今注目のニュース
頭蓋骨にツノが生えたのは本当にスマホのせい?
盗撮魔に「2度とするな」と説教してお金要求…「盗撮ハンター」は正義の味方か?
開封時に一本釣りが楽しめる「釣り好きのための封筒」が話題 ネットの反響に作者驚き

薬丸自顕流単語

ヤクマルジゲンリュウ

掲示板をみる(20)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

薬丸自顕流、薬丸流、野太刀自顕流、あるいは単に自顕流とは、鹿児島県を中心に伝わる剣術体とする武術である。読みは示現流と同じくジゲンリュウである。

よく薩摩示現流と混同されるが、関わりはあるもののそれぞれ別の流である。

※以下、薩摩示現流を示現流、薬丸自顕流を自顕流と記す。

概要

示現流との相違について

示現流は戦国時代末期、東郷重位がタイ捨流を学んだ後、君・島津義久に従って上した際に寧寺の僧・善吉より正自顕流を開眼し、双方の技術を掛け合わせて創始した流である。

自顕流は遡ること安中期、薩摩掾に任じられ下向してきた伴兼行が伝えた伴氏家伝の野太刀術が流である。
時代は下り、伝の野太刀術を伝える伴姓の兼陳が東郷重位の門下となり、代々東郷の高として示現流門下にあった。
そして江戸時代後期に示現流より独立し自顕流となった。

要するに流が互いに全く異なるのだ。

歴史

源流である野太刀術の時代

自顕流の流は伴氏家伝の野太刀術と書いたが、伴氏/大伴氏の出自は古くは大連・大伴金村や征隼人持節大将軍・大伴旅人、初代征夷大将軍・大伴麻呂などを輩出した軍事貴族であり、藤原氏の台頭と排斥で勢を失ったものの、安期に至っても武人の故実を伝える武門のであった。それ故に伝の野太刀術という根本があったのだろうか。

天門の変で失脚した大納言・伴善男の玄孫という伴兼行が薩摩下向と共に伝の野太刀術を伝え、肝属に土着してからは肝付氏を称した。この肝付氏から別れた分現在まで自顕流を伝える丸氏なのである。

戦国時代に至り、大隅戦国大名肝付兼続の重臣であった(孤斎)こと薬丸兼将(兼政)は名将と言われ、対島津戦線で鹿児島下まで攻め入ったりしている。その兼将の孫・壱岐守兼成は示現流開祖である東郷重位の初陣で彼の介添えをし、更に上述した兼成の孫である丸兼陳(如)が屋敷も近所であった東郷重位の門となり初めて示現流と交わった。

示現流門下時代から独立、そして現代まで

東郷重位の許で示現流を学んだ丸兼陳は名人で、五高の一人に数えられた。かつては兼陳を流祖としていたが、現在は兼成としている。兼陳以来、は代々示現流を学びつつも伝の野太刀術を絶えず伝え、創意工夫を続けた。

江戸時代後期には既に東郷から示現流を教授されることも少なくなり、また側も伝の野太刀術の研鑽に偏重するようになっていた頃、時の当丸兼武は示現流より独立し、如伝またはジゲン流を称した。
独立する際に示現流との間で門の移籍に関連した騒動があり、島津(示現流皆伝)により兼武は屋久島へ流された。兼武の子・兼義の代に、島津家老調所広郷の建議により・斉に許され剣術師範となった。のちに斉御前で自顕流が示現流と共に演武した記録が残っている。
示現流が上級士に広まったのに対し、自顕流は下級士に普及することとなった。

自顕流を学んだ者の中には、寺田屋事件で瓦解することとなった精忠組の面々もいた。
桜田門外の変井伊直弼った有村次左衛門、生麦事件でイギリス商人を抜上までりつけた奈良原喜左衛門や、明治の元勲の一人である西郷日露戦争バルチック艦隊を破った東郷平八郎など多くいる。

現在は地元教育の一環として中学生の体験教室なども行っている。

関連動画

薬丸自顕流に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

薬丸自顕流に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

薬丸自顕流に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/25(火) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/25(火) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP