今注目のニュース
交通費かかってないのに、会社からもらった定期代で通勤 法的に問題は?
勤続5周年祝いに社員のフィギュアを制作する会社が話題!CEOの「面白そう!」で実現
まるで大きなネコちゃん! ペットとして飼われているピューマのしぐさが愛らしくてたまらない

逸見政孝単語

イツミマサタカ

掲示板をみる(46)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

逸見政孝(いつみ まさたか、1945年2月16日 - 1993年12月25日)とは、会者・アナウンサーである。

概要

1945年生まれ、大阪市阿倍野区出身。非常にであるがノリの良さも兼ね備えており、そのギャップから人気アナウンサーとなった。

数々のテレビ番組に出演し、1980年代後半~1990年代前半を代表する会者でもあり、多くの視聴者から支持された。

ガンを患い48歳で死去。その過ぎる死を逸見の番組出演者・制作スタッフ視聴者の多くから惜しまれた。

フジテレビアナウンサー時代

大阪府倍野高等学校卒業し、関西学院大学受験するも失敗。浪人中に当時付き合っていた人に振られ、「有名になって見返してやる」という一念からアナウンサーを志す。

一浪後早稲田大学入学し、アナウンス研究会に所属。大阪弁を標準のアクセントに直すために底した訓練を実施。璧なアクセントを習得し、フジテレビの入社試験で本当に大阪出身なのか疑われた。これが転じて、「正しいアクセントを覚えた句のページを食べた」という話となってり継がれている。

1968年フジテレビアナウンサーとして入社。当初はスポーツ実況ワイショーアシスタントを担当していたが、報道部門に異動。1984年4月より夕方のニュース番組「FNNニュースレポート6:00」を担当し、同年10月スタートした「FNNスーパータイム」でも続投。「スーパータイム」のヒットで逸見はお茶の間に広く知られるようになる。

ニュース番組やキャスターといえばそれまでお堅いイメージが強かったのだが、「スーパータイム」の前に放送されていた「夕やけニャンニャン」内の番組予告のコーナー片岡鶴太郎とんねるずにイジられるようになり、ノリの良い話術で返したことから若者の間でもだけど面おじさんアナウンサーとして認知され、それ以外のバラエティ番組への出演も増えた。

「管理職に出世するのではく、現場の第一線で活動していきたい」という思いから1988年フジテレビを退社、局アナからフリーに転身をする(「スーパータイム」のキャスターは周囲からの懇願で、退社後も1年間続投した)。

フリーアナウンサー転身以後

フリー転身後最初のフジテレビ以外のレギュラー番組であった「クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!」(日本テレビ)が大ヒットしたのを皮切りに人気フリーアナウンサー仲間入りを果たす。この番組ではレギュラー解答者の山城が自ら「会者と露に敵対する解答者」というポジションを買って出て、番組側も山城対策として「横取り40萬」を登場させるなど、『逸見vs山城』の分かりやすい対立構造で人気を博した。

他にも「も一生けんめい。」(日本テレビ)でお世辞にも上手といえない歌を披露して爆笑を誘ったり、「たけし・逸見の平成教育委員会」(フジテレビ)で自身の生キャラクターに沿った「学級委員長」として先生役のビートたけしサポートし、裏番組「クイズダービー」(TBSテレビ)の長年に渡る下にピリオドを打った。

また、ビートたけしタモリ明石家さんまお笑いBIG3が一堂に会した「BIG3 世紀のゴルフマッチ」「テレビ夢列島(現:27時間テレビ)」(フジテレビ)においてもアクの強い3人を見事に捌きながら番組の盛り上げたことでファンからは『逸見あってのBIG3(または逸見含めてBIG4)である』と言う評価をする人も多い。本人もBIG3を上手く仕切れることを自負していた面もある。

ガン罹患から逝去まで

1980年に実ガンで31歳の若さで死去し、自身の健康には注意をしていた。しかし、皮にも彼もまたガンという病魔に侵された。

1993年1月の検ガンを発見。翌に1ヶ仕事を休業し、の3/4と周囲のリンパ節、膜の転移病巣を切除する。この時には病名を偽って表、2月末に仕事復帰するが、5月頃から再発が始まる。

同年9月6日記者会見を行い、自身がガンであることを。当時週5本のレギュラー番組を抱える人気会者であった逸見のガンは芸界や世間に大きな衝撃を与えた。再び仕事すべて休業し、臓器摘出や皮膚移植など13時間に及ぶ大手術を行った。一時は回復したものの、10月頃から体調を崩し、切除したはずのガン細胞が再び発見された。もはや手の施しようがかった。

同年12月25日ガン性悪液質のため48歳の若さで逝去。ガン告白からわずか3ヶ強というすぎる死に芸関係者のみならず世間にも彼の死を悼んだ。死化粧は当時専属スタイリストだったIKKOが担当。

後にはTBSテレビ朝日テレビ東京NHKを、出の際には「ショーバイ」「いっしょうけんめい」などフリー後に縁が深かった日本テレビ(当時:千代田区二番町)と元局アナであったフジテレビ(当時:新宿区河田町)を巡るという、フリーアナウンサーでありながらNHKと全民放キー局を周った後に荼毘に付されるという異例の扱いを受けている。
逸見の死のニュースを伝えた「FNNスーパータイム」では、逸見と共にキャスターを務めた安藤優子が号泣。局アナ時代の先輩である露木茂も悲痛な面持ちでニュースを伝えた。

彼の逝去後、「ショーバイ」は福澤朗(当時:日本テレビアナウンサー)が、BIG3企画には後輩川端健嗣(フジテレビアナウンサー)がそれぞれ2代目会者となったが番組は長く続かなかった。特に「ショーバイ」は逸見を失ったことにより番組が迷走した。日本テレビ1990年代黄金時代の幕開けを告げた記念すべき番組でもあるため、「ショーバイ」復活を望むも多いが、未だに実現していない。

ちなみに彼の追悼番組は当時放送されていたアニメ幽☆遊☆白書」を割いての放送だったため、1994年末に放送終了予定のところ、最終回だけ翌1995年に持ち越された。

なお、逸見のかかったガンはスキルス性の進行ガンであり、ガンのなかでもたちの悪いものであった。このため、ガンを発見した1993年1月の段階でいかなる手術をしても助からなかった(手術せずに自然死を待った方が苦しまずに済んだ)とのも挙がり、この大手術がはたして必要だったのか論争となった。この論争で手術を不要としていた近藤医師が『患者よ、がんと闘うな』を上、同書はベストセラーとなった

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 44ななしのよっしん

    2019/01/26(土) 14:13:33 ID: x3KJB3r4ep

    逸見さん生きてたら
    韓流とかのはどういうに扱ってたかな
    ネット炎上とかについても
    色々言ってそう

  • 45ななしのよっしん

    2019/02/12(火) 00:06:22 ID: HWTZ7jH9wc

    まさか同期だった倉悦郎元アナが逮捕されるとは…

    これもショックだけど、反応見てみると逸見さんの事を知らないという人が非常に多い事や倉元アナが認知症を患っていたのも少しショックだった。
    もう遠い昔の人になっているんだな…

  • 46ななしのよっしん

    2019/04/30(火) 05:35:43 ID: wbOmmGovNp

    平成を代表する会者とも言っていい人だな。
    子供ながら逸見さんの番組にだいたいチャンネル合わせてた。

    今日平成が終わる。
    古き良き時代人それぞれだろうけど、は逸見さんが亡くなったときがその界線かな。
    そこからテレビも、世の中までも変わっていってしまった感じがするなあ。

急上昇ワード

最終更新:2019/08/25(日) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/25(日) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP