B737単語

ボーイングセブンスリーセブン

ボーイング737B737, Boeing 737)とは、アメリカ合衆国ボーイング社が開発したナローボディ・ジェット旅客機である。

概要

ボーイングが中短距離用の機材として開発・製造したナローボディ双発式ジェット旅客機/貨物機。
初飛行は1967年4月9日

ボーイング社製の旅客機としては初となる2人乗務が可な機材で、地方路線に数多く残っていたレシプロ旅客機や、ターボプロップ旅客機を代替する小距離用のジェット旅客機として、ダグラスDC-9に対抗すべく開発された。胴体はボーイング727と同一の設計としている。

第一世代の-100、-200、-200Advance
エンジンを高バイパスのターボファンに換装した、第二世代の-300、-400、-500
設計して効率を高め777の技術を用いた、第三世代の-600、-700、-700ER、-800、-900、-900ER、そして787の技術を用いて更に良を加えた、第四世代のMAX-7、MAX-8、MAX-9、MAX-200 がある。

現在は第四世代の737MAXが製造されている。

日本航空会社では、JALグループ日本航空日本トランスオーシャン航空)及びANAグループ全日本空輸ANAウイングス)、スカイマークAIRDO、ソラシドエア春秋航空日本(SPRING JAPAN)が導入している。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

 

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/b737

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

B737

43 ななしのよっしん
2019/06/07(金) 15:53:46 ID: TS8z3PxmxA
元はと言えば「737」というガワにこだわりすぎたせいだ。ペイロードを増すために胴体延長を繰り返し、揚中心と重心のバランスが破綻し、CCV戦闘機みたいになってしまった。不安定な設計を補正で押さえ込む考え方は戦をめられる戦闘機ならともかく、客を乗せて長時間のフライトに臨む旅客機とは致命的に相性が悪い

行き当たりばったりで機体を拡大良し、行き当たりばったりでMCASの権限を広げ、あまつさえマニュアル訂で済まそうとする。殿様商売にも程がある
44 ななしのよっしん
2019/06/16(日) 22:56:06 ID: Tyk6R/8E3g
MCASがちゃんとしていたとしても機体の基本設計の崩壊は摘されるべきだよね
737という遺産をいつまで流用し続けるつもりなんだろうか
45 ななしのよっしん
2019/06/17(月) 10:17:05 ID: EIULOSdZuQ
そもそもエンジンの位置を変えたら機種が上がるようにになったから補正で理矢理下げようってのがね・・・
46 ななしのよっしん
2019/06/27(木) 15:14:39 ID: yJrkR+anet
修正コードを施したMCASフリーズする不具合発生
何か地雷掘り当ててしまったらしい
最悪ハードウェア修も必要かもしれないそうだ
どうしてこうなった
47 ななしのよっしん
2019/06/27(木) 17:06:50 ID: EIULOSdZuQ
http://gigazine.net/news/20190627-boeing-737-max-faa-finds-new-risk/exit
これか
FAA承認とは…
48 ななしのよっしん
2019/07/05(金) 21:57:20 ID: d8oecG1vgn
メーデーで今の安全を築き上げてきて、体制に疑問を投げかけてきた調員たちがマジ切れしそうな案件だわな……
49 ななしのよっしん
2019/07/08(月) 06:35:54 ID: U/RQ48BZ7b
「飛ばせる」ことを「安全に飛ばせる」ことと履き違えたバカ
50 ななしのよっしん
2019/07/21(日) 03:03:18 ID: PBYmLnic3a
修正されたMCASフリーズする不具合で、運航再開の見込みがつかなくなったとはね
二件が起きた後に想定された事態の中でも最悪を突き進んでいるな。737MAXは全く売れなくなりそうだし、ボーイングそのものの整理すら現実味を帯びてきたかもね
51 ななしのよっしん
2019/07/21(日) 17:01:41 ID: EIULOSdZuQ
https://www.aviationwire.jp/archives/178844exit
希望的な観測で10月くらい
補償は5000億円
いやー、きついっす
52 ななしのよっしん
2019/07/22(月) 15:10:05 ID: TS8z3PxmxA
737自体は旅客機でも有数の稼働時間と機数を誇り、傑作機であることは間違いない。基本設計の限界えてアレコレ弄り倒したMAXシリーズが最後の最後に泥を塗った

ナローボディ旅客機新規に作るか、イラン向け747よろしく胴体切り詰めた787でも売り込むべきだ。機材の耐用年数ではなくモデルとしての737の寿命はとうに尽きている