B767単語

ボーイングセブンシックスセブン

ボーイング767とは、(B767Boeing 767)とは、アメリカ合衆国ボーイング社が開発したセミワイドボディ・ジェット旅客機である。 セミワイドボディとは、客室内通路が2本ありながら、床下貨物室にLD-3S航空貨物コンテナを並列に搭載できない本機について用いられることがある呼称である。

兄弟機として、需要の少ない路線向けに開発されたボーイング757(B757)がある。

概要

ボーイング767
Boeing 767
(画像募集中)
用途 民間旅客機 / 民間貨物機
分類 ワイドボディ・ジェット旅客機
セミワイドボディ) 
製造者 ボーイングコマーシャルエアプレイン
製造期間 1982年
総生産数 1014機(2011年12月現在
初飛行 1981年9月26日
運航開始 1982年9月8日 ユナテッド航空

ボーイング767は、ボーイング727の置き換えとB737B747の間を埋める機体として設計・開発された中ジェット旅客機である。

1970年代からのオイルショックを受け、 航空各社において運行コストの低い新双発機の需要が高まっていた。
また、ボーイング社としても新エアバス社のA300の追撃を受け、新世代の旅客機今日でいうハイテク機の開発の必要に迫られていた。
結果として、高バイパスで燃費の良いターボファンエンジン双発で、2名による運行が可な本機が生まれた。 

日本においては、際線から内線までの幅広い需要を満たす機体として、日本航空全日本空輸において幅広く導入されている。

諸外においても需要は旺盛であり、アメリカ航空会社でも長距離路線に用いられている。他には、冷戦終結に伴い、旧ソ連のアエロフロートでも導入されており、世界的にもよく見る機種となっている。

あまりにも旺盛な需要と長い製造期間の結果、製造初期に導入した航空会社では古くなったB767を新しいB767で置き換えるという事態すら起きているところもある。
現在は、さらに新しいB777B787への更新が予定されているが、世界からこの機が消えるのは当分先の話となりそうである。

バリエーション

前述のように、B767のナローボディ機版と言えるB757がある。

B767自体のバリエーションとしては、胴体の短い方から200、300400がある。
また、200~400のそれぞれに長距離路線向けに修されたERがある。 

軍用向けとしては、日本航空自衛隊が導入した早期警戒管制機AWACSE-767と、空中給油KC-767がある。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/b767

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

B767

1 ななしのよっしん
2012/02/11(土) 02:20:01 ID: eifwsFU9Og
>日本航空JAL) - 現:日本航空インターナショナルJAL
日本航空インターナショナルじゃなくて昔と同じ日本航空に変わりましたよ。
2 ななしのよっしん
2014/07/17(木) 09:34:50 ID: lzZpPb543x
幹線ほどではないけど需要が大きい内線ではよく使われているよね。
まあ、ANAだとそういう路線はB787に変わっているんだけど。
3 ななしのよっしん
2019/01/11(金) 16:10:43 ID: SxuQ8bypmG
NZ、BAに続きハワイアン航空からも引退か...
から767が消える日はいつになるだろうか
4 ななしのよっしん
2019/02/06(水) 14:51:41 ID: cYGQDpf/I5
軍用や貨物バリバリの現役だからまだまだ先の話だろう
5 ななしのよっしん
2019/05/21(火) 10:05:14 ID: /i4Md/3Aed
飛行特性に起因する事故が全く見当たらない事から、航空力学的には保守傾向で良い設計なんだろうな
貨物/軍用としちゃ78さんは使い辛いからまぁ暫くは残るでしょ
というか軍用は下手するとずっと76かもな、いい感じに置き換えできる機体いやんけ

急上昇ワード

2019/10/17(木)10時更新