今注目のニュース
hitomi、ショートヘアが“賛否両論”と落胆 「イメージが…」
「えっ、ボクお兄ちゃんになるの?」飼い主さんのお腹に優しく寄り添うマラミュート
マリーンズ福浦選手が等身大フィギュアに お値段200万円

AL-1単語

エイエルワン

掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ボーイングAL-1Boeing AL-1)とは、かつてアメリカ軍(USAF)がレーザー兵器システムとして試験運用中であったミサイル迎撃機である(開発計画そのものは2011年12月キャンセルされた)。

概要

ボーイングAL-1
Boeing AL-1
用途 ミサイル迎撃機
分類 レーザー兵器システム
製造者 ボーイング防衛宇宙安全保障
ボーイング747-400F
運用者 アメリカ
総生産数 2機 (YAL-1A)
初飛行 2002年7月18日 (YAL-1A)
YAL-1A 仕様
乗員 フライトクルー × 4名 (2名交代制)
作戦ペレーター × 4名
全長 72.00 m
全幅 65.10 m
全高 19.30 m
面積 525 m2
虚重量 192,270 kg
全備重量 326,886 kg
最高速 Mach 0.83
作戦行動時間 給油6時間、最大16時
原動機 ゼネラル・エレクトリックCF6-80C2B5F
バイパスターボファンエンジン × 4基
最大推 28,000 kgf × 4
武装 TRW BDL-2 酸素沃素化学レーザー × 1基
射程 450 km
発射回数 35

アメリカ軍(USAF)のレーザー兵器システム(ABL weapons system, Airborne Laser weapons system)としてボーイング747-400Fを修したミサイル迎撃機。この計画及び機体の事を一般に、エアボーン・レーザー又はABLと呼ぶ。

機首ターレットにはTRW BDL-2酸素沃素化学レーザーCOIL, chemical oxigen iodine laser)と呼ばれる高エネルギーレーザー兵器を搭載する。COILが出MW級赤外線レーザーを上昇段階(ブーストフェイズ)の弾道ミサイルへ向けて照射、燃料タンク付近の装甲を加熱する事でミサイルを航行不能にさせる。

他に、AC-130 ガンシップCOILを搭載した高等戦術レーザーAdvanced Tactical Laser)もABL兵器システムとして開発中である。

バリエーション

  • YAL-1A - 試験
  • AL-1A - 通常。YAL-1Aが制式採用された場合、計7機が運用される予定。
  • AL-1B - 単なるミサイル迎撃機としてではなく、戦闘を行う大戦闘機として運用する構想案。

関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/24(土) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/24(土) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP