エクスカリバー 単語

371件

エクスカリバー

1.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

エクスカリバー(Excalibur)とはアーサー王伝説に登場する武器である。

概要

出典はイギリスの『アーサー王伝説』(アーサー王物語)。詳細はWikipediaexitとかの方が詳しい。
かつてブリテンに君臨した王、アーサーの所持したであり、伝説武器として引用される中でも最も有名な武器の一つ。

片刃剣であるとも両であるとも、アーサー王の所持したは2種類あるともわれる。もともと、アーサー王の所持したに関しては『ブリタニア列王史』にカリバーンという一本のが記されていた。このに、フランスの吟遊詩人たちの物語をはじめ、後世に様々な伝説が加えられた結果、エクスカリバーという、多くの逸話をもつが伝承として伝えられることになった。

そのため、別々の人が考えた「岩に刺さった王者の抜く」「使っていたが折れてしまう」という後付設定がひとつの物語として統合されたときに、「アーサー王が2種類存在する」という混乱が生じている。

  1. 1つは「このを引き抜きしものは王たる資格を持つものなり」と銘された台座からアーサーが引き抜いて王となったというもの。こちらは単にアーサーあるいは王者のと呼ばれ、エクスカリバーとは違うとして区別されることがある。16歳アーサー王はこれを引き抜き、ブリテン(後のイングランド)の王となった。もともとはアーサー王ペンドラゴンの所持するであった。
  2. もう1つは上記のが折れたのち、魔法使いマーリンまたは精霊によって与えられた新たなである。ケルト神話を根底に持つアーサー王伝説や、それを基にした物語ではこちらがエクスカリバーとされることが多い。本体もさることながら、に与えられた「あらゆる傷を癒し、災いを退ける」が非常に強であり、アーサー王の栄を助けた。しかし、アーサー王が策謀によってこのを失ってしまうことが、配下たる円卓の騎士の反乱とそれにつづくアーサー王落、そして死をもたらした。そのあとエクスカリバーは(あるいは王の墓所)に移され、予言されたアーサー王復活を待ち続けているという。

ゲーム・漫画などサブカルチャーでの扱い

原典であるアーサー王伝説世界神話・伝承の中でも知名度が高いため、サブカルチャー関連ではしょっちゅう使われている。原典の設定をオマージュ再現したものもあれば、原を留めぬまでに変されたものまでよりどりみどり。
 
一文字違うだけのパチモノがある。
・後ろに何かついてる。「II」とか「MK4」とか。
・個性的な別名がある(例…「貪るもの」exit約束された勝利の剣」)。
刺さったまんま抜けないので鈍器として使う。
なぜか睡眠属性持ち。
子持ち。exit
声が子安。
手刀。
風の魔法。
レーザーぶっぱなす兵器。
ロボットに可変する戦闘機。
見せておくれよ、exit股間のエクスカリバーを!exit
モンスターの名前。
宇宙ニンジャが着る強化外骨格。

等。多分他にもまだある。なんとまあいろんなエクスカリバーがあるもんだ。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/20(土) 12:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/20(土) 11:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP