今注目のニュース
建物から「女性の頭」が落ちてきた 残酷すぎる事件に衝撃走る
医学部教授が警鐘鳴らす「骨卒中」とは?骨と足腰を強くするには
飲み会の帰りに先輩が見せたかわいい一面に「…すこ」となる漫画 追い打ちで恥ずかしがる姿に「やめたげてよォ!(いいぞもっとやれ)」

AO入試単語

エーオーニュウシ

掲示板をみる(40)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

AO入試(エーオーにゅうし)とは、入学試験の一種である。

概要

AO入試のAOとはアドミッションオフィス、すなわち大学入学事務室のことを意味する。

アメリカ合衆国大学で行われていた入学試験を参考にして生まれた。1990年慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスが導入してから急速に広まり、多くの大学が採用し今に至る。

この入試方法は従来のペーパーテストの成績にとらわれない新たな入学試験の方法とされる。的意識・熱意・適性なども重視しており、入学時点ではなく卒業時点での学力が高いことが期待されている。偏差値秀才へのアンチテーゼでもあり、また文部科学省の学習導要領への不信感から学生は自分達で選びたいという考えに基づいている。

具体的な試験方法は書類選考と面接が中心であり、小論文や学力試験、体験授業を課すところもある。書類選考の内容は調書、推薦書、志望動機書などである。基本的に専願のみである。

もしAO入試を検討しているのなら進学希望大学ウェブサイトを参照して欲しい。

AO入試をめぐる歴史・議論

企業の採用方法に似ており、当初こそは企業からも評判の良い優秀な学生を取ることができた。

しかし、AO入試に客観的な基準がないので、高校では「入試対策が難しくトップ層に勧められない」とされ進路導の教員から敬遠されてしまった。優秀な学生には一般入試で複数の名門大学に合格してもらい、合格実績を増やしたいという考えもあった。そして一般入試では入れないレベル学生を送り込もうとするようになった。

他にも高校教育革に影を受けた。AO入試において高校教育準を評価することが大事だが、カリキラム自由化、コース制など一つの学校内でも差が生まれ始めた。そのため、大学の教員が高校生の実評価が難しくなったのである。アメリカ大学ではアドミッションオフィスという入試の専門機関があるのとは対照的である。

そして学生学力把握に失敗し、AO入試で入学した学生がその他の学生学力が不足しているという問題が生じる大学で始めた。そのため、AO入試を止した大学も見られる。

さらに下位大学では学生の確保に使われるなど、本来の的からんでいった。他にも期から選考が行われるため優秀な学生の「青田買い」に利用されている批判も出ている。

そのため2011年に独自試験やセンター試験、各種資格試験などとの併用と調票の積極活用が望ましいとされ、2012年度のAO入試よりいくつかの公立大学センター試験が課せられるようになった。

逆に早稲田大学東北大学のように学内調で一般入試組よりAO入試組の方が成績がいいという報告が出ているところもある。

ある研究ではAO入試組の方が入試結果と大学の成績との相関性が高いとされる。一般入試組は入試結果より高校時代の成績の方が大学の成績との相関性が高いという結果であった。

関連商品

関連項目

関連サイト

掲示板

  • 38削除しました

    削除しました ID: WAv/qaYDAx

    削除しました

  • 39削除しました

    削除しました ID: uDkxePPahx

    削除しました

  • 40ななしのよっしん

    2019/08/23(金) 22:54:38 ID: vSCXmMzWJp

    一般入試以外に実技入試があるし、AOでも倍率10倍50倍とかあるだろ その高倍率突破した人は駄か?
    試験方式問わず、倍率と偏差値に応じて入試難易度は上がるだろ

急上昇ワード

最終更新:2019/10/14(月) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/14(月) 21:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP