりとかするだろうか

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/12/02(木) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2021/12/02(木) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP