今注目のニュース
続発する高齢ドライバーによる事故に「ムダ」との声も! 免許更新時の「高齢者講習」は本当に意味がないのか?
ふかわりょうにストーカーか、元芸人の41歳女を逮捕「結婚したいと思っていた」との供述も
フェンスにくくりつけられたハスキーを救出した警官、すっかりほれ込み無事飼い主となる

H-II単語

エイチツー

掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

H-II とは、1999年に運用を終了した日本の第4世代液体燃料ロケットの名称である。
後に日本ロケットとなるH-IIAロケットは、当機のとなる。

正しい表記はH-Ⅱであるが、H-II、H2 など表記がいくつか存在する。
→ 「H-II or H2 or H-Ⅱ or H-2」でタグ検索exit_nicovideo

また生機として、J-I ロケット1号機が存在する。

概要

H-II ロケット宇宙開発事業団NASDA)および三菱重工が開発し、製造は三菱重工が行なっていた。
2トン級の静止衛星を打ち上げるを有しており、
日本で初めて全段自技術により製作された2段式の純産大液体燃料ロケットである。

射場としては、種子島宇宙センターの吉信第1射点(LP1)が使用されていた。

なおNASDAではH-IIの読みを「えいちつー」としていたが、マスコミ等では「えいちに」と表現する場合もある。

開発経緯

東京大学生産技術研究所を礎とする固体燃料ロケットの分野ではそれなりの技術を有していた日本であったが、
実用的な大衛星などを打ち上げ可とする液体燃料ロケットの開発には遅れをとっていた。

これらの開発担当となったNASDA米国からの技術供与を得てデルタロケットの技術を段階的に習得、
ETVロケットからN-IN-IIH-I ロケット内技術を向上させH-II ロケットが登場する事となる。

機体構成

液体酸素(液)と液体水素(液)を推進剤とする液/液エンジンを第1段・第2段に備え、
増強の為に大の固体ロケットブースター2基と必要に応じて小の固体補助ロケットが使用されていた。

全長50メートル、総重量260トン。(積荷の人工衛星SSBを除く)

第1段機体
 宇宙開発事業団航空宇宙技術研究所、三菱重工石川島播磨重工による共同開発、
 二段燃焼サイクルを採用したLE-7エンジンが搭載されていた。

第2段機体
 宇宙開発事業団航空宇宙技術研究所、三菱重工石川島播磨重工による共同開発。
 エキスパンダブリードサイクルを採用したLE-5Aエンジン8号機はLE-5B)を搭載しており、
 軌上でのエンジン再着火が可である。(LE-5Bは再々着火が可

 なおLE-5A/Bは、H-I ロケット第2段用として開発された日本初の実用液/液エンジンLE-5の発展

固体ロケットブースターSRB), 固体補助ロケットSSB)
 宇宙開発事業団日産自動車宇宙航空事業部(現IHIエアロスペース)によって開発された、
 ポリブタジエン系推進を使用した固体燃料ロケット。 全長23メートル、1基あたりの重量70.5トン

 開発段階の試験機としてTR-I ロケットが存在し、
 試験機3号機で使用された固体補助ロケットSSB)はTR-I ロケットコアモータとほぼ同一のものとなる。

ペイロードフェアリング(衛星フェアリング)
 川崎重工による開発。
 直径4.1mの4Sと直径5.1mの5Sがあり、2基の衛星を搭載可な4/4Dや5/4Dも存在していた。

打ち上げ能力

打ち上げ(重量)
地球重力圏脱出*1

静止トランスファGTO
高度約36,000km

太陽同期SSO)
高度約800km

低軌LEO
高度約300km

2,000kg

3,800kg

4,000kg 10,000kg

*1 第二宇宙速度 や他の惑星など

打ち上げ実績

7回中5回の打ち上げに成功。(8号機失敗、5号機は一部失敗 7号機は打ち上げキャンセル

詳細

機体番号 日時 フェアリンetc 搭載衛星
TR-I 1号機      1988/09/06
TR-I 2号機      1989/01/27
TR-I 3号機      1989/08/20
試験機1号機(TF1) 1994/02/04 07:20
4S
※初飛行
試験機2号機(TF2) 1994/08/28 16:50
4S
試験機3号機(TF3) 1995/03/18 17:01
5/4D
※固体補助ロケットSSBを2基追加
打ち上げ業務担当はRSC
4号機(F4) 1996/08/17 10:53
5S
6号機(F6) 1997/11/28 06:27
4/4D
5号機(F5) 1998/02/21 16:55
4S
※打ち上げ一部失敗
8号機(F8) 1999/11/15 16:29
5
打ち上げ失敗
第2段エンジンにLE-5Bを採用
7号機(F7) 打ち上げキャンセル
4/4D
種子島宇宙センター内展示機体へ
重要科学技術史資料 第00023

関連動画

打ち上げ

LE-7エンジン

派生機

射場・その他

関連商品

関連コミュニティ 関連チャンネル


 

関連リンク

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2013/09/10(火) 06:40:53 ID: m7S2P3CZ38

    記事作成してみました

急上昇ワード

最終更新:2019/08/18(日) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/18(日) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP