鶴田浩二単語

ツルタコウジ

鶴田浩二(1924年12月6日1987年6月16日)とは重荷戦後活躍した歌手俳優である。本名は小野

概要

兵庫県西宮市で生まれ、静岡県浜松市で育つ。関西大学専門部商科に入学したその年に学徒出陣として徴兵され、終戦までを航空隊で過ごす。その時の体験が後の人生に大きく影した。

戦後映画俳優歌手として大人気となり、東映の任侠映画シリーズ戦争映画などで演をり、歌手としても「傷だらけの人生」、「ブルース」など多くのヒット曲を連発した。軍歌や戦時歌謡曲も歌っており、今もCDが売られている。

1987年、肺がんのため死去。葬儀には戦友や特攻隊員が駆けつけ、戦友たちの歌う軍歌と葬送ラッパの流れる中を送られていった。墓所は鎌倉霊園にあり、墓碑は高野の院、位高野山大円院に安置されている。

左手を左に添え、マイクハンカチを巻いて歌う独特の歌唱スタイルで知られるが、前者は副作用で左の聴が低下した後、映画で共演した田端義夫から受けたアドバイスによるもの。

趣味・人物像

自前の野球チームを率いるほど類の野球好きであった。

航空隊で特攻機の整備をしており、多くの特攻隊員の二度と戻れない出撃を見送っていた。そのこともあり、戦後は「東条英機切腹すべきだった」「特攻は外道の戦術」と批判していた。

作曲吉田正と親交が深く、「吉さん」「さん」と呼びあうほどの仲であった。しかし好き嫌いがしく、屈折したプライドが原因の周囲との衝突、トラブルも絶えず、芸界に親友と呼べる人はど居なかった。しかし寂しがり屋な一面を持ち、自分の誕生日には役者仲間を自宅に招いてバースデーパーティーを開いていたという。なお、頼まれれば引立役として若手の育成を手伝うことを厭わず、松方弘樹梅宮辰夫などを私にわたって可がっていた。

嫌いなものの一つに夕日を挙げている。これは幼少期の思い出が原因で、実の女優鶴田さやか父親から聞いた少年期の思い出話にはほのぼのとしたものが一切なかったとっている。

特攻崩れの虚実

戦後映画ながるる果てに」で演した後から自分は元特攻隊員であると称していた。しかし実際は先述の通り、整備兵として出撃していく特攻機を見送っていく立場であった。

特攻隊出身がであることが戦友会に知られ、猛抗議も受けた。しかし鶴田は一切弁明することなく、ただ黙々と働き、巨額の私財を投じて戦没者の遺収集に尽し、遺族会にも大な寄付を寄せた。この活動が政府を動かし、後に大規模遺収集団の派遣に繋がった。映画スター戦争経験者として各地で講演を行い、生涯を通じて亡き戦没者への熱い思いを貫いた。これらの行動にに戦友会も心を動かされ、鶴田を「特攻隊の一員」として暖かく迎え入れた。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%B6%B4%E7%94%B0%E6%B5%A9%E4%BA%8C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鶴田浩二

1 削除しました
削除しました ID: iHJQZHnG8W
削除しました

急上昇ワード

2019/08/24(土)10時更新