シャンソン単語

シャンソン
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

シャンソンとは、フランス語で歌のことである。

概要

イタリアカンツォーネ、またはカンタータ(歌われる曲:ソナタ(楽器演奏される曲)に対して)などと同じく、ラテン語cantare(歌う)に由来する。

元来特定ジャンル音楽す言葉ではないが、特にフランス人によって作曲され、フランス語で歌われ、フランスっぽい雰囲気のある楽曲がこう呼ばれることが多い。

代表的シャンソン曲

枯葉
イヴ・モンタンの代表曲。シャンソンの代表曲でもある。英語圏でも「Autumn Leaves」として訳され、ジャズアレンジもされた。
愛の讃歌
エディット・ピアフの代表曲の一つ。日本でも越路吹雪をはじめとする日本語によるカバーが有名。
薔薇色の人生
エディット・ピアフの代表曲の一つ。原題は「ラ・ビ・アン・ローズ」。カンダムのドック艦とかうさだヒカル元ネタ
オー・シャンリゼ
ジョー・ダッサンが歌った。パリと言えばこの曲。街の遊撃手こといすゞ・ジェミニCMでも知られる。原曲はなんとイギリスジェイソンクレストが歌った「Waterloo Road」。パリの曲どころかロンドンの曲だった…!
さくらんぼの実る頃
紅の豚」作品内でジーナ(加藤登紀子)が歌う曲。なんと、19世紀のパリコミューンへの弾圧「血の一週間」を悼む、歴史ある曲だったりする。
帰り来ぬ青春
シャルル・アズナブールの代表曲の一つ。日本では和田アキ子カバーしたりしている。シャルル・アズナブールはあの赤い彗星な人の名前の元ネタと言われている。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シャンソン

5 ななしのよっしん
2021/01/14(木) 17:01:12 ID: GF79bCXZCI
戦前戦後直後はドイツフランスイタリアなどのヨーロッパ映画や大衆音楽日本でも大衆の間で親しまれていた
しかし戦後しばらくたつと世の中の流行りは明らかに変わってきた
戦後日本戦後民主教育と高度経済成長とハリウッド文化の3つがセットになって発展してきたからか、アメリカ文化を懐かしむ人が非常に多い
音楽家訃報などもレジェンドとして紹介されるのは英ロックミュージシャンばかり
シャンソン大御所が亡くなっても「それ?」ということになる
文化的に、非常に寂しい現状と言えよう
6 ななしのよっしん
2021/01/14(木) 17:17:54 ID: GF79bCXZCI
しかしヨーロッパ文化の衰退は日本だけではないらしい
シャンソンの本場フランスハリウッド文化の影は絶大
パリに居住していた故・筑紫哲也さんによると、往年のシャンソン歌手CDレコード屋ではシャンソンクラシックというコーナーにひっそりと置かれているようで、それはピアフやアズナブールといった大御所でも同様らしい
彼らの伝説は、日本の方がまだ現代に伝えられているのかも知れない
フランスでも若い人達の聴く音楽ロックヒップホップポップスばかり
しかし美輪明宏さんによると、シャンソン名曲の持つ深みは圧倒的で、一曲聴くと一本の映画を見たような感覚になるという
世界中がアメリカナイズされてしまっている現代こそシャンソンきがめられているのではなかろうか
それは文化の多様性ということにも繋がって行く

7 ななしのよっしん
2021/02/18(木) 21:21:06 ID: /p88fEsJ78
>>2、3
>>4
ジャズだって結構えこひいきされてるよ
日本学校ブラバン経験をきっかけにジャズファンになる若者多いから
NHK以外でもテレビ朝日題名のない音楽会なんかでは吹奏楽ディズニー繋がりでジャズを取り上げることが多い
ガーシュイン、バーンスタインスターウォーズアメリカジャズサウンドは年寄りでも好きな人多いから、日本クラシック楽壇からは名誉クラシック扱いされている
ロックンロールソウルを産んだのはジャズだ!現代のロックポップスはジャズが作ったのだ!とできるから威っていられる
この間のNHKのらららクラシックなんかはほとんどクラシック関係なく、「らららジャズ」とでも言うべきありさまだった
あと、合唱でよく取り上げられることから日本フォーク&ニューミュージックも特別扱いされることが多い
フォーク&ニューミュージックジャズの雰囲気をふりかけると現代のJ.Pop(J.Rock)が出来上がる
という背景を考えると、ジャズ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
8 ななしのよっしん
2021/02/18(木) 21:47:28 ID: /p88fEsJ78
サイゼリアではカンツォーネが、神田グリルなど小田急ジローレストランシステムの店ではシャンソンがよくかかっていて、飲食のBGMとしては重宝されている
いずれにしても、そういった音楽をわざわざ聞くという時代ではない。残念だが。
9 ななしのよっしん
2021/03/24(水) 22:24:47 ID: cQdnPGg/X3
シャンソンとはちょっと違うがARIAのサウンドトラックヨーロッパ的で上質
昔の映画音楽を思わせる雰囲気
現代の英ロックポップが苦手な人にもおすすめしたい
10 ななしのよっしん
2021/03/25(木) 17:23:11 ID: cQdnPGg/X3
ARIAカンツォーネと言ったほうがいいのかな
エスペラント語で歌った歌もあるが、フランス的というよりはイタリア
11 ななしのよっしん
2021/03/25(木) 17:39:59 ID: GaW96IPNT3
インストになってしまうがムード音楽にはミシェル・ルグランフランシスレイなどシャンソンらしい曲調の作曲が多い
12 ななしのよっしん
2021/03/25(木) 17:57:15 ID: GaW96IPNT3
ドイツ歌謡では「会議は踊る」の主題歌であるリリアン・ハーヴェイの「一度だけ」が有名
また、ウィーンにはウィンナ・リートというジャンルがあるが、リートといってもドイツ・リートのような雰囲気ではなく、むしろシャンソンに近い。有名な曲にグスタフピックの「ウィーンの歌」、ジーツィンスキの「ウィーン、わが」などがある。
13 ななしのよっしん
2021/03/29(月) 19:44:03 ID: PZ/zqw1zdk
写真ベール・アドノーの展覧会がBunkamuraで開催されるのを記念して小学館より写真集が発売されている
往年のシャンソン歌手たちの姿を見ることができる
14 ななしのよっしん
2021/03/29(月) 19:46:51 ID: PZ/zqw1zdk
訂正
写真ベールドアノー
でした。