SNOBBISM単語

スノビズム

SNOBBISMとは、2018年3月21日に発表されたNeru氏による鏡音リン・レンボカロ曲。同氏のメジャー3rdアルバムCYNICISM」に収録されている。

概要

SNOBBISM』とは「(教養人を装った)俗物的なこと、人物」という意味を持つ。この曲はそのタイトルのとおりであると言える。

ポップな曲調と裏歌詞は、現代のSNS依存しないと生きていけない若者たちや、電車ホーム人身事故ですらほんのチラシ1枚みたいに消費されてしまう、この軽薄で地に足がついていない世の中を痛に皮った内容である。しかし、現代に生きる人々、全員にこの曲は当てはまるのではないだろうか?

「自分は若者だから」「自分は被害者だから」などと「自分は〇〇だから」と『自分』を形骸化(一種のレッテル貼り)して、みなこの世界を生きている。しかし、そんな人々を責めることはできない。そうしないとこの時代を生きていくことができないのだから。

歌詞に「デバッグ」「バグ」「ブラフ」などの、最近よく使われる「カタカナ」を使っている点も最近の世の中を揶揄しているが(政治家がよく使いたがる)、そんなに人々や世の中を皮った挙句に「この世界に喧を吹っ掛けよう」とこの曲は訴える。しかし、それすらも「形骸化」していることを忘れてはいけない。

いくら世の中を変えようと立ち上がり、時には暴力に訴えても何も変わらなかったことは、いわゆる団塊の世代といわれる「大人たち」がよーく明してくれているのだから。

叫んだところで何も変わらない。でも、叫ばずにはいられない。そんな人々の気持ちを代弁しているのがこの曲であるといえる。

2018年3月26日0時53分、VOCALOID殿堂入り10万再生)を達成。

歌詞

あれこれ吐いてばら撒かないと寝られやしない
やり切れない血反吐をたんとぶちまけないと釈然としない
一生そうして 心臓を投げ合って せせら笑うのが
このの異様なモラリティーなんだ

セルフィーこそが全てなのと言う少女
気まぐれな同情だとかサブカルチャーが着弾する
生憎の予報ですが本日、東京一体のには
警報級の悪巧みが降る様です

堂々 ホームでは沢山もの
現実感が彼の背中を線路内へ蹴落としてる
人一人の命がエンタメのように さも折り込みチラシみたいに
消しカスとなって浪費コンテンツの犠牲となる

さあ、喧しようぜ 喧しようぜ
インプレッション次第でミサイルをぶっ放して
さあ、喧しようぜ 喧しようぜ
正当性なんて後でテープでくっつけろ

明日世界が終わるだなんて法螺話に
そうだったらいいなと逆に願ってる希死念慮の時代
何不自由ない これ以上もないくらいの 勢な今世に
等は見えない何かを欲していた
何千回何万回 馬鹿の一つ覚えのように 後悔をすんのが
このの面いところなんだ

一体どうして 未来図ってマニュアル本には
最重要な術の導線設計がなされてないんだよ
だから人は野蛮な器を振るうし それは至極当然の
バグ塗れの人類のデバッグはいつ終わる

さあ、喧しようぜ 喧しようぜ
センセーションなんかを爆弾でぶち込んで
さあ、喧しようぜ 喧しようぜ
一切合切をかなぐり捨てて行こうぜ

失うもんはもういさ される身分でもないな
終生に及んで致し方ない防衛線
幼さとかいう小銃を ただあくまで誇示する
硝煙を燻した騒擾なんか 滑稽なショー同然だ
一生、ブラフを威すがいいさ

そのままお山の大将やったらいいさ

バラックの集落で被害者面して馬鹿騒ぎしようぜ
っぽの分際で馬鹿騒ぎしようぜ 馬鹿騒ぎしようぜ

関連動画

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/snobbism

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

SNOBBISM

1 test
2018/06/10(日) 17:30:09 ID: OSURvU0NdS
も書いてないやん
2 ななしのよっしん
2018/08/28(火) 17:33:37 ID: WbDfFE5zSj
まあ臭いからね
3 ななしのよっしん
2019/02/10(日) 23:00:02 ID: 1Zpzf9oiHi
記事の内容がSNOBBISMとはまた皮がきついな
4 ななしのよっしん
2019/02/24(日) 11:14:24 ID: hRTZ46NUhv
東京一帯」じゃないの?