単語記事: ファイアロー

編集

ファイアローとは、ポケットモンスターに登場するポケモンである。初登場はX・Y

基礎データ
名前 ファイアロー タイプ ほのお ひこう
英語 Talonflame 高さ 1.2m
分類 れっか 重さ 24.5kg
図鑑 #663 特性 ほのおのからだ
ジョウト #
ホウエン # 夢特性 はやてつばさ
シンオウ # グループ ひこう
イッシュ # 孵化歩数 3,840歩
カロス #016(セントラル) 性別 50.0% : ♀ 50.0%
世代 第六世代 努力値 さ+3
進化 ヤヤコマヒノヤコマ(Lv17)ファイアロー(Lv35)
No.663
ファイアロー
ファイアロー
れっかポケモン
タイプ ほのお ひこう
たかさ  1.2m
おもさ  24.5kg
はげしい たたかいで こうふんすると
ぜんしんの うもうの すきまから
ひのこを ふきだして ひこうする。
種族値 合計499
H
P





78 81 71 74 69 126

図鑑説明

ポケットモンスターX
はげしい たたかいで こうふんすると ぜんしんの うもうの すきまから ひのこを ふきだして ひこうする。
ポケットモンスターY
えものに おそいかかるときの スピードは じそく500キロ。 きょうれつな キックで しとめる。

概要

2013年6月開された新ポケモンの一体で、ヤヤコマの最終進化形にあたる。

公式開した中で、名前が5文字えた初のポケモンである。フォルムチェンジを含めればウォッシュロトムブラックキュレム等もいるが、ポケモンの種族名としてはそれぞれ「ロトム」「キュレム」でしかなく5文字以内だった。また、序盤ではしいノーマル・ひこう以外の複合タイプでもある。

後述のように対戦環境で猛威を振るうポケモンでありながら、通常特性の「ほのおのからだ」と「そらをとぶ」の相性から、孵化作業においても孵化要員としてトレーナー達に大きな恩恵をもたらしてくれるポケモンである。

発売前から「ブレイブバード」を覚えることが明かされており、その見たや優秀なタイプが評価されていた一方で、名前通りの劣化使いづらいポケモンにならなければいいがというような、よくも悪くも大きな期待を寄せられていたポケモンだった。

攻略時には何かと不遇なポケモンである。自習得できるひこうタイプの技がレベル中盤まで「つつく」しかなくほのおタイプの技もニトロチャージ」以降は習得レベルが高いという劣悪ぶり。育成後半で「ブレイブバード」や「フレアドライブ」を覚えるとはいえかなりの晩成で、攻略中のメインポケモンとして運用するには苦労が絶えないポケモンだった。技マシンでのフォローで多少はどうにかなるが。

対戦環境において

対戦環境では、夢特性はやてつばさを引っ提げて猛威を振るう。この特性は、ひこうタイプの技を先制でだせる」というもの。ただでさえ強な攻撃性を誇る「ブレイブバード」が、タイプ一致補正を加えたうえで素さに関係なくほぼ確実に先制で飛んでくるといえば、その恐ろしさは理解していただけるだろう。

多くの先制技を実質的に化する上に、ほのお・ひこうという攻撃面での相性補が良好なタイプなので、序盤の差し合い、高速アタッカーでの場の構築に非常に強いアドバンテージをもっている。序盤の対面で有利な場を構築した場合の爆発・制圧が非常に高く、相手のパーティーを瓦解させることも難しくない性を誇る。それまでもメガシンカしたポケモンの高いステータスや特性等で度肝を抜かれていたプレイヤー達だったが、この夢特性拡散によって一気に対戦でのメジャーポケモンとなり、環境を支配する一匹へと上り詰めた。

しかし、開発スタッフが「調整に苦労した(そもそも普通はこんなチート特性つけようとは思わない)」と言う通り、「はやてつばさ」が非常に優秀な反面、素さ以外の種族値が控えめであり、場作りに失敗すると途端に火力不足に陥るという欠点も持つ。かといって火力増強のために「こだわりハチマキ」を持たせれば、小回りが利きづらくなって多少なりとも止まりやすくなる。こうした事情から、一点突破の高速アタッカーとしては、対策もそれほど難しくはない。だが、この用途の場合、消耗がしくなった終盤近くに相手を一掃する的で出てくることが多いので、見せ合いで相手のパーティーファイアローがおり、なおかつなかなか姿を見せない場合には、ファイアローに対して有利なポケモンをなるべく消耗させずに済むような立ち回りを心掛けたい。

ブレイブバード」が先制で飛んでくるというだけでも十分脅威なのだが、「はやてつばさ」はひこうタイプの技であれば補助技に対しても適用されるという点を活かし、「おにび」によるやけど状態で相手のHP物理技の威を削りつつ、こちらは「はねやすめ」でるという耐久も存在する。ほのおタイプの「おにび」には特性が適用されないものの、元々素さが高いので先手で使うのも難しくはない。この高い素さから「ちょうはつ」を使うこともできるので、持久戦もある程度はこなす事ができる。一般的に耐久というとダメージソースは補助技頼みであることもしくないのだが、「ブレイブバード」が腐ってもタイプ一致の威120技である上に通りがいいので、それなりにダメージが入るのも評価点。

ウォッシュロトムサンダー等、ある程度の物理耐久を有するでんきタイプポケモンがいれば、多少なりとも牽制になる。特に前者は、「フレアドライブ」も半減に抑えられる上に、みずタイプの「ハイドポンプ」が「はねやすめ」のタイプ変化に関係なく弱点として一貫するので、かなり有利に戦える。バンギラスのようないわタイプポケモンも有効ではあるが、その多くは物理寄りの攻撃パターンなので、相性で有利といえども「おにび」+「はねやすめ」でられてジリ貧になっていく可性には注意。当然ながら、ファイアローが苦手とするポケモンは裏に控えているポケモンで対策しているはずなので、一体で対策するのではなくそれらのポケモンに対してもパーティー単位で対策を施しておきたい。

お絵カキコ

ファイアロー 

関連項目

序盤鳥仲間


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%BC
ページ番号: 5100370 リビジョン番号: 2099483
読み:ファイアロー
初版作成日: 13/06/12 15:35 ◆ 最終更新日: 14/10/11 20:41
編集内容についての説明/コメント: 対戦関連を中心に編集
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ファイアロー  

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ファイアローについて語るスレ

1400 : ななしのよっしん :2014/11/18(火) 07:41:21 ID: 15Ix7rTb4k
マイナー1体入れるくらいの余裕ならまだあるからなあ
1401 : ななしのよっしん :2014/11/20(木) 10:45:28 ID: omVM9v9giT
ファイアローの厄介な所は
PT構築を始める際に、常にコイツを意識しないといけない所なんだよな
高速アタッカーが凄い使い辛くなったからな
1402 : ななしのよっしん :2014/11/20(木) 11:37:07 ID: 313yudosTx
ファイアロー一匹のせいで露に減ったのってそれこそウルガモスくらいのような
シンガッサなんてフェアリーメガバナにとあれだけやってもまだいるんだからコイツ一匹じゃ何にもならなかったろ
コイツの存在は耐久速攻なり他の飛行の存在なりの採用理由を大きく落として構築を制限させた面の方が大きい
1403 : ななしのよっしん :2014/11/20(木) 11:44:50 ID: LBo+thTG0Y
アロー消えろと言うが消えた後の環境まで考えが及んでいない人多いよね
こいついなかったらブシンガッサバナバレルガモスあたりが幅を利かすが今度はそいつらも消えろと言うのかと
1404 : ななしのよっしん :2014/11/20(木) 11:51:04 ID: ZVSz7bBgl5
「いくら加速したところでアローとマリルリかれて終わるだけwww
とか言われてたがあれだけ元気にしてるしな
どんな敵がいたところで強いは強い
1405 : ななしのよっしん :2014/11/23(日) 00:47:21 ID: HCwD+oDnYr
火種撒き散らして飛ぶとかやべえよやべえよ
1406 : ななしのよっしん :2014/11/23(日) 01:30:22 ID: 0dK2hYxCLM
>>1403
メガマンダがいるから結局あんま変わらなそう
1407 : ななしのよっしん :2014/11/23(日) 20:25:05 ID: mXzTeNPJIM
ブレバよりガリョウテンセイを覚えてくれたら
羽休めとかみ合わなくなるから
まだ戦いやすかったのではないかと無茶ぶりをいってみる
1408 : ななしのよっしん :2014/11/24(月) 06:05:12 ID: pgP8VcEVN6
ハチマキ巻いて刺し違い覚悟で突っ込んでくるとかポケモン界のゼロ戦ですよコイツ
1409 : ななしのよっしん :2014/11/26(水) 22:38:35 ID: WQQhhTGqu8
>>1403
シンガッサに関しちゃアローじゃなくて他のポケモンが止めてると思うがな
ガッサ使う側からするとアローは別に苦手でも得意でもない
グニャラくんの本が出ました!
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015