単語記事: コメディ

編集

コメディ英:Comedy)とは、ギリシャ語の「kōmōidia」をとしており、これは「催しで歌う人」を意味する。

現在、英単として「Comedy」と言った場合は「喜劇」「見る人を笑わせる映画テレビ等の作品」などを意味する。

概要

コメディとは喜劇の事である。対義は悲劇を意味するトラジェディー。

元々は、舞台喜劇で使う用であったが、テレビ映画などが普及してからはそちらでも使われるようになった。
 コメディに登場する人の事は「コメディアン」と呼ぶ。日本の場合は「コメディアン」と言うとお笑い芸人全般をす場合が多い。
日本では女の人でコメディを行う人のことも「女性コメディアン」と呼んだりするが正確には男性だけが「コメディアン」で女性が「コメディエンヌ」になる。
コメディ映画コメディドラマコメディ番組など、娯楽作品の中でも人気があり日常的ににしたり聞く機会が多い。

なおな展開がである作品の中にクスリと笑わせる要素や登場人物が一部盛り込まれているような作品の場合は「コメディ」に含まれないと解釈され、そのシーンまたは登場人物のみをして「コメディリリーフ」または「コミックリリーフ」という言葉を使用する。

日本の漫画・アニメ・ゲームにおける「コメディ」 

日本ではいわゆる「コメディ漫画」など、物語の中に笑いを誘う要素が込められている作品全般に対して「コメディ」という言葉が使用される。笑い以外の要素が付加されているコメディ作品は「◯◯コメディ」などと言われており、日本では特に「ラブコメディ」と呼ばれる恋愛と笑劇を足した作品が人気となっている。略され「ラブコメ」とも言われる。

コメディの要素さえあれば「◯◯」の部分は何でも当てはまる。例えば庭内や日常題とした喜劇作品であれば「ホームコメディ」、SF題としたコメディ作品であれば「SFコメディ」など。「じゃりン子チエ」のような人情ドラマベースにした作品は「人情コメディ」と言われるなど、その分類は多岐に渡る。

ラブコメに別の題が加わっている作品であれば、さらにその前に接頭語がつく(例・『らんま1/2』→「格闘ラブコメ」、『ラブひな』→「ハーレムラブコメ」など)。

「コメディ作品」と「ギャグ作品」の違い

日本では笑いを誘うジャンルの作品としては他に「ギャグ作品」が存在するが、ギャグ作品とコメディ作品の最大の違いは「ストーリーライン」を重視しているか否かにあると言える。

いわゆる「コメディ漫画」のような作品とは、『個性豊かな人物が登場するが突拍子な人物が登場することは少ないか、あってもストーリーライン視するほどのキャラクターであることは少なく、キャラクター同士の交わりや、物語本線伏線を絡みあわせる中で生じる「ズレ」や「おかしさ」を滑稽に描くことで読者の笑いを誘うタイプの作品』のことであり、(後々の笑いのために敢えて)物語伏線シリアスな展開を織り込むこともしばしば存在する。
一方「ギャグ漫画」のような作品とは『ストーリーラインはほとんど視され、常識外れな登場人物がなりふり構わず場をかき回すような作品』のことであり、ストーリー性はあってもストーリー漫画のそれとべると多分に短絡的であることの方が多い。

またコメディ作品は原則的に登場人物などの設定や時系列の流れなどは作品中を通じて維持された形を保つのに対し、ギャグ作品は一話もしくはごく短い連続もので一つのストーリー完結することが基本で、ネタ作者の都合のために設定がコロコロ変わることも少なくない。

作品の土台となる「笑い」の質においても性質の異なる部分があり、コメディ作品の笑いは総じて(などの有といった意味で)健全なイメージのものであるのに対し、ギャグ作品は刺や、不条理や下ネタも厭わず盛り込まれやすい、といった点に違いがある。これも、ストーリーに沿って展開するコメディとは違い、むしろストーリー性が薄いからこそ後者のようなのある笑いやシニカルなネタが盛り込みやすいといった要素があると言えるだろう。

このように、同じ「笑い」を提供する作品であっても、ストーリーラインの重要性や笑いの質などにおいて「コメディ」と「ギャグ」との間には明確な違いがある、と言うことができる。その一方で、スラップスティックコメディ(ドタバタ喜劇)のような作品の場合はギャグ作品と同類とみなされることも多い。

しかし両者は決して相容れないというものではなく、「ハヤテのごとく!」のように、ラブコメの体裁を保ちつつ作品中にパロディギャグをふんだんに織り交ぜるなど、ラブコメ漫画ともギャグ漫画ともどっちとも取れるような作品も中には存在する。そのような場合は、読者の判断にお任せするか、そんなこと気にせず読んでもらうしかないであろう。

一般的に「コメディ漫画」は「ギャグ漫画」よりも笑いの要素は少ないと思われがちだが、これは前述の要素が原因で、必然的にギャグ漫画の方が「笑わせどころの手数が多くなる」ことに起因するものである。しかしコメディ漫画には「ストーリーの絡め合わせを活かした笑い」という、ギャグ漫画とは異なる可笑しさを描けるという特性があり、時にギャグ漫画爆発的な腹筋崩壊ストーリーが描かれることもある。このため、一概に「コメディ漫画の方がギャグ漫画よりも笑いが少ない」とは言い切れない。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3
ページ番号: 4567980 リビジョン番号: 2256993
読み:コメディ
初版作成日: 11/02/16 16:31 ◆ 最終更新日: 15/09/05 02:44
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「ラブコメ」「コメディアン」「ギャグ」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

コメディについて語るスレ

8 : ななしのよっしん :2011/12/12(月) 22:46:25 ID: 01j6xDlwF9
あっ!わかりました。このページから「リダイレクト」をクリックし飛んだ先の記事の中にあったんですね。お手数おかけしてすみませんでした。

しかしそんなとこに表示されるなんて普通わからないと思いますよ…
9 : ななしのよっしん :2011/12/12(月) 23:10:23 ID: 01j6xDlwF9
とりあえず簡易な内容ですが「コメディアン」を別記事として作り直し。
ついでに「コメディエンヌ」のリダイレクト先も変更しておきました。

でもこの話の流れだと普通単語記事:コメディ」の下に「コメディアンから転送されました」と表示されるものと思うんですが、
なんで「コメディアン」から「コメディ」へ転送された後、ここの掲示板の記事にある「リダイレクト」をクリックしてさらに飛んだ先で「コメディアンから転送されました」と表示されるシステムになっているのかが、いまいちわかりません。(あくまで個人的な意見です)
10 : ななしのよっしん :2012/08/23(木) 06:22:28 ID: 5M6jvCR3EO
「ユーモラス」とはどう違うんだろうな。『過去のない男』はユーモラスな映画だった。
11 : ななしのよっしん :2012/09/19(水) 01:09:07 ID: 01j6xDlwF9
ユーモラス=ユーモアは人に繋がる言葉
コメディは劇や話などの世界に繋がる言葉
ってイメージかな?

あの人はユーモラスだね。
この劇は面コメディだね。

みたいな。
12 : ななしのよっしん :2012/10/04(木) 18:36:29 ID: KYvKttPDI7
聖おにいさんコメディギャグ?どっちだろ
13 : ななしのよっしん :2013/04/21(日) 04:21:46 ID: oyYCC2Bd8b
ユーモラスなジョーク
コメディでは置き換えられないな
14 : ななしのよっしん :2013/10/13(日) 22:47:23 ID: 01j6xDlwF9
コメディギャグの違いって、吉本新喜劇によくあるパターンでも説明できるよ。例えば、

・何か問題が起きる
 →皆で知恵を出し合って解決策を出し合い、それを実行する
 →しかし、その中の一人がドジを踏んだり、策が甘かったり、想定外のことが起きて失敗に終わる
これは、吉本新喜劇における「コメディの笑い」

これに対して、
間寛平や、池めだかや、木譲二らが何の脈絡もく登場して暴れ倒す
これは、吉本新喜劇における「ギャグの笑い」

この違いがわかるようになれば、他の作品も「コメディによる笑い」を中心に描いているのか
ギャグによる笑い」を中心に描いているのかの見分けがつくようになるんじゃないかと思う。
15 : ななしのよっしん :2014/11/29(土) 05:54:22 ID: FlSfhL8+ER
個人的には、コメディギャグの違いは、笑いに理由があるかどうかだと思っている。
例えば登場人物が女性化するという展開があるとして、それに何らかの理由(「宇宙人が持ってきたお菓子を食べた」「蔵の中で怪しげなお守りに触った」など)があればコメディ
理由がないか、あっても理由になってない理由(「今回はサービス回だから」「実は女だったという設定がついた」など)だったらギャグ
16 : ななしのよっしん :2015/11/25(水) 17:16:40 ID: /3dtMurJRH
>>lv240927365
17 : ななしのよっしん :2016/02/27(土) 08:02:34 ID: QJonUZYecN
笑いと言う点ではコメディギャグは似た関係ではあるが、
コメディと近しい位置にあるのはギャグよりもシリアスだったりする
意識して読めば結構気が付いてくる
またセンスも要されるのでシリアスを書こうとしているのに
笑いになってしまったり、逆に笑いを提供したくても重苦しい展開に
なってしまうこともあり、作者自身ではどうしようもない癖のような
ものなので悩むようだ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015