単語

コウ

とは、以下のことを表す。

人名

日本に甲姓、甲という名がある。

漢字として

Unicode
U+7532
JIS X 0213
1-25-35
部首
田部
画数
5画
𠇚
Unicode
U+201DA
部首
人部
画数
7画
𡴌
Unicode
U+21D0C
部首
人部
画数
8画
意味
十干の第一位、一番、兜、という意味がある。また胛を代用する。
字形
諸説ある。
説文解字〕には「東方(はじ)めなり。陽動す」と、東方萌えを織り込みつつ、「木の甲(フコウ)を戴くのふ」とあり、若芽が種の殻を被って生えている形と、小篆体の形と五行説を交えた解釈を述べる。また別の説として「一にく人頭宐為甲、甲は人頭にる」を紹介し、また古文の𠇚の解説で「十に始まり、千に見(あら)われ、木のに成る」とする。
白川静は、文、文に十字の形につくるものがあり、甲の裂け形であるとする。また白川形で甲とで対をなしているとする。
音訓
読みコウカン訓読みは、かぶと、よろい、きのえ。
規格・区分
常用漢字である。JIS X 0213第一準。
部首
説文解字〕では部首甲部を作るが、収めるのは甲のみである。
意符
甲を意符として持つ会意字には、𢦦などがある。
甲を符とする漢字には、 匣、呷、押、狎、胛、柙、䆘、閘、などがある。
甲斐・甲・甲殻・甲冑・甲・甲

異体字

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%94%B2
この記事は自動でリンクされないように設定されています!

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

1 ななしのよっしん
2012/05/07(月) 12:34:47 ID: UWJ3HHKZze
甲種輸送