やはり、アスラン・ザラが最強か...... 単語

3件

ヤハリサイキョウハアスランザラカ

1.6千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

やはり、アスラン・ザラが最強か......とは、劇場版アニメ作品"機動戦士ガンダムSEED FREEDOM"で明かされた真理である。

この項は、『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』のネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

概要

キャラクター シュラ・サーペンタイン台詞

キラ・ヤマトラクス・クラインたち世界平和監視機構コンパスは、ブルーコスモス残党を率いるミケール大佐の捕獲作戦に参加するため、ファウンデーションを訪れていた。

中庭ではファウンデーション近衛ブラックナイトスコードシュラとリュー・シェンアン剣術の訓練を行っていた。しくをぶつけ合う二人だったが、シュラが弾き飛ばしたリューのキラの前にまで飛んできてしまう。シュラはいい機会だとばかりにキラとの手合わせを所望するが、キラは生身での剣術を学んでいないため申入れを断る。するとブラックナイトスコードたちはキラを小馬鹿にし始める。キラを愚弄されたことに苛立ったシン・アスカは、キラに代わりを手に取る。強くを振るうシンだったが、シュラ麗に受け流し、シンの首元にを突き付けてみせた。その実にたじろぐシンもくれず、半ば不満そうに

やはり、アスラン・ザラが最強か......

とつぶやく。アスランに反発しがちなシンは、この発言を聞いて不快感を露にする。シンへの当て付けとして発言したのかは不明だが、戦士であろうとするシュラアスランの強さを高く評価し、日頃からその戦い方を分析しているのだ。

このシーン自体はブラックナイトスコードたちの強さと不気味と性格の悪さを描写したものなのだが、後にシュラスクリーンの前のファンはこの言葉の意味を嫌というほど思い知らされることになる。

本作序盤のアスランキラたちコンパスとは別行動を取っており、何やらスラム街のような場所に身を潜めている程度の描写しかなかった。ストーリーに大きく関わってくるのは中盤からになるのだが、その活躍の中でも特筆すべき点が「異常な強さ」である。

体術、揺るがない精MSの操縦技術...心技体どれをとっても非の打ち所がない上に面さまで兼ね備えたその強さに、ファンは「アスラン最強」というシュラの分析を受け入れざるを得なくなったのだった。

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

  • なし

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
山口剛央[単語]

提供: Pyun Pyun

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/15(月) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/15(月) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP