夏バテ単語

ナツバテ
1.0千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

夏バテとは慢性的な暑さにより体が落ちている状態の事

概要

体は体温などが上がると血管を広げたり、をかいたりして体温や分を保とうと意識に動く。ではこれが慢性的に行われるため自然と体が減っていき自神経などにを及ぼす。結果「食欲がない」「動けない」「やる気が出ない」等、体が「バテ」ている状態が夏バテである。

またクーラーが効いた部屋と外を往復すると気温差がしくなるため、外や中に一定時間いる人よりもくバテる事もある。

対策

  • しっかり食事をとる
    夏バテになると食欲がなくなるが、そこで食事を抜いたり軽い食事で済ませてしまうとますます体くしてしまう。消化によく、栄養のあるものを食べよう。

    これに乗じて、日本国内では土用の丑の日という習慣がある。
    これは「の日に『う』の字が附く物を食べると負けしない」というものであるが、商売があがったりな屋の為に「栄養のあるウナギを食べることによって夏バテに備えよう」という習慣が江戸時代に始まったと言われている。
    ちなみに、この習慣を提案して定着させたのは平賀源内であるという説があるが文献はない。
    そんなウナギは、2019年ないし2022年現在でも、と食い物の為なら世界を破滅させる日本人欲望により、絶滅寸前の状態で、結果、「絶滅危惧種」に定されている。
    今日日、コンビニスーパーでは買われもしないウナギ弁当が大量発注され、それに使われる稚が乱獲され、お店には食われもせず焼かれただけの成が大量に残り棄される。
    よって、平成後期や令和の時代の土用の丑の日は、「う」のつく食べ物の「ドジョ『ウ』」や「『う』し」、「『う』どん」「『う』めぼし」を食べようと、細なキャンペーンが始まっている。
    (※入りうどんは疲労軽減効果のクエン酸もお手軽にとれるのでオヌヌメ)

  • ゆっくりつかる
    暑いため、ついついシャワーのみで済ましがちなお風呂。しかし、夏バテ対策にはぬるめのお湯に30分以上つかるのがオススメである。
    ゆっくりとつかることで血液循環がよくなり、また、ぬるめの湯に浸かることで副交感神経を刺し、自神経バランスを取ることができる。

    また、湯に入ることは内臓を温めることも出るので、の時期に冷たい飲み物や冷たいアイスなどで冷予定外にえ切った内臓により体温が一部低下しているのを戻す作用がある。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

夏バテ

1 ななしのよっしん
2019/08/19(月) 22:52:32 ID: U2GKspoc+Y
リダイレクト解除
2 ななしのよっしん
2022/07/10(日) 05:18:29 ID: BB+2YhDhW8
大伴持が食べろ!って言ってた
痩せに よしといふものぞ とり食せ)
3 ななしのよっしん
2022/09/17(土) 05:59:01 ID: WkcInBqGP7
土用の丑の日を食べることが江戸時代に作られたって話が広まりすぎて
最近は、夏バテに効果的(とされてきた)ということまで江戸時代に作られた根拠のない話だと思っている人は多い