宝塚歌劇団単語

タカラヅカカゲキダン
  • 13
  • 0pt
掲示板へ

宝塚歌劇団とは、兵庫県宝塚を本拠地に、未婚の女性だけで構成されている日本歌劇団。
阪急電鉄株式会社の直轄組織となっており、同社の社内部署「創遊事業本部歌劇事業部」が事業運営を行っている。

理事長は小川友次。

概要

1914年に初の演を行って以来、今日人気を集める女性歌劇少女歌劇)の劇団。第1回の演は意外にも桃太郎を題材とした「ドンブラコ」で、一時男子部もあった時期がある。
第二次大戦下で劇場閉鎖に追い込まれたり1970年代には半分以上が席という窮地に追い込まれるも、「ベルサイユのばら」という現在も名高い名作が全的なブームとなった結果人気が再燃。現在ではチケットの入手が非常に困難な劇団として絶大な人気を誇る。

宝塚」「ヅカ」などと略して呼ばれることも多く、劇団員(「生徒」と呼ばれる)は「タカラジェンヌ」と呼ばれ親しまれている。

劇団が運営する宝塚大劇場(通称ムラ兵庫県宝塚)と東京宝塚劇場(東京都千代田区)を中心に演を行っている。また、大劇場に併設された中劇場の宝塚バウホール宝塚)も所有しており、こちらではトップ補生たちが中心の演をに行っている。

2001年より、劇場中継や演案内を中心とした専門チャンネルTAKARAZUKA SKY STAGE」(通称スカステ)の東経110CS放送が行われていて、そちらでは舞台で見せる美しい姿のほか、オリジナルバラエティ番組内で普段の演では見られないタカラジェンヌの一面を見ることができる。放送は7時から翌3時まで。
また昔からWOWOWとの関係が深く、作品に出演者である元生徒の副音を付けたり独自番組の制作も行われている。その他BSプレミアムTOKYO MXなどでも作品放送やタカラジェンヌの素顔が垣間見られる番組が放送されている。

女性だけの劇団であるため男性役も女性が演じる。なおかつ演じるのは少女漫画で描かれるような理想の男性であり、それも宝塚歌劇人気の要因となっている。
一方女性役も昔ながらの楚々として可憐で麗しい女性像が多く、そんな姿にときめ男性ファンも意外と多い。
その他、様々なジャンルミュージカルを同じ劇場でほぼ毎日演しており当日券も(場合によっては)ある、という理由から老若男女問わず芝居好きが通うという面もある。

また「オクラホマ!」「ウエストサイド物語」「ミー・アンド・マイガール」「エリザベート」「ファントム」「スカーレット・ピンパーネル」「ロミオとジュリエット」という有名な海外ミュージカル作品を日本で初めて上演した劇団でもある。

舞台

宝塚歌劇団の演形式は宝塚大劇場東京宝塚劇場で行われる本演と、宝塚バウホールで行われるスタッフも含めた若手のための演がで、他の劇場(梅田芸術劇場など)での演や全ツアーも行っている。その中身は芝居(ミュージカル)とショーの2つに大別され、これらを組み合わせた2本立てで演することが多い。

年末にはタカラカスシャルという特別演が行われる。そこでは東京宝塚劇場での演がない4つの組が勢いし、各組個性あるショーを披露する。普段は同じ舞台に上がることのない別の組の生徒たちが一堂に会し、トップスターたちが言葉を交わすというファンにはたまらないイベントである。もちろんチケットは大変取り辛い
100周年の節である2014年は記念して東京宝塚劇場から組が中継で参加し全組勢いとなった。中継のラグなどで割と微妙な感じではあったが
その年に行った演をネタにしたコントをやったり、流行のギャグに全乗っかりして「そういえば宝塚って関西の劇団だったなあ…」というのを思い出すぐらいに全ふざける。昔はトップ同士の交換や男役の役挑戦というかなり思い切ったこともやっていた。

ミュージカル(芝居)

基本的にオリジナルの新作を毎年演しているが、海外で上演されたミュージカル(例:「ミー・アンド・マイガール」、「アーネストインラブ」、「エリザベート」など)をやったり、漫画ドラマなど原作付きの作品をやったりもする。人気があれば再演されることもあり、特に「ベルサイユのばら」は宝塚歌劇団の名を日本中に知らしめた不朽の名作であり、今も再演される事が多い。

また、「逆転裁判」や「戦国BASARA」などゲーム原作とした作品も作られ、「逆転裁判」に至っては3作上演されたほどの人気作に。
最近は漫画ドラマなどの舞台化にも積極的であり、2012年に「銀河英雄伝説」が宙組で、2015年には「ルパン三世」が演で舞台化され(しかもどちらもトップコンビ宝塚大劇場お披露演という大事な演という扱いである)、翌年には同じ組で「るろうに剣心」が舞台化された。過去にはドラマ相棒」やハリウッド映画オーシャンズ11」を宝塚舞台化という予想をえた方向へと進んだことも。

2018年作者舞台化を長年断り続けてきたのを有を言わせないビジュアル脚本家の情熱で実現した組の「ポーの一族」を皮切りに、宙組の「い河のほとり」と組の「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」が上演され、宝塚歌劇団のファンのみならず原作ファンも惹きつけるラインナップとなった。

オリジナル作品では「ノバ・ボサ・ノバ」や「琥珀色にぬれて」、「するには短すぎる」などの作品が人気である。

大劇場で上演されるミュージカルお約束として、

というのがある。

例えば上記の「逆転裁判」では成歩堂龍一過去人が(原作元ネタが居るとはいえ)オリジナルキャラクターヒロインとして登場し恋愛模様を繰り広げ、「銀河英雄伝説」では作品そのものに恋愛描写があまりヒロインらしい立場で描かれたのはアンネローゼであったが、トップスターが演じたのが役であるラインハルトであったためトップ役は彼の将来の妻であるヒルダを演じることとなった。
また宝塚の定番作品であるウィーン発のミュージカルエリザベート」は元々エリザベート=女性キャラ主人公ミュージカルだが、宝塚で上演するに際してトップスター役にするためにトート=男性キャラ主人公に変えられている。

とはいえ例外がいわけではなく、トップ役が役になったり、2番手にあたる男役が複数人いる場合はそれに合わせてライバルキャラが増えたり、トップスターの相手役が男役演じる女性キャラだったり、男装した女性を演じるトップスターの相手役が二番手になったり、専科生がゲスト演したためトップスターライバルキャラを演じることもある。

ショー

日本舞踊をアレンジした日本と、シャンソンスパニッシュを用いた洋物(レビュー)がある。ほとんどがレビューで、演毎にきらびやかな衣装に身を包んだタカラジェンヌにより演出コンセプトイメージが具現化された作品となっている。2本立ての場合、ショー休憩後にやるが、日本物の場合は先に上演される。ミュージカルと同じく毎年新作を上演しているが、「ダンディズム!」や「シトラス」など人気のあるレビューは何度も再演されている。

レビューの場合それまでのミュージカルとは一切関係ない設定で進行するため、休憩前後で感情の乱気流に襲われることも多い。例えば戦争ものの悲の後にラテンの香りたっぷりの底抜けに明るいレビューが始まる、なんてこともよくある。
芝居同様トップスタートップ役がに落ち成就する過程を歌とダンスで表現する。基本的に台詞はない。
順番は様々だが群舞、トップスター役たちのダンス、逆にトップ役と男役たちのダンス、中詰と呼ばれる中間ぐらいの時間帯に全員が登場して一旦締めに入る群舞、トップスターと男役たちがを身にい大階段上で踊る通称:尾、トップスタートップ役だけがステージ上でダンスからのフィナーレという流れが定番。
大勢が一列に並びラインダンスをするロケットと呼ばれる演はこの中で行われる。

ちなみにレビューではオリジナル曲以外を使うことが意外と多い。最近ではT.M.RevolutionHOT LIMITポルノグラフィティのジョバイロ、平井堅POP STARDA PUMPのU.S.Aなどが使用されていた。なお権利の関係上版権曲は円盤や放送で差し替えとなる率も高い。

普通レビューフィナーレで、日本物の後半にやる芝居で行われることもあるが、どちらの場合でも最後に大階段を降りてくるパレード(シャンシャンと呼ばれる長いリボンの付いたステッキ状の小具を持ちスター羽根を背負っているアレ)をやって、観客たちへ挨拶をする。ショーい1本立てや会場の都合で大階段がない場合は最後に少しだけショーを行い挨拶で締める。
基本的に生徒たちが観客に対してを掛けることはないが、舞台初日や千秋楽には、トップスター挨拶を行う。もし退団者がいる場合は千秋楽後に、組長から紹介され大階段を下りて同期友人からを手渡されて挨拶をする。

大百科の記事が存在する宝塚歌劇上演作品

タカラジェンヌからトップスターまでの道のり

本項ではタカラジェンヌからトップスタートップ役も含む)になるまでの流れを説明する。なお、ここで挙げた流れはあくまで一例であり、必ずしもすべてのスターに当てはまるわけではない。

宝塚音楽学校

タカラジェンヌとなるには、宝塚大劇場にほど近い宝塚音楽学校で2年間日本舞踊やダンスなどの勉強をしなければならないが、入学試験15歳18歳までの4年間しか受けられないうえ、均倍率は20倍前後という狭き門をくぐり抜ける必要がある。ここで男役になるか役になるかを決め、特別な事情がない限り同じ性別の役を退団まで演じる。芸名は2年生(本科生)のときに決める。つける芸名にはいろいろルールがあり、家族と考えたり、恩師や先輩から付けてもらったりするのが一般的。

音楽学校受験には、近年バラエティ番組での特集で有名になったOGたちが経営する専門スクールに通って対策するのが一般的。幼い頃から専門スクールに通い詰め4回でやっと合格、というパターンもあれば知り合いに勧められて宝塚を知らずダンスもさほど習わないまま一発合格、というパターンもある。

事に入学出来ればから晩までダンスや芝居、歌のレッスンがみっちり詰まった生活の始まりである。更にき時間に自稽古をするのが暗黙の了解とされており、そうした授業外の努先輩や講師に認められ後々の出世に繋がると言われている。実際多くのトップスターたちが寝る間も惜しんで練習を重ねていた話をしている。

リキラムには自衛隊伊丹駐屯地における基本動作の訓練もあるなど、まさに軍隊のような規ががめられていた。1年生予科生)のうちは毎校舎の至る所をありとあらゆる手で掃除している姿が過去映像に残っており、人に会ったら必ず挨拶する姿も印に残っている。
また未来阪急電鉄社員であるため阪急電鉄に乗する時は必ず最後尾で着席も禁止、特に宝塚本線今津線は下時や車両を見かけた際は上級生や更に先輩である歌劇団の生徒が乗っている可性もあるので、最敬礼で見送らなければならない。これは歌劇団入団後も続けて守られるルールであった。

・・・というのが大変有名ではあったが、パワハラめいており時代にそぐわないという理由で2021年現在はほぼくなっているそうである。ともあれ、若い少女たちに礼儀作法を教え込むという、昭和の頃は良の子女の学校という面も持っていた宝塚らしい文化は今でも少しは残っているらしい。

ちなみに「学校」という名前ではあるが法律上は予備校自動車教習所と同じ扱いのため、高校中退入学した場合経歴上は中卒になる。最近は希望すれば高卒認定リキラムも受けられるようになった。

宝塚音楽学校での成績・卒業年度は宝塚歌劇団に入団してからも影し、これにより序列される。が、トップスターは決して成績がいい人ばかりなるわけではない。例えば元組・トップ役の檀れいは最下位の成績で入団している。

宝塚歌劇団入団後

宝塚音楽学校卒業し宝塚歌劇団に入団すると、肩書は本科生から研究科1年生、略して研1となる。それと同時に阪急電鉄との雇用契約を交わす。研6までは阪急電鉄の社員として扱われ、それ以降はタレント契約になる。
入団と同時に生徒年齢は非表となり、卒業まで明かされることはない。また本名も非開となるが公式称というものが雑誌に掲載され、大半は本名を捩っているため何となくファンも察しつつ過ごすこととなる。

その後稽古を積み、研1生全員宝塚大劇場での初舞台へ出演。ここで代表して数名が口上を述べ、ショーの中で一糸乱れぬラインダンスを披露する。

年によっては班ごとに各組の演を回ることもあり、それから正式に各組へ配属される。配属後、一定期間を経てから「組替え」といって会社の人事異動よろしく組を移動することもある。

将来性ある人の場合、俗に「路線」と言って新人演(本演の間に1日だけ、研7以内のメンバーだけですべての役をこなす演を行う)や宝塚バウホールでの演で演ないしヒロインを務める。本演でも徐々に主人公ライバルなどといった良い役・ソロで歌うなど美味しい場面を与えられ、テレビ出演やイベントゲストなど舞台以外の露出も増えていく。また宝塚の代名詞でもある大階段を降りる際、コーラスをしながら両から降りるのではなく中央を降りるようになれることも出世している生徒拠である。これらがトップスターになる必須条件といってもいい。

男役はプライベートにおいても女性性を消した生活を暗黙のルールとしてめられており、退団後女性への戻り方が分からなかったとインタビュー生徒も多い。「男役10年」という言葉が生徒たちの間でもり継がれているように、女性男性を演じきるにはそれだけの時間私共になりきり続けなければ成立しないということでもある。
一方役も役らしい清楚で可憐な姿を望まれるため、同様に振る舞いに気を遣いながら暮らすことをめられる。

いざトップスターへ!

一つの組で徐々に実績を積み上げてトップスターになるパターンもあれば、組替えにより昇格し、最終的にトップになる場合もあるなど決してトップスターへのパターン化されているわけではない。しかし、男役の場合概ね10年以上(場合によっては20年近く)、役でも3年程度は経験を積まないとトップにはなれない。
ドラマ等でお染みの女優天海希は研7にして涼風真世の跡を継ぎ組のトップスターになったが、これは今も破られない最速記録である。どのぐらいかったと言うと天海の次のトップスターであった久世佳が彼女の4期先輩だったほど。そのせいで天海は在団中他の生徒たちから様々な仕打ちを受けたらしく、現在は滅多にの場で宝塚の話をしなくなっている。
役では女優黒木瞳が研2で組のトップ役になったのが最速である。

男役と役には明確な差があり、例えばメディア対応などで役になるのは男役のトップスターの方で、トップ役は相槌を打つだけだったり「〇〇さん(トップスター)にしっかりと付いてきます」などと古き良き妻のような受け答えが多い。組の公式グッズでもトップスターデザインしたグッズはあるがトップ役がデザインしたものはほぼ存在せず、またブロマイド写真を使ったグッズも男役スターの方が格段に多い。
前者については基本的にトップスタートップ役より先輩であることが多く年功序列の厳しい宝塚ゆえの理由であり、後者については戦後宝塚ファン女性中心となったため客層に合わせて自然と男役グッズが増えたと推測されている。

トップスターになるとフィナーレで大きな羽を背負うのだが、男役は20kgもある羽を背負い、最後にゆっくりと大階段を降りてくる。ちなみにこれは本物のダチョウの羽を使って作られたもの。宝塚代表のような形でテレビへの出演もするし、記者会見などにも出席したりするので大忙しである。
そんなトップスターの任期はだいたい3年前後で、長くても5年程度である。短い時は1年もしないうちに、つまりたった1回の演で退団するはめになったケースもある。

そしてトップスターが交代するとき、それまでのスターは専科への異動がなければ宝塚歌劇団を卒業、すなわち退団することになる。トップスターになる前に結婚・定年(60歳の誕生日まで)などの理由で退団する人もいる。その時は各種セレモニー・千秋楽での退団スピーチが行われ、トップスターともなれば退団会見をマスコミがこぞって取り上げ、演にはファンが大挙して押し寄せる。退団後は宝塚歌劇団に何らかの形で関わったり、女優タレントとして芸界で活躍したり、引退して主婦になったりと様々である。

音楽学校入学時にはトップスターして日々稽古を重ねているのだろうが、入団後様々な経験を経た結果トップスター以外の標が出来てそれを達成したために退団する生徒もいる。たとえば千琴ひめかことはいだしょうこは、エトワールと呼ばれるレビュー最後の大階段で一番最初に歌う、その組で最も歌が上手い生徒が任される役どころを数度担当したことでい退団を決めている。

組構成

(そら)の5組からなる。それぞれ演男役(トップスター)、役(トップ役)がおり、舞台はほぼ全て彼らを中心に作られるスターシステムを採用している。また各組には組長と副組長がおり、組のメンバー組子と呼ばれる)の面倒を見る、いわば管理職である。そのため最上級生が就任することが多い。
各組の特徴としては「キザな男役とダンス」「芝居巧者の」「日本物の」「コスチューム」「高身長いで迫のある宙組」というのがよく言われている。

これらの組とは別に専科というがあり、5組に配属された後に舞踊や演技など特出する才がある生徒が移籍することがある。
基本的には他組のように専科だけで演をするのではなく、専科生たちは各組の舞台に必要に応じて出演していく。一部例外はあるが高齢の役を演じるメンバーが多く、きらびやかな宝塚舞台を陰でしっかりと引き立てる存在である。また、回数は少ないが専科生だけの演もある。

以下は、宝塚歌劇団のトップコンビと正副組長一覧である。

トップスター トップ 組長 組長
柚香 優希[1] みず希 [2]
りょう[3] 美園さくら[4] るう
咲奈 朝月希和 はると カレン
美稀千種 妙なつ
宙組 真風 寿つかさ 舞良[5]
専科 轟悠[6] (英なおき[7]

(2021年5月4日現在)

初心者・初観劇者向けQ&A

宝塚は決してガチガチのヅカヲタにしか楽しめない舞台ではない。そして誘われて生で観劇したら雰囲気に圧倒されドハマリしてしまったという初心者の例はネット上にも散見されている。

しかし少々初心者には敷居の高さがある世界。ということで想定問答を以下に記載しておく。

友人に誘われたけど宝塚ってみんなベルばらみたいなゴテゴテしたメイクと衣装のラブロマンスなんだよね?そういうの得意じゃないんだけどどうしよう?

宝塚初心者最大の誤解。論、ベルばらのような奢な衣装で時代ものでラブロマンスという演宝塚が大変得意としているのは事実ですが、現代日本サラリーマン主人公の話や近未来バトルSF、更には落語が原案のコメディまで上演する実はバラエティ豊かな劇団でもあります。メイクも時代の変化に合わせており、初演ベルばらのようなメイクを今でもしているわけではありません。男役が役と全然イチャつきもしないような演だってあります。男役と男役がイチつくような演さえもあるレベル

ヅカヲタが初心者を観劇に誘う場合は、初心者が受け入れやすい演を選んでいることがほとんどです。誘われた演ポスターあらすじを確認しても不安な場合は友人に率直に尋ねるほうがいいでしょう。
そして、ベルばらなどの昔からある演が古臭いというわけではないことも頭の片隅にでも置いておきましょう。再上演されるたびに演出のブラッシュアップが図られていることもまた事実です。

なお、ベッドシーンやそれを示唆するようなセリフなどなかなかに際どい場面が存在する演もあります。洋画のベッドシーンのような雰囲気が苦手な人も事前友人いておくといいでしょう。

宝塚の雰囲気を予習する方法ってある?

一番分かりやすいのはテレビでの舞台放送を見ることでしょう。「絶対に宝塚を見続ける!ファンになる!」と固く誓っているのならスカイステージ契約するのが手っ取りいですが、そこまでじゃない人向けには以下の番組があります。

また、現在上演中の舞台の紹介を見て予習したい場合は以下の番組があります。

男だけど宝塚見に行っても平気?浮かない?誘われたけど楽しめる?

彼女や妻に連れられて、といった雰囲気の男性が多いことは事実ですが客席の男性率は東京なら大体10%、大劇場なら30%ほどであり、男性だからといって特異なで見られるということは(特に大劇場では)ありません。オペラグラスを装備しパンレットとル・サンクと宝塚おとめを携え休憩時間に下級生の名前把握をしているようなガチ勢男性客、というのも年々増えつつあったりします。

ただし前後左右を女性に囲まれて3時間過ごす、と聞いて落ち着かないようなら生観劇は少しハードルが高いかもしれません。ライビュや配信から始めてみましょう。

また記事上部にもあるように、宝塚というと男役のことを想像しがちですが舞台に上がるスターの半分は役たちです。可らしい衣装で柔らかな笑顔を投げかけたり、男役とのに思い悩む可憐な姿、そして背中がぱっくりいたセクシードレス姿で歌い踊る、といった様々な姿を見せる麗しい役は初心者男性でも分かりやすく楽しめるポイントかと思われます。

ちなみに男役のいい男っぷりに敗北感を覚えるパターンもあるようですが、彼女たちはタカラジェンヌという人間とは別の種族だと思うと心が休まったりします。女性役に対して似たような感情を覚えているので大丈夫です(?)

宝塚って私服で行っていいの?服装の注意点とかある?

Tシャツ短パンレベル超絶ラフな格好だと少々浮くかもしれませんが、それでもマナー違反でつまみ出されるというわけではありません。ガチガチフォーマルが用意できるから、と着てくるのも構いませんが流石にそこまで気合の入った客はほぼいません。つまり、どんなを着ても問題ありませんが基本的に普段着で大丈夫です。
安としては男性ならカジュアルジャケット姿、女性なら友達オシャレランチに行くような格好であれば雰囲気に染むでしょう。

それでも不安な場合は宝塚大劇場で観劇しましょう。宝塚観劇は東京だと着飾って行くハレの日のものですが、関西では気軽なレジャーという扱いです。コンビニ袋片手の普通おっちゃんが当たり前のように劇場に入っていくため、ハードルが下がりやすいです。
宝塚が遠いのなら全ツアーを観劇するのも手です。地元の文化会館で、付き合いでチケットを貰ったような宝塚なんて初めてなお客さんたちと一緒に、大劇場よりも近くに来てくれるスターを見るのはより気軽な初観劇となるでしょう。

映画や他演劇と同じく、帽子は後ろのお客さんに迷惑になるので脱ぎましょう。
もし贔屓の組や生徒が出来ている状態でしたら組カラー装に取り入れるのもありです。

映画みたいに上演開始時間ギリギリに劇場前に着いても間に合う?

間に合いません。そもそも宝塚大劇場の劇場は入口から大変遠く、それより規模が小さい東京宝塚劇場も劇場入り口は3階にあるため、着いてすぐ劇場に入れるわけではありません。
宝塚は開演時間になる3分前頃には幕が上がり、作品によっては出演者が舞台上に現れていることもあります。そして開演時間になると即座に舞台が始まり、大体数十分は劇場内に入ることが出来なくなります。論演出の切れスタッフが座席まで案内してはくれますが、どうしても外せない用事があるという理由があるのでない限りは、最悪でも10分前には劇場内に居ることが望ましいです。

同様に、上演終了後に即帰宅したい・次の用事があるという場合もすぐに劇場から出られるわけではありません。遠征している場合は帰りの新幹線飛行機の時間に余裕を持つほうがいいでしょう。

歌舞伎みたいな掛け声とかあるの?上演中に何かすべきことはある?

掛けはありません。初日や千秋楽挨拶部分で大向う的にを掛ける人もいますがあまり好まれていないようです。
その代わり宝塚では決まった場面で拍手をするという文化があります。トップスター舞台に登場してスポットライトが照らした間、歌を歌い終わった間、を渡りだした間、などと様々にあるため初心者が覚えきるのは不可能です。周囲のお客さんが拍手をしたら真似をする、というところから始めていきましょう。なお、拍手をしなくともで見られるというわけではありません。出来る範囲でやってみましょう。

また、宝塚関西の劇団ですのでアドリブギャグをブッ混むことが大変多いです。面かったら抑えることく笑いを上げるとスターに喜ばれます。

グッズとかお土産ってある?どこで買える?

劇場に併設されたキャトルレーヴという専門ショップに取り扱っています。演のブロマイドモチーフグッズトップスター監修グッズ宝塚モチーフグッズ、そして過去作品のブルーレイパンレット等があります。
ただし劇場併設店は開場時間から上演終了後10分程度の間しか営業していません。たとえば「最後の大階段でいていたあのスター写真が欲しい!」という場合は急いで買い物をするか劇場外のキャトルレーヴに行くことをオススメします。劇場外店でも品えが大幅に変わるということはありません。
また、宝塚大劇場ではモチーフパッケージになっているお菓子のみを販売する専門ショップや、ハンカチやバッグなどを売る店も併設されています。お菓子の中身は通常パッケージのままだったりするので、職場のお土産などに便利です。

パンレットお菓子はロビーでも販売されるため、休憩時間にささっと買うことも可です。

あの場面のあの辺で踊ってた人が格好良かった・可愛かった!名前調べる方法ある?

パンレットに各場ごとの出演者と役名が記載されています。そこから写真と見べて探しましょう。もしセリフのある役だった場合は、ル・サンクという演の脚本が全て掲載されているムック本を買うと幸せになれるはず。
どうしても分からない時はTwitterで投げると優しいヅカヲタが回答してくれるかもしれません。

退団したあのスターが見たい!宝塚の舞台にまた立ったりしない?

宝塚歌劇団は一度卒業したら二度と劇団の舞台には立てない特殊な劇団です。現在OGの姿を見るには宝塚以外の舞台を観に行くしかありません。

どんなに人気スターも基本的に男役なら15年、役なら8年ほど経ったら卒業タイムリミットが始まってしまいます。特に男役は退団したらほぼ全てが女性に戻ってしまうため、男役姿を見守れるのは在団時のみ。推しはめに推せ、がタカラジェンヌを好きになった時に大切な言葉です。

劇場で宝塚を見る方法

キラキラした少女漫画みたいな世界を見てみたい」
「好きな漫画ゲーム・アニメ宝塚になるらしいので見に行きたい」
「一度見たら沼に落ちると言われるほどの世界を体験してみたい」

そうは思っても日常的に観劇経験のある人じゃないとどうしたら見られるのか分からないかもしれない。映画のように当日劇場に行ってチケット売り場に行けばいいのか、と思っても生徒の顔が眼で何とか確認できるような席は前売りで終わっていることがほとんどなのが現状である。

ということで宝塚を生で見る方法を幾つかご紹介する。

宝塚歌劇Webチケットサービスで買う

ネット環境があれば24時間いつでもできる方法。無料でも利用できるが、後述の年会費が必要な宝塚友の会の会員であれば先行予約抽選への参加も可

使い方は大抵のプレイガイドと似ているので難易度は低め。ただし人気演の場合は友の会向けで売だったり、前売り販売開始時間には鯖落ちしたりクリック戦争状態になるのも大抵のチケット入手と似たようなもんである。

各種プレイガイドで買う

チケットぴあやイープラスなどで購入する方法。「似たことを公式Webサービスでやってるなら取られて理では?」と思うかもしれないが、公式とは買える席が別のためその点は問題ない。
ちなみにJR西日本みどりの窓口でも買えたりする。

こちらも上記と同じようなメリットデメリットがあり、更に大抵10時から前売り購入開始のため一般のライブ舞台等と被り更に鯖落ちの可性が高くなっている。

劇場窓口で買う

見に行く劇場が近い人向け。Webチケットサービスプレイガイドより前売りの発売が数日遅れるため、そっちで規定数が終わっている場合は購入不能

当日券の有公式サイトに2、3日後の演分までが表示されるので、それを頼りに並ぶことになる。人気演の場合始発組や近隣ホテルに宿泊し始発時間に並ぶようなガチ勢も出るため、本気で見たい場合はちょっと覚悟が必要。
また、この段階では2階席最後尾や立ち見席など生徒の顔が視できない席ぐらいしかいことがほとんどである。その代わり値段は手頃になるのでどちらを取るかは人それぞれ

阪急交通社の劇場貸切公演に参加する

値段は高いがほぼ確実に良席で観劇できる方法。現地までの交通手段(新幹線等)、レストランでのランチやディナー、劇場近隣ホテルの宿泊などと観劇チケットがセットになったパックツアー

当然だがチケット単体を買うよりもかなり割高になり、人気演の場合は抽選漏れすることもある。何万円払っても良いから何が何でも見たい演の場合にオススメである。

宝塚友の会に入る

1番の方法の上位版ではあるが、入会費年会費等が必要なため今後も宝塚演を見続けるつもりなら補に上がる方法。

チケットの先行予約抽選、一般販売も非会員とは別の席が用意され、会員向けイベントや各種値引きなど宝塚ファンにはありがたいサービスだが、肝心のチケットは年会費の割に合うぐらい取りやすい…という訳でもないらしい。

『会』から買う

難易度が高めの方法。
ここで言う『会』とは上記の友の会のことではなく、生徒個人に対して存在する非公式ファンクラブのことである。会は常日頃から生徒サポートを行っておりその一環でチケットの購入もしているため、場合によっては会の人から余剰分を回してもらえる、もしくは事前にお願いした日の演チケットを買わせてくれる可性がある。

注意点としては、見たい演の組の生徒の会の人と知り合わなければならないこと、相手はその生徒私共に支えているファンであることを大前提として失礼のないように接すること、人気演の場合そもそも会にも回ってくる数も少なくなるためたとえ買えなくとも文句は言わないこと、会から購入したことをあまり口外しないこと、などがある。
また映画舞台鑑賞をする人がよくやる「この席で見たよ!」と座席位置が分かるような写真SNS上に投稿するのは会チケットの場合タブー[8]なので初心者は特に要注意。

論、演を見てこの生徒さんを応援したい!と思ったのなら会に入会するのも継続的に宝塚を見る一つの手である。入会したくなったらその生徒さんへのファンレターそれとなく書いてみたり、演前後に現地にいる人だかりを探してみよう。
ただし複数の生徒の会に入会することはマナー違反なので、もし気に入った生徒が複数いる場合はか一人を選ぶか潔く入会は諦めよう。

チケットを当てる

に運を任せる方法。商品を買うと劇場貸切演のチケットが貰えたり、新聞や雑誌等のプレゼントに応募するやつである。

本当に頼みなので上記全てが駄だった時やダメ元で使おう。

リセールチケットを買う

定価以下で取引される譲渡チケットのこと。宝塚認のサービスはチケトレだが、他にも規約を守っているチケット取引サイトは複数あるので探してみよう。ただしWebチケットサービスプレイガイド並に即売率が高い。

ヤフオクメルカリ等でも出品されているが大半が値段が異常に高額に釣り上げられた、いわゆる特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律に違反している違法チケットである。転売ヤーからの購入はダメ絶対!どれだけ入手困難な演でも本人確認が抜き打ちで行われるから駄にするだけだよ!

ライブビューイングに行く

現地は理だ…という時の最終手段。5000円弱で劇場最前列よりもはっきり生徒の顔が見えるので気軽に臨場感を味わえる観劇方法。日本映画館で行われているので遠くて劇場になかなか行けない人でも安心である。

基本的に千秋楽のみ行われているため、特別演出や台詞変更を見たい人たちが詰めかけ都市部ではライビュすらチケットが取りにくいのが現状である。またカメラの都合上舞台全体を見たい人には物足りないことも。通信の関係で台詞映像が途切れることもある。当初は退団者挨拶も上映されないこともあったが、現在挨拶カーテンコールが最後まで上映されるようになっている。そのため人気スターの退団がある場合は劇場並みに取れないチケットと化している。
ちなみに最も取りにくい映画館と言われているのが東京宝塚劇場に一番近い東京ミッドタウンにあるTOHOシネマズ。上映終了後急げば生で退団者の姿を見られることもあり、特に現地を諦めた卒業ファンにとっては何が何でも席を確保したいと言われている。

また最近は博多演や日本青年演と、大劇場以外の演でもライブビューイングが開催されるなどチケットが取れなかった人や遠方で行けない人でも中継で楽しめる環境が整いつつある。

ライブ中継を見る

2020年コロナ禍によって宝塚も変化し、ディナーショー千秋楽ライブ中継配信が行われるようになった。自宅に居ながら、ライビュよりも安価3500円で宝塚を見ることができる。

自宅のインターネット回線が鈍足の場合画質に問題が起きたり停止してしまうことがあるので、事前に自分の環境で視聴可かしっかり確認してからチケットを購入しよう。なおアーカイブはない。

それでも現地チケットが取れない…

諦めて円盤買うかスカステに入って放送されるのを待とう。
1万円でスターだけ映すカメラアングルと稽古風景も付くブルーレイもいいし2700円で新旧大量の宝塚作品を浴びられるスカステもいいぞ。いきなりスカステはハードルが高いなら2300円のWOWOW映画と共に2作品ほどを楽しんでみたり、1650円のタカラヅカオンデマンドに加入してPCスマホ宝塚作品を浴びてみたり、2・3ヶに一度ぐらいあるNHKの放送で慣れていくのもいいぞ。

ちなみに円盤スカステとWOWOWNHKは全て違う演日の映像なのでヅカヲタを極めてくるとどの全部見ることになるよ。

大百科の記事が存在する生徒一覧(OG含む)

あ行~な行

は行~わ行

外部リンク

関連項目

関係者等
ファン
架空のキャラクター等

脚注

  1. *2021年7月4日をもって退団。次期トップ役はまどか
  2. *2021年7月4日をもって退団。次期副組長は美舞良。
  3. *2021年8月15日をもって退団。次期トップスターかなと。
  4. *2021年8月15日をもって退団。次期トップ役は美月
  5. *2021年7月4日をもって組に異動。
  6. *専科にはトップスター制度がいため正確には違うが、公式サイトスター一覧ページタカラカスシャルへの出演時などで各組トップスターと同様に扱われている。2021年9月30日をもって退団。
  7. *専科には組長制度がいため正確には違うが、生徒でありながら劇団理事を勤めており似た立場である轟悠より学年が上、という意味でここに記載する。
  8. *座席位置によってその生徒現在の組での立ち位置が分かってしまうため。端的に言うとゴシップネタにされて生徒本人に迷惑をかけることになりとても失礼。

【スポンサーリンク】

  • 13
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AE%9D%E5%A1%9A%E6%AD%8C%E5%8A%87%E5%9B%A3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

宝塚歌劇団

35 ななしのよっしん
2018/07/14(土) 21:22:58 ID: n1iNMobdKz
一度「虞美人」(1本立て)を宝塚大劇場に見に行ったことがあるけど、すごくよかった。
2本立ては劇+ショーなので劇の展開が駆け足気味なのにべて、1本立ては劇にしっかりと時間がとれるせいか見ごたえがあると思う。
それにフィナーレでちゃんと踊ってくれるからショーがないのもそんなに気にならない。
といっても地方演だと大概2本立てなんだよね。
36 削除しました
削除しました ID: UmNZwC8tP5
削除しました
37 ななしのよっしん
2019/12/26(木) 02:10:44 ID: 9d1BpcSic1
宝塚だからとか関係なくセクハラしょこれは。延々と実況してるけど何も言い訳になってない。ミュージカルファンだけど他でこんなのが常識になってるの見たことない。

岡田「退団してからまだスカート穿いてないの?」
美弥「興味がなくて…」
新納「なんだ~今日やったら良かったね!胸パッカーン開いたミニスカ着といたら、ファン成仏できるやろ!!😆✨」
岡田さんにどつかれまくる新納兄貴ありがとー最高w🤣w

https://twitter.com/stage0910/status/1209469074108891137exit
38 削除しました
削除しました ID: u3GShyr8gc
削除しました
39 ななしのよっしん
2020/05/24(日) 00:19:54 ID: pNcY+zQ9Fc
ポスターを見てた時代は「うっわキツいなw」って思ってたけど生で見ると神様みたいな美の化身がいるのなんなの。
ミュージカルを知らなかった時代は「なんで歌い出すのバカだw」って笑ってたのに今では全集中して聞いてたまに洪水になるのなんなの。
一ヶに同じ演を何度もみる友人を「金の無駄遣いw」って見下してたのに今じゃ生徒全員みたい贔屓の終わりまでみたい有り様。なんなの。
もうなんなの。本当になんなの。
40 ななしのよっしん
2020/06/15(月) 21:47:38 ID: 9d1BpcSic1
やっと再開だけど、収入やはり心配ですね。

宝塚歌劇 7月17日演再開決定…柚香お披露
https://www.daily.co.jp/gossip/2020/06/15/0013425610.shtmlexit
41 ななしのよっしん
2020/10/14(水) 08:42:48 ID: nAu+5Rwn/1
見る前とかテレビ中継しか見てないと「ふーん」くらいなのに
生で演見ると圧倒されるよね
ミュージシャンライブとか行きたがる人の気持ちが分からない引きこもりオタクだったけど今じゃ東京兵庫往復してる
42 ななしのよっしん
2020/10/26(月) 10:24:25 ID: iJyxJ1yUdB
鬼滅実写化の話が各所で出てるけど、今の宝塚なら再舞台化やるかもしれんなぁ
るろ剣とか逆転裁判とかで経験値あるし
43 ななしのよっしん
2021/01/28(木) 19:53:15 ID: QKo6VsNGF/
>>lv330219361exit_nicolive
44 ななしのよっしん
2021/03/27(土) 11:11:11 ID: MDE+Mvdbn+
ニコニコ貸切演何気なく応募したら、当たったので行って来ました。
もう々しくてビビったね。何から何まで迫が凄まじかった。
ある場面で自分としてはよく泣いてしまった。そこまで泣くつもりはなかったけど、あの演技と展開が追い討ちをかけてくる感じ。最高
"一度くらいは"と思って観に行ったんだけど、また観に行きたくなりました。