支倉令単語

ハセクラレイ

支倉令(はせくら れい)とは、ライトノベルマリア様がみてる』及びそれを原作とするアニメの登場人物である。

担当声優伊藤静

概要

初登場時は薔薇つぼみ(ロサ・フェティダ・アン・ブゥトン)。島津由乃のおさまで、鳥居江利子(プティスール)である。

剣道部長長身に短で、一見美少年と見間違えるほどのボーイッシュな姿をしており、新聞部が命名したあだ名は「ミスターリリアン」。しかし当の本人はお裁縫お菓子作りが大好きな、人一倍乙女女の子である。由乃は実の従妹にしてお隣同士の幼馴染と、切っても切れない間柄。病弱由乃を守りたいという思いが強いが、どうしても過保護になってしまい、お互いに強く依存しすぎているところが難点(本人も自覚があって悩んでいる)。

剣道の腕前は天下一品だが、その内面はガラスのように繊細で、とても打たれ弱い。薔薇革命由乃ロザリオを返された時は、ショックのあまり夢遊病のようになって校内をうろつき回ったり、由乃剣道部に入るといった時はケンカになったあげく熱を出して寝込んでしまった。その他にも文化祭細川可南子をからかったら、逆に由乃共々怒らせてオロオロしてしまうなど、どうも情けないシーンばかりが印に残ってしまい、後述の通りヘタレキャライメージが強い。本人の名誉のために言っておくが、原作を読むとヘタレと同じくらい、格好良くて々しいの見せ場もちゃんとある。

由乃に振り回されることすら喜びを感じてしまう困ったところがあっただが、さすがにこのままではまずいと思うようになり、由乃有馬菜々という将来のができると、お互いに独り立ちできるように由乃への依存が消えていった。大学へ進学する際は、リリアン大学部を辞めて、他校を受験するなどが良い例である。そして由乃が自分に代わって薔薇さま(ロサ・フェティダ)になるのを見届けて、リリアンを巣立っていくのであった。

ファンからの扱い

マリみてで最もギャップ萌えを感じるのは恐らくであろう。見たは勇ましいのに、内面は脆くてむしろこっちが守ってあげたいようなところが彼女の魅である。親友の小笠原祥子が「祥子“さま”」と呼ばれるのに対し、しばしば由乃が「ちゃんのバカ!」と叫ぶように「“ちゃん”」と呼ばれることが多い(仮にも上級生キャラなのに・・・)。

また、ヘタレであることからいつの間にか「ヘタ令」というあだ名が定着してしまった。中には、野菜のヘタを頭に載せたイラストも存在する。

ところで、体育祭はフリフリの飾り付けと黄色タキシード姿でサンバを踊っていた由乃にとっては公開処刑のようで「カナリア祭り」と揶揄していたが)。曲はやっぱり、マツケンサンバなのだろうか・・・?

関連動画

由乃「どうしてちゃんの画像集だけないのよ!それにちゃんだけアニメ4期のジャケット絵がないじゃない!(涙)」

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%94%AF%E5%80%89%E4%BB%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

支倉令

1 ななしのよっしん
2012/04/15(日) 15:43:17 ID: 3bZQ9teMBT
不覚にも関連動画由乃台詞に笑ったww 記事作成者さんです
2 ななしのよっしん
2016/02/20(土) 22:32:50 ID: K1CT2OLdqX
見たボーイッシュ、内面は乙女チック…そして豆腐メンタルちゃん。
タイトル:支倉令
画像をクリックして再生!!
 
Twitterで紹介する