覇王翔吼拳単語

ハオウショウコウケン

  • 2
  • 0
掲示板をみる(43)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

覇王翔吼拳とは、SNKSNKプレイモア格闘ゲームに登場する空手の流「極限流」の義の名称である。

概要

格ゲー史上初の超必殺技であり、大きく気を溜める動作の後、より巨大な気弾を放つ。極限流空手の裏の義が「虎乱舞」であるならば、覇王翔吼拳は極限流空手を代表する表の究極義である。

使用者は、龍虎の拳シリーズリョウ・サカザキロバート・ガルシアMr.ラテユリ・サカザキ餓狼伝説シリーズマルコロドリゲス。そして何故かサムライスピリッツ黒子

極限流の始祖、タクマ・サカザキ覇王至高拳(はおうしこうけん)という上位技を持ち、これも覇王翔吼拳の一種であると考えられる。覇王至高拳は気力の消費が大き過ぎるため、タクマ(及びMr.ラテ)にしか使えないとされる。

龍虎の拳の覇王翔吼拳

初代「龍虎の拳」ではガードしても吹っ飛ばされ大ダメージ、下手をすれば気絶という、まさしく必殺技える超必殺技だった。発動までに大きな予備動作があるものの、弾は巨大かつ弾速が非常に速いため、通常のジャンプで躱すことも難しい。実は弾に攻撃を当てると相殺することが出来るのだが、弾速の速さから難度が高い。コマンドゆっくりすることで弾速を遅くすることも出来るので、タイミングをずらすことも可であった。

ラスボスMr.ラテが使用する覇王翔吼拳は気力ゲージリョウ達の半分程度しか使用せず、予備動作が気力溜めと似ていて分かり難いため非常に強

龍虎の拳2」ではガードの上から吹っ飛ばされることはくなったが、削りダメージがやや大きく、止めに使ったり気絶した相手に直撃させたりといった使い方は相変わらず有効であった。タクマ・サカザキ覇王至高拳は若干前後の隙が小さいが、ほぼ同じ性と考えて良い。

龍虎の拳龍虎の拳2では、CPU戦ではボーナスステージミニゲーム超必殺技伝授」をクリアするまでは使用出来なかったが、それ以外には必殺技ゲージを大きく消費する程度で、体ゲージの制限など特殊な発動条件があるわけではない。

コマンドは一貫して→←↙↓↘→ボタンボタン無印と2がAボタン龍虎の拳外伝ではCボタン

なお、初代「龍虎の拳」の劇中でリョウが発した台詞武器を持ったが相手なら、「覇王翔吼拳」を使わざるを得ない」は虹裏を始めとしたネット上でよくネタにされており、ニコニコ動画内でも多数のコラ動画が作られるなどしている。→「覇王翔吼拳」を使わざるを得ない

他シリーズの覇王翔吼拳

コマンドは基本的に龍虎の拳シリーズを踏襲して→←↙↓↘→+P。KOF'99以降のユリ↓↘→+P(溜め)。餓マルコ↓↘→↓↘→+P。

KOFゲーム中でこの技を見る機会が一番多いのは、KOF'99以降のユリが牽制として放つ溜めバージョンと、タクマ覇王至高拳であろう。

リョウ・サカザキ

KOF'94~'95では通常の必殺技扱いで、硬直が長いうえに簡単に飛び越えられ、ダメージも少ないので死に技に近い。昇コマンドの暴発で出てしまうことがある。超必殺技に格上げされたKOF'96からは弱版を連続技のお供として加えることができるなど、万な技の一つになった。

しかし近年のKOFXIと'98UMではライバル如月影二の似た性質を持つ波に性で負けていたり、KOF2002UMで一応対に使えたりするが強い対技の虎がある、コンボに組み込んでもその他超必殺技の方がダメージ面でも優れていたりとパッとしないが、わからん殺しには使えなくもい。

ロバート・ガルシア

コンボとして繋げられる技があまりない。そもそもロバートは通常技や必殺技の性較的良く、また他の超必殺技の方がコンボに組み込みやすいため、牽制ぐらいに使うのが最適と思われる。

ユリ・サカザキ

相手の飛び道具をかき消すので、飛び道具を撃ってきた時に打ち返すのが良いと思われる。またネスツ編以降は虎煌拳を溜めると覇王翔吼拳に変化するようになり、牽制に非常に役に立つ。

天翔覇王翔吼拳

KOF MAXIMUM IMPACTシリーズ「2」から使用する超必殺技。突進して相手を踏み台ジャンプし、中から覇王翔吼拳を放つ技。覇王翔吼拳に彼女だけが使う飛燕鳳凰脚と煌拳の要素をプラスした技で、性はほぼ飛燕鳳凰脚の上位版となっている。

「REGULATION"A"」では直接中から放つバージョンもある。

タクマ・サカザキ

覇王至高拳

リョウロバートと違い溜めることが可で、これが吼拳との大きな差である(もっとも、KOF2003ではロバート吼拳も溜めることが出来る)。

KOF'94~'95ではリョウ達の覇王翔吼拳とそれほど差がなくやはり死に技。KOF'98では発生を見てから潰されたり、威微妙だったりと、高性な虎煌拳へのハンデのような扱い(虎煌拳を正確に入しないと暴発する)である。次作の'99に至っては発生がこれより遅く、超必殺技のためゲージを消費するなど、全に死に技と化している。しかし、その後の2000、2001、2002UM裏版では発生がく威も高い、そして弾もでかい、と圧倒的に使い勝手が良くなっている。また、強飛燕疾風脚二段からの追撃でも決められるという、非常に高性な技となった。

2002、NEOWAVEでは弾が出ない打撃技に変更されてしまった。な使いガードクラッシュや起き攻めなどである。

超覇王至高拳

覇王至高拳を三連射する。「SVC」のMr.ラテのエクシード技であり、また、本気になったMr.ラテの通常必殺技である。CPUはこれを連射してくるため、非常に厄介である。

覇王獅咬拳

KOF2002UMの裏タクマMAX2。

簡単に言うと、極太レーザーである。これは「KOF2000」のチームエンディングでタクマゼロキャノンを吹き飛ばした時の再現である。性較的良く、削りに使えたり、しゃがみ強Kからキャンセルで繋がったり、高く浮いた相手に覇王至高拳から追撃できたりと、結構万な技である。

マルコ・ロドリゲス

超必殺技版、潜在版ともに弾速が非常に速い。出掛かりに無敵判定があると非常に万である。

関連動画

関連商品

 

 関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/21(月) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/21(月) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP