ED79単語

イーディーナナジュウク

ED79とは、日本国有鉄道(国鉄)、JR貨物製作した電気機関車である。

製作までの経緯

時は昭和の末、国鉄の悲願であった青函トンネルの開業が前に迫る頃。
将来的な新幹線の運転も見越して設計・建設されたトンネル内は、ひとまず在来線規格で整備し、前後区間も含めて交流電化されることになった。

線路が出来れば、もちろんそこを走る車両を用意しなければならない。しかし当時の国鉄はただでさえ予算がかった上、色々な諸事情もあり簡単に新を導入出来ない状態だった。そこで、青函トンネル内を走行する車両は全て他線からの転用で賄われることになる(もともと新幹線までの「つなぎ」のために長期の使用を想定していなかったとも)。
列車の運行体系は特急快速の組み合わせとし、特急車両東北本線から直通運転するため485系を小改造快速用は各地で余剰となっていた50系客改造して投入することに。また寝台列車貨物列車も運行されるため、それらを牽引する機関車も必要であった。
(後に青函トンネル区間の列車特急急行のみの運転となるが、当初快速も運転されたのは青函連絡船乗車券のみで乗船可であったためだとか) 

ただ、青函トンネル内は最大12パーミルの坂が延々と続く上、湿度が常に100%の過酷な環境である。さすがに既存の機関車をそのまま走らせるのは問題があったため、ED75ベース改造が行われることになる。
内容は長大な坂や高湿の環境110km/h運転などに対応するために、あらゆる部分を青函トンネル用の特殊仕様にするものであった。
そのため改造元のED75とは大きく異なる特性を持つことになり、新形式「ED79」が付与された。国鉄時代に定められた最後の機関車の形式である。(JR化後に国鉄の形式規則に則って付与されたものにはDD18、DD19がある)

なお、青函トンネルの開業を待たずして国鉄分割民営化されたため、ED79は全機がJR北海道運転区(現・函館運輸所出所)所属となった(一部民営化後の落成機もある)。

運用開始後

ED79は0番台21両と、一部機省略した重連副務機専用の100番台13両が製作され、1988年海峡線開業とともに客列車貨物列車の牽引機としての運転が始まった。
また貨物輸送が予想以上に好調だったことから、翌1989年にはJR貨物50番台を10両増備している。こちらは改造ではなく新製で、体も水色の貨物カラーに。貨物列車の牽引を前提としているためにJR北海道所属機と一部仕様が異なるが混結は可で、一応客の牽引も出来る。
(さらにED76 514が海峡線仕様551に改造されているが詳細は省略)

その後は2000年に56号機が事故となった以外には特に大きな変化もかったが、2002年789系特急スーパー白鳥」として投入されたことにより、快速峡」の運行が終了。また、貨物運用もEH500への置き換えが進んでいたこともあり、ED79の仕事は一気に減少したため、この年から余剰機のが始まった。

2006年にはJR北海道所属機の定期貨物運用が終了し、100番台が全機運用離脱。0番台も老朽から順次され、一部は部品取りのために遠く九州へと立ったりもした。

しかし、北海道新幹線の開業を待たずして、2015年3月に「トワイライトエクスプレス」が止、「北斗星」の定期運転が終了。残る「カシオペア」「はまなす」も新幹線開業に合わせ止された。一応、「カシオペア」はクルーズ列車として北海道新幹線開業後も渡の予定があったが、交流25000Vとなった海峡線を自走出来なくなったED79は仕事を失い(「カシオペアクルーズ」はEH800が牽引)、2016年3月をもって全機が運用を離脱した。
また、50番台は製造から25年程度と(国鉄形式の機関車としては)較的経年が浅かったが、複電圧対応機関車EH800が先行投入されたこともあり、2015年5月までに全機が運用を離脱。
海峡線向けの特殊仕様であることなどから、他線区への転用も行われず、旧鷲別機関区へ回送された後、全機が解体となった。
なお、0番台50番台ともに保存い。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/ed79

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ED79

1 ななしのよっしん
2015/03/01(日) 21:54:45 ID: t9Gne0/zKH
ED7950番台2月26日を持って定期運用から外れたみたい・・・

急上昇ワード