単語

シン

とは、以下のことを表す。

  • 辛 - 辛みのこと。 刺的な味。五味の一つ
  • 辛(かのと) - 十干の第8位。五行は、陰陽は陰。宝石金属徴し、名誉・体制・美意識・特別意識を意味する。

人名

漢字として

Unicode
U+8F9B
JIS X 0213
1-31-41
部首
辛部
画数
7画
𨐌
Unicode
U+2840C
JIS X 0213
2-89-70
部首
辛部
画数
8画
Unicode
U+2F9F
意味
厳しい、苦しい、味が辛い、辛うじて、という意味がある。また十干の一つ。
字形
に使う針の形。〔説文解字〕は「物成して孰す。は剛、味は辛なり。辛痛しては即ち泣(なみだ)出づ」と陰陽五行説的な意味を載せ、字形については「一にケン)にふ。は辠(つみ)なり。辛はを承け、人の股にる」としている。ただ字は入に使う針の形で、そこから、つらい、つみ、意味を持つ。
音訓
読みシン訓読みは、からい、つらい、はり、かのと。
規格・区分
常用漢字である。JIS X 0213第一準。
部首
辛は部首辛部を作る。罪や入、針に関する字が属する。
辛を符とする漢字に㾕、𣓀などがある。𣓀は親や新の偏で、〔説文〕には「果、小栗の如し」とあるが、白川静は儀式のために伐った木にしるしの辛を加える意味で、親、新の字の意味はその儀に由来するとする。
意符
辛を意符に持つ漢字は多い。辛部の漢字のほかに言(辛+口)、章、童、(辛+女)、商などがある。
異体字
𨐌は、〔説文〕の本字。JIS X 0213第四準。
互換文字
⾟はUnicodeにおいて辛と互換とされる字で、部首としての辛を表す。
・辛勤・辛苦・辛・辛勝・辛辣・辛労

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%BE%9B
この記事は自動でリンクされないように設定されています!

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

1 ななしのよっしん
2016/05/06(金) 15:47:19 ID: jCYhV4ggm3
伝統的に辛いものを喰ってた訳でもない極東の人間が一体何時からこんなに辛さへの追求が始まったんだろうかね。
にもあるとおり針で刺すようなあの痛み、刺青などで肌に刺す時の痛みの代用なんだろうか。
激辛のものを食った感想の「刺すように痛い」てのは正に肌に鍼や刺青を加えられた時の痛みそのものという事なのか?
2 ななしのよっしん
2017/05/19(金) 18:25:09 ID: A++6ydgslu
>>1
一年前に書き込みにレスするのもアレだけど
昔の人は刺青の痛みを楽しんでいたわけじゃないから違うだろ

辛いものを食べに行く気軽さで刺青を入れていたわけでもなく
一部の人間だけ入れていたものだし