今注目のニュース
周囲を気にせずに自分だけが起きられる!光と振動で起こしてくれる「アイマスクアラーム」
栄養豊富? 焼き芋は「皮」も一緒に食べるべき? パサパサや焦げ、気になる人も…
遺産は家族にあげたくない? 「アダルトサイトの美人に…」と告白した男性

H-IIA単語

エイチツーエイ

  • 17
  • 0
掲示板をみる(75)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(17)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
15号機(H2A202型)

H-IIAとは、日本液体燃料ロケットである。

正しい表記はH-ⅡAであるが、H-IIA、H2Aなど表記がいくつかある。

→ 「H-IIA or H2A or H-ⅡA or H-2A」でタグ検索exit_nicovideo

生機としてH-IIBイプシロン、計画段階で終了のJ-I 2号機がある。
また、H-IIA/Bの後継機として「H-III」の開発開始が決定されている。

概要

H-IIAロケットJAXA(組織統合前の旧NASDA)および三菱重工が開発し、製造は三菱重工が行なっている。
13号機からは打ち上げ事業が三菱重工に移管され、現在JAXAが安全監理業務、三菱重工が打ち上げ業務と分担して打ち上げを実施している。

打ち上げ時の射点としては、種子島宇宙センターの吉信第1射点(LP1)が使用されている。

打ち上げ実績

2017年6月1日現在35回中34回の打ち上げに成功。(成功率97.143%

打ち上げ予定

2017年度以降

※相乗り衛星は判明分のみ。計画の中止・追加、使用ロケット変更、打ち上げ順序変動等の可性あり

機体バリエーション

H-IIAロケットは、SRB-A(固体ロケットブースター)、SSB(固体補助ロケット)を追加することで機体のバリエーションを増やし、様々な大きさ、重さの衛星打ち上げに対応できるよう設計されている。当初構想では202/2022/2024/204/212/222の6種類が構想されていたが、実際に開発・完成したのは202/2022/2024/204の4種類で、三菱重工への運用移管後はさらに202/204の2種類に集約されている。

さらにロケット先端の衛星を保護するカバーである衛星フェアリングは、ロケット本体とほぼ同じ直径4.07mの4Sと大衛星用の直径約5mの5Sがあり、他に2個の衛星を同時に軌投入可な4/4D-LS、4/4D-LC、5/4Dの計5種類が存在する。 なお衛星フェアリングの開発・製造は、川崎重工が担当している。

型式名の意味

H-IIAの式名の意味は次の通り。

H2AXxYZ
Xロケットの段数。現在は第1段と第2段の2段式なので全て2である
x :LRBLiquid Rocket Booster、液体ロケットブースター)の数。現在は全て0である。
  (LRB・・・増強構想で検討されていた第1段目より大きい巨大なブースター。exit高価かつ実績に乏しいLE-7Aエンジンを3~5基も用いる、1本構成ではロケットが非対称な形になって機体制御が困難、など欠点が多く、第1段本体を増強する現在H-IIBプランに置き換えられる形で開発中止になった。)
YSRB-A(Solid Rocket Booster、固体ロケットブースターの数。2又は4基構成。
   (SRB-A・・・TOP画像でロケット本体の両に2本装着しているブースターIHIエアロスペース社製。)
ZSSB(Solid Strap-on Booster、固体補助ロケットの数。0基の場合は省略される。最大4基構成。
   (SSB・・・SRB-Aより外径が半分以下の細いブースターATKランチスシステムズ製のキャスター IVA-XLを輸入。N-I/N-II/H-ISSB、キャスター IIの後継品。射点損傷防止のためリフオフ10後に中点火されるようになっており、初期H-IIA打ち上げの見所のひとつであった。打ち上げ性向上幅にべて価格が高く、効率が悪かったため、生産ラインの効率化や第1段本体のLE-7エンジン向上などに伴って退役。)

例1:ひまわり6号を打ち上げた7号機(SRB-A2基SSB2基)の場合 ⇒ H2A2022
例2:きく8号を打ち上げた11号機(SRB-A4基SSB0基)の場合   ⇒ H2A204

機体バリエーション

SRB-A SSB

:本体
SRB-A
SSB

全長
(m)
質量
(t)
参考動画
H2A202 2基 0基


53 289 H2A202型15号機 H2A202型4号機
H2A2022
(退役)
2基 2基

  

53 321 H2A2022型13号機 H2A2022型13号機
H2A2024
(退役)
2基 4基

  

53 351 H2A2024型14号機 H2A2024型3号機
H2A204型 4基 0基

53 445 H2A204型11号機 H2A204型11号機

打ち上げ能力

打ち上げ(重量)

地球重力圏脱出*1

静止トランスファ
GTO



近地点高度
250km
遠地点高度
約36,000km

ロングコース
静止トランスファ
Long-coast GTO

近地点高度
2,700km
遠地点高度
約36,000km

太陽同期
SSO)

高度
800km

低軌
LEO


高度
300km

HTV*2



高度
250km

H2A202 2,500kg

4,100kg
(3,800kg)*3

1,700kg
(2,900kg)*4
3,600kg4,400kg(他) 10,000kg -
H2A2022
(退役)
-

4,500kg
(4,200kg)*3

- - - -
H2A2024
(退役)
-

5,000kg
(4,700kg)*3

- - - -
H2A204型 -

6,000kg
(5,800kg)*3

2,300kg
(4,600kg)*4

- 15,000kg 12,000kg

*1 第二宇宙速度や他の惑星用。
*2 国際宇宙ステーションISS)への宇宙ステーション補給機「こうのとり」HTVH-II Transfer Vehicle)を投入する軌。ただし、HTV生機のH-IIBで打ち上げられている。 詳細はこちらを参照HTVH-IIB
*3 6号機の失敗後、SRB-Aの最大推を下げて信頼性を向上させる良が行われたため、SRB-Aを使用した7号 機~13号機は1号機~6号機と較して打ち上げ若干低下している。なお、さらに良を加えたSRB-A3を使用する14号機以降では本来のを 取り戻している。
*4 第2段機体高度化良後の値。

衛星打ち上げ実績

機体番号 日時 式・フェアリン 搭載衛星
試験機1号機 (TF1) 2001/08/29 16:00
 H2A202・4S
※H2A202初飛行
試験機2号機 (TF2) 2002/02/04 11:45
 H2A2024・4/4D-LC
※H2A2024初飛行
3号機 (F3) 2002/09/10 17:20
 H2A2024・4/4D-LC
4号機 (F4) 2002/12/14 10:31
 H2A202・5S
※相乗りとして海外衛星初搭載
5号機 (F5) 2003/03/28 10:27
 H2A2024・4/4D-LC
6号機 (F6) 2003/11/29 13:33
 H2A2024・4/4D-LC
※打ち上げ失敗
7号機 (F7) 2005/02/26 18:25
 H2A2022・5S
※H2A2022初飛行
打ち上げ業務 RSC
8号機 (F8) 2006/01/24 10:33
 H2A2022・5S
9号機 (F9) 2006/02/18 15:27
 H2A2024・5S
※打ち上げ業務 RSC
10号機 (F10) 2006/09/11 13:35
 H2A202・4S
11号機 (F11) 2006/12/18 15:32
 H2A204型・5S
※H2A204型初飛行
12号機 (F12) 2007/02/24 13:41
 H2A2024・4/4D-LC
13号機 (F13) 2007/09/14 10:31:01
 H2A2022・4S
※H2A2022ラストフライ
以降打ち上げ業務三菱へ移管
14号機 (F14) 2008/02/23 17:55
 H2A2024・4S
※H2A2024ラストフライ
15号機 (F15) 2009/01/23 12:54
 H2A202・4S
衛星同時打ち上げ数日本最多タイ
16号機 (F16) 2009/11/28 10:21
 H2A202・4S
17号機 (F17) 2010/05/21 06:58:22
 H2A202・4S
18号機 (F18) 2010/09/11 20:17
 H2A202・4S
19号機 (F19) 2011/09/23 13:36
 H2A202・4S
20号機 (F20) 2011/12/12 10:21
 H2A202・4S
21号機 (F21) 2012/05/18 01:39
 H2A202・4/4D-LC
※「アリラン3号」は相乗りによる初の商業打ち上げ
22号機 (F22) 2013/01/27 13:40
 H2A202・4/4D-LC
23号機 (F23) 2014/02/28 03:37
 H2A202・4S
衛星同時打ち上げ数日本最多タイ
24号機 (F24) 2014/05/24 12:05
 H2A202・4S
25号機 (F25) 2014/10/7 14:16
 H2A202・4S 
26号機 (F26) 2014/12/3 13:22:04
 H2A202・4S
27号機 (F27) 2015/2/1 10:21
 H2A202・4S
28号機 (F28) 2015/3/26 10:21
H2A202・4S
29号機 (F29) 2015/11/24 15:50
H2A204型(高度化)・4S
※初の商業単独打ち上げ
30号機 (F30) 2016/2/17 17:45
H2A202・4S
31号機 (F31) 2016/11/2 15:20
H2A202・4S
32号機 (F32) 2017/1/24 16:44
H2A204型・4S
33号機 (F33) 2017/3/17 10:20
H2A202・4S
34号機 (F34) 2017/6/1 9:17
H2A202・4S
35号機(F352017/8/19 14:29
H2A204型・5S

関連動画

試験機1号機(LRE)・試験機2号機(つばさ・DASH)

3号機(こだま・USERS)・4号機(みどりⅡ)

5号機(情報収集衛星光学1号機・レーダ1号機)

7号機(ひまわり6号)・8号機(だいち)

9号機(ひまわり7号)・10号機(情報収集衛星光学2号)

 

11号機(きく8号)

13号機(かぐや)・14号機(きずな)

 

15号機(いぶき)・16号機(情報収集衛星光学3号機)

17号機(あかつき・IKAROS)・18号機(みちびき)

19号機(情報収集衛星光学4号機)・20号機(情報収集衛星レーダ3号機)

21号機(しずく・アリラン3号)・22号機(情報収集衛星レーダ4号、光学5号実証衛星)

23号機(GPM主衛星)・24号機(だいち2号)

25号機(ひまわり8号)・26号機(はやぶさ2)

 

27号機(情報収集衛星レーダ予備機)・28号機(情報収集衛星光学5号機)

29号機(Telster 12 VANTAGE)・30号機(ひとみ)

31号機(ひまわり9号)・32号機(きらめき2号)

33号機(情報収集衛星レーダー5号)・34号(みちびき2号)

35号機(みちびき3号)

その他

 
 

関連商品

H-IIAの登場するフィクションの作品

関連コミュニティ 関連チャンネル


関連リンク

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/24(木) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/24(木) 10:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP