武井宏之 単語

40件

タケイヒロユキ

1.8千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

武井宏之とは、打ち切りと関係が深い漫画家である。

概要

1972年5月15日生まれ。青森県出身。デビュー前は桜玉吉桐山和月伸宏アシスタントを務めていた。いわゆる「和組」と呼ばれる漫画家仲間の一人である。に同じく漫画家武井文がおり、『チョッパーマン』の連載などをしている。

1994年に『ITAKOANNA』で第48回手塚賞を受賞。その後『週刊少年ジャンプ』にて1997年より『仏ゾーン』を連載し、デビュー

代表作はテレビアニメ化もされ、現在シリーズ展開を続けている『シャーマンキング』。

集英社を中心に活動していたが、現在講談社を中心に『シャーマンキングシリーズの新作やスピンオフ連載を手掛けている。

現在は『少年マガジンエッジ』にて『シャーマンキング』の続編『SHAMAN KING THE SUPER STAR』を連載中。また、『ウルトラジャンプ』にて『重機人間ユンボル』のリメイク作品である『ユンボル -JUMBOR-』を連載していたものの、講談社への移籍に伴い、現在連載は休止状態にある。

また、2011年からはトレーディングカードゲームカードファイト!! ヴァンガード』のイラスト担当絵師の一人としても活動している。

2014年放映のアニメ牙狼〈GARO〉-炎の刻印-』においてキャラクターデザインを担当している。

サイバーな描写について

像・霊・重機・機巧童子など、本来は地味めな物をサイバー的な描写で書くことが多い。また、描いたオブジェクトには変形のギミックが付いていることが多い。変形は男のロマンである。

打ち切りについて

人によって好みがハッキリしてしまうのか、『週刊少年ジャンプ』にて連載されていた作品はアニメ化までされた『シャーマンキング』まで含めて全て打ち切りによって終了している。

ただし、『シャーマンキング』はのちに完全版最終回まで200ページ以上加筆したうえで完結しており、『重機人間ユンボル』も『ウルトラジャンプ』にてリメイクされるなど、一度打ち切られた作品が再び世に出ることもまた多い。

ショタ?同性愛?について

漫画に登場する少年たちに妙な色気を表現させることが時々ある、というか全体的に露出度が異常に高い格好ばかりさせている。

もっともわかりやすいのが伝説となったプリンセスハオラスボス=メインヒロインをぶち上げてラスボスドレス姿で終了した漫画が果たしてどれだけあるのだろうか?

機巧童子ULTIMO』においても主人公の男と少年ロボットが怪しい会話を繰り広げていたり、前世で結ばれたが現世では男に転生したのに前世の因縁を引きずって主人公と結ばれようとしたりと、ますます拍がかかっている。

ついでの知識

作品リスト

連載作品(太字は大百科に記事があるもの)

関連動画

関連静画

関連チャンネル

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *ウルトラジャンプ 2013年1月号 巻末作者コメントより
この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/24(水) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/24(水) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP