今注目のニュース
アニメ好き女子アナ・藤田かんな「女子校出身の私は共感だらけ」 新作「女子高生の無駄づかい」
吉本興業社長、パワハラ発言は「和ませようと」「冗談で」 しどろもどろ会見にネットでは批判相次ぐ
キッズウィークの認知度、働く主婦の8割「知らない」 「親の方が休みにくい。子供が一人で留守番することになるのでは?」

ローレシアの王子単語

ローレシアノオウジ

掲示板をみる(249)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ドット絵:ドラゴンクエストについて語るスレ#27

ローレシアの王子とは、「ドラゴンクエストII 悪霊の神々」の主人公であり、また勇者ロトの血を引く子孫である。

概要

姉妹ムーンブルク」がハーゴン軍によって滅ぼされたという知らせを受けたローレシア王の命により、単身ハーゴン討伐に向かった勇敢な王子

一人息子王子であるにも関わらず護衛の兵士すらなく、オヤジローレシア王)からは銅の剣50ゴールドしか貰えず、 なぜかローレシア宿屋の亭からはの人扱いされ、さらにの鍵入手後は自分のの宝物庫に盗みに入る(番兵はちゃんと王子扱いしてくれる)など、色々と突っ込みどころが多い。

特徴的なメットゴーグルは前作の数年後という時代設定を反映しての事。メットの中の髪型ゲーム中では不明だが、ファンの間では黒髪イメージが強いようだ。実際の所は、SFCドラゴンクエストⅠ・Ⅱ公式攻略本ドラゴンクエストモンスターズ+では黒髪であったり、モンスターバトルロードでは銀髪であったりと作品・媒体によって設定が異なる。

名前について

名前に特定の設定はなく、どんな名前にするかはプレイヤー自由だが、小説およびドラマCDで設定された名前は「アレン」、漫画ドラゴンクエストモンスターズ+』では「ロラン」、Wii移植版のでは便宜上のデフォルトネーム(説明書などに使われる)として「ロラン」が採用されている。

だが最も有名な彼の名前は、やはり「もょもと」だろう。詳しくは関連項目を参照。

性能

HPが高く、全ての武器・防具が装備可MSXドラクエIIに存在する「あぶないみずぎ」を除く)であり、攻撃は抜群だが、呪文は一切使えないという打撃専用の戦士に成長するので、「攻撃」もしくは「力の盾orやくそう」という狭い選択肢になることが多い。さらにサマルトリアの王子ムーンブルクの王女ステータスの伸びに難があるため、打撃攻撃専用要員としての役割に拍をかけている。

何をしようが全く魔法も特技も使えないキャラシリーズ全体でもかなりしく、他にはライアンくらいしか例がない。勇者の血を引く主人公に限れば、文字通り他に類を見ない存在である。

特にシリーズ最難関との呼びも高いFCドラクエ2での活躍は印深く、妙に頼りない仲間達を引き連れながらも、 はぐれメタルに素で2桁のダメージ叩きだせる圧倒的な攻撃で、理不尽とも言えるゲーム展開を強引にり開いていく姿は、 ある意味他のシリーズ主人公とは一線を画す存在感を放っている。

ドラゴンクエストモンスターズ+において

漫画ドラゴンクエストモンスターズ+」において2はクリア後の設定で描かれる。
ローレシアの王子は上記の点が強調されており、武器と己の体だけで破壊神シドーを撃破した事から『破壊神を破壊した男』と呼ばれ、周囲の人間からは化け物扱いされてしまう。

(これはシドーが倒された後に、パズズが残した闇が「シドーが倒されたということは、シドーよりもを持つ者が現れたということではないか」という不安を人間たちに与えたのがキッカケ) 
その実は万全ではない質素な装備で主人公仲間達をザラキ殺したブリザード達を殺し、主人公がかつて自分を助け、共にに戦った勇者ドラゴンクエストⅠ主人公にして彼の先祖)を思い浮かべるほどだった。

余談になるが主人公は元々モンスターマスターではなく勇者に憧れる少年だったが、モンスターマスターになり
初めて冒険した異世界ドラクエ1モデル異世界)に迷い込み、彼の先祖(1の勇者)と出会ってりゅうおうと戦ったり、
ドラクエ2モデル異世界に迷い込み、子孫でやはり勇者の彼に助けられたり、その世界で出会った賢者少女
ドラクエ3勇者仲間賢者少女同期で親しい仲だったりと何かと勇者とは縁がある。

王位を捨てて逃げ出した王子未来世界に召喚され、自の行く末を知って愕然とする。そして、復活したバズズに対して笑みをこぼしながら「殺し合おうか」と言い放ち、戦いを挑むのだが…

「どうしてその程度なんだ どうしてを他の人間のように殺せない!?

人間じゃないってのか お前達以上の化け物なのか!?

世界を救った英雄を一転して厄介者扱いする人々、戦う以外のを見つけられなかった王子など、人をえたを手にしてしまった者としての暗部が描かれている。はかぶさの剣を装備したかっこいいサマル王子もいるので興味のある人は是非。

関連動画

関連静画

 

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/23(火) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/23(火) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP