今注目のニュース
翔んで埼玉効果?県知事選で期日前投票が約6万増、「無関心はださいま!」呼びかけ
建築のクセが凄い!あるブックオフが悪の研究所にしか見えないと話題に
あなたはどのペンギンがタイプ? とても個性的な『求愛方法』を描いた漫画に反響

ファイナルファンタジーIX単語

ファイナルファンタジーナイン

掲示板をみる(779)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

『ファイナルファンタジーIX』(FINAL FANTASY IX)とは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)が2000年7月7日に発売したプレイステーションゲームソフトである。略称はFF9、FFIX等。

ファイナルファンタジーシリーズ本編第9作である。

概要

ファイナルファンタジーIX
ジャンル RPG
対応機種 プレイステーション
発売元 スクウェア
開発元 スクウェア
(ホノルルスタジオ)
発売日 2000年7月7日
プレイ人数 1人
メディア CD4枚組
希望小売価格 7,800円(税抜)
予約特典 ビビぬいぐるみ
(コンビニ予約)
CERO A (全年齢対)
その他 <移植版>
2010年5月20日から
ゲームアーカイブスで配信
<リマスター版>
2016年2月10日から
iOS/Android版配信
2016年4月14日から
Windows版配信
2017年9月19日から
PS4版配信
2019年2月14日から
Nintendo Switch/
Xbox One版配信

シリーズ最後のプレイステーションタイトルであり、次回作のFF10以降はPS2にプラットフォームを移す。

パラサイト・イヴ』を手掛けた美術の高い海外スタッフを多く集めるためハワイホノルルスタジオを拠点とし、映画版『ファイナルファンタジー』と同時進行で開発が行われた。そちらと同様に「生と死」が物語の中心に置かれた作品であるが、こちらは王道ファンタジー世界観を採用し、鮮やかな色彩デザインを多く取り入れている。

物語テーマは「生命讃歌」。巨悪の陰謀に巻き込まれながら、その刹那で命あればいつかは抱くであろう普遍的な「生きる意味」をキャラクターが見つけ出していく物語は非常に情緒的、哲学的で今なお根強いファンが支持している。
特にその物語性を強く反映したキャラクタービビ・オルニティアは本作における裏の主人公と謳われるほど人気が高い。


制作コンセプトには「原点回帰」が掲げられており、初期ナンバリングFFハードの制約の関係上で多用できなかった3D表現を用いて再び"ハイファンタジー"路線のFF世界の実現に挑戦した作品である。
PS1の持てる表現の限界を出し切ることもし、次世代機のPS2に引けを取らない映像美を実現した。

高頭身では不自然になってしまうため非現実的でアニメ的な動き(モーション)の面さを優先しディズニー映画のように頭身が3,4頭身に引き下げられたことに加え、物語面においても随所に見られる叙情性に富んだ台詞回しが「演劇」を思わせる作りになっており、FFシリーズを連ねていく毎に離れて行った"古典演劇"への回帰が見受けられる。


また、最後の一桁代のナンバリングということでFFシリーズが備える世界観を再構築する的で身内向けすぎず退化の要因にならない程度に過去オマージュ要素が盛り込まれている。同じく、知っている人をニヤリとさせられるようにクリスタルも復活している。
・・・が、コンセプトが「原点回帰」の上に発売前の宣伝コピーが「クリスタル、再び」だったがために、そのクリスタルの登場が終盤であることや、それ故にクリスタルの存在が前提の冒険ではいこと、ジョブチェンジシステムい等の理由で、本作でのクリスタルが予想と違う扱い方をしている点について不満を持つ古参ファンが一定数現れることとなったという。(本作のクリスタル自体は設定上重要な位置付けをされており、雑ではなく寧ろプレミアムな扱いをされているのは変わりない)

発売から10周年を記念する2010年にはPlayStation Storeゲームアーカイブスにて配信が開始。
2016年2月10日からはiOS版とAndroid版、4月14日からWindows版の配信が開始された。
2017年9月19日にはPS4版が登場。2019年2月14日にはNintendo Switch版とXbox One版も登場。
2016年以降の同タイトルリマスター版となっている。

各リマスター版の特徴

いずれも定価2500円。新要素としてトロフィームービーシアター(※要クリア)が実装
ロード時間が大幅に短縮され、戦闘開始時のカメラ旋回をカットすることが可。下記の高速モードを併用するとで更に素戦闘ができる。

ブースト機が新たに加えられ、「オート戦闘モード」の他に「トランスゲージMAX」「ダメージ9999固定」「高速モード(移動速度イベント&ムービーシーンの高速化)」「エンカウントし」をポーズ画面(PAUSE)から選択できる。こちらは後で取り消しが可
また、コンフォグ画面から「アビリティマスター」「レベル魔石MAX」「ギルMAX」を選ぶことができるが、こっちは一度選ぶと取り消しができないので注意。


以下、各ハードの違い。

販売状況

しかしCM広告まで打ったにも関わらず、内・海外共に前作8よりも売り上げを落としてしまった。これは

などが原因とされている。

アルティマニアについて

上記の通り、当時本作は攻略本アルティマニア)の発売をする予定がなかったという現代においては異例の処置が下されていた。これはプロデューサー坂口氏の意向によるものである。
攻略サイト版・書籍版アルティマニアの序文に坂口氏は「攻略記事や攻略本を見ながらプレイするのではなく、自分自身でゲームを進めた時に感じる驚きや、友だちとそのゲームについて情報交換し合う楽しみを味わってほしい」という意図があったことが書かれている。
その為か、本作の内容も随所にプレイヤーの各々の想像に委ねる展開、メタファー(暗喩)がさりげなく盛り込まれており、作品を通して絵本のようなコミカルで可らしく癒される世界観とは裏に、プレイすればするほど「答え」を探し出せる作りになっている。

あのラスボス、あのキャラの消息、終盤に出てくるクリスタル・・・それぞれのものの配置、キャラクターたちの台詞意味深な役割を持っていて、プレイヤーに想像を掻き立たせている。
本作のテーマである「原点回帰」にすら多様な捉え方がある。物語クリアした後、どんなものや人が【原点】に【回帰】したのか考えるもの面いだろう。
一方、未開だった情報ゲーム攻略における隠し要素も然りで、手持ちに何も用意していままクリの人にはあまり良い印は持たれていないが・・・

また、IX以降再び初期シリーズ(の世界観)を意識したナンバリング作品は現れなかったが、DSFF3FF4を経て外伝ではあるが光の4戦士とその後継作品のブレイブリーデフォルトが初期FFにおける王道ファンタジーの復古かつ遺伝子を受け継いでいる。

何にせよ、FF9のCM中に現れる見つからないものを、見つけるために。という題は、それを丸々意味していたのかもしれない。

イントロダクション

何気ない流れの中で人は生きる。
不安を抱き、疑問を抱き、悲しみを抱きながら。

そして、人はなにかをめようとする。

彼等がそうであったように。

ジタンは自分の守るべきものを。
ビビは自分の存在を。
ガーネットは自分らしさを。

がすべてを覆い尽くすこの世界で、彼等は自分なりの「答え」を探しめた。
ある時は戦い、ある時は手をとりあうことで。

その「答え」は何だったのか。
彼等はそこに何かを見いだすことができたのか。

それは、この物語を紐解けばわかるかもしれない…

パッケージ裏面より

スタッフ

主要登場人物

敵役

世界設定

大陸
""によって覆われた大陸。この世界(ガイア)で最も発達した文明が存在する。この大陸以外は未開の地であり、あまり詳しいことは分かっていない。低地にむ""は特有の魔物を生み出すとも、心身に異常を及ぼすとも言われている。そのため一部の種族を除いて人々はの届かない高地に暮らしている。大陸を横断するアーブス山脈によってアレクサンドリア領、リンドブルム領、ブルメシア領に分かれる。
アレクサンドリア王国
ブラネ女王が治める女性兵士で構成されるベアトリクス隊と男性兵のプルート隊、ブラネ戦艦を配備する上艦隊を擁する。伝統的に女性優位の気があり、アレクサンドリアの男はだらしないと町人も嘆く。女王に向けられる民の信頼は厚いが近頃では不穏な噂が囁かれ始めている。
リンドブルム
シド大公が治める技術大。先代大公の発明した機関を利用した飛空艇団を率いてアレクサンドリアとブルメシア戦争に介入しこれを定。その圧倒的な軍事でそれまで争いの絶えなかった大陸から戦争をなくした(飛空艇革命)。巨大な広大下町を持ち、劇場区、工場区、商業区に分けられたそれぞれをエアキャブが繋ぐ。冒険王の異名を持つシド一世によって建された。狩猟民族ルーツとし、その名残として狩猟祭が今に伝わる。
ブルメシア
ネズミ族が暮らす一騎当千と言われる竜騎士たちをとする。飛空艇革命以降リンドブルムとは友好関係にあるが閉鎖的で古い体質を持ち、機関などの機械技術を持たない。
4つの宝珠
元はひとつの石で500年前の召喚実験に用いられたが実験は失敗し、石は分割され一つはアレクサンドリア、一つはリンドブルム、一つはブルメシアに(現在はクレイラに)保管される。さらにもう一つが召喚士一族に渡されたが現在では伝説上でしか彼等の存在は知られていない。

システム

通常時の操作方法説明はこちらexitPC版こちらexit
カードは対戦できる相手がの前にいる場合に選択可モグオ(セーブ&テント)はワールドマップにいる場合にしか呼び出せない。

バトル

戦闘中の基本的な操作(オリジナル版のコントローラーを基準にしています)

コマンド 行方 備考
たたかう 初期画面から決定する 装備している武器で攻撃する
固有コマンド      〃 「特技」「技」「黒魔法」などキャラごとに配置されたアクションアビリティを使用する
アイテム      〃 所持しているアイテムを使用する
ぼうぎょ 初期画面で十字キーの右を押す 次の行動を入するまでダメージを軽減
チェンジ 初期画面で十字キーの左を押す 前衛or後衛に切り替え被ダメージと与ダメージを調整
逃げる L1とR1を同時に押し続ける 戦闘から逃げ出す
ターン交代 初期画面でを押す
スマホ版キャラの名前を押す)
現操作キャラATB量を保持したまま他のATBが溜まっているキャラに操作を移す
魔法の全体化 魔法名選択後にL1またはR1
スマホ版:専用アイコンを押す)
敵か味方の全体に効果を及ばせる(予め単体と全体が固定になっている魔法もある)
ヘルプメニュー セレクトボタン
スマホ版:専用アイコンPS4タッチパッドを押す)
カーソルを合わせたコマンドの詳細を見る(バトル以外でも活用


FF伝統のATBアクティブタイムバトルシステムを採用。従来と同じく各行動のモーション中にも時間が止まらずATBゲージが溜まり続けるため、長時間モーションの技が頻出する終盤の戦闘ではスピーディーさに欠けているというもある。またこの仕様を利用したいつでもリジェネといつでもヘイストの併用はバランスブレイカーに挙げられるほど非常に強

ATBゲージの他にトランスゲージが用意され、敵の攻撃を受けると蓄積される。ゲージが貯まるとトランスが発動し、数ターンの間キャラクターが強化される。トランス戦闘終了毎に解除されるため、次戦への持ち越しは出来ない。 → 役に立っトランス

また、本作では心身に異常をもたらす""世界構造の重要な設定に位置しているためか、ステータス異常バリエーションが多く、エスナや万能薬で治療できないものも存在する。
そのため、次で紹介するアビリティ状態異常を防ぐ「サポートアビリティ」は特に有用で、これを駆使することで危機を未然に防ぐだけでなく敵によっては攻撃パターンを封殺することができる。
ステータス異常の種類と治し方はこちらを参照されたい。exit

アビリティ

魔石を消費して戦闘中に補助効果を得る装備タイプサポートアビリティ戦闘中に各キャラの特技、黒魔法、技などのコマンドから選択して繰り出すタイプアクションアビリティ大分される。

モグタロー
 『装備品には、それを作った者の念が込められていて、あんたらの秘められた特殊を引き出してくれるんだ』
 『その念とあんたらの資質が共鳴したときに 秘められたが開するわけさ』


アビリティは装備品に付属しており対応するアイテムを装備することで使用可となる。
最初はその装備を外すと該当のアビリティは使えなくなるが、装備した状態で戦闘後に獲得するアビリティポイント(AP)を各キャラごとに決められた数だけ貯めるとそのアビリティマスターすることが出来る。マスターしたアビリティは装備を外しても使うことが出来る。
装備に付属するアビリティマスターするまでに必要なAP総数は、装備画面でカーソルを装備アイテムに合わせた時に右下に表示される。ヘルプメニューを表示することで効果の詳細を読める。(文字灰色になっているアビリティはそのキャラでは取得できないアビリティ


例①:アクションアビリティ
ジタンの装備「ダガー」にカーソルを合わせると「とんずら」が付属しており、マスターするまでの必要AP総数は40であることが確認できる。戦闘をすることで必要数まで集め切るとリザルト画面でマスター了の告知として「とんずら」の文字が表示される。その後に装備画面で確認するとアビリティ名の横の数字が書かれていた場所に三ツマークマスターした)が表示される。
アクションアビリティ戦闘中に技として使える。魔法メニュー画面でも使用することができる。

例②:サポートアビリティ
ジタンの装備「皮のリスト」にカーソルを合わせると「ビーストキラー」「ブリザト」が付属していることが確認できる。
ジタンは「ビーストキラー」の取得が可で、マスター了までの必要AP30に定められている。アクションアビリティと同じく戦闘で必要総数まで貯め切るとマスターし、装備品を外した後も利用できる。
サポートアビリティメニューアビリティ画面の「そうび」で装備できる。要されるコスト数に影する魔石の最大数はレベルアップで増えていく。

アイテム

FF7, FF8と減少傾向にあった装備品のスロットが復活。武器、頭、身体、腕、アクセサリにそれぞれアイテムを装備することができる。
本作のキャラクターごとの攻撃や防御といったパラメータ―は装備品の依存度が高い。装備品だけではなく他のアイテム戦闘において重要な要素になる。上に書かれているように、本作は状態異常の種類が多いので、該当する治療アイテムをこまめに補給をしておかないといざという時で窮地に立たされる場合がある。
このため、や村を訪れた際にギルお金)をケチったり装備の付け替えとアビリティ取得を怠ると攻略難度が上がる。(本作で低レベルクリアが可な要因でもある。)

また、合成屋ではギルと所定のアイテムを消費して新たなアイテムを手に入れることができる。このため安易に不要になったアイテムを売ると後悔することがある。

装備品の中でも「武器」に分類されるものは特殊な効果を敵に与える特性を"秘めている"ものがあり、サポートアビリティ追加効果発動」を装備することで引き出すことができる。("秘められている"ものだけが対であり、そのまま「たたかう」で武器を振るうだけで効果を発揮するものもある)

アビリティ同様、ヘルプメニューを表示することで装備・アイテムの詳細を知ることが出来るので攻略する場所によって上手く使い分けていくのがいいだろう。

ATE

個性豊かすぎるキャラクター達のバックボーンを掘り下げるFF9独自のイベント展開形態。本編を進行する操作キャラクターのいるところとは別の場所で起きている物事を垣間見れる。
通常だとプレイヤーの任意で見ることができるが、本編進行の一環として挟まれるものもある。
ATE内でどの選択肢を選ぶかによって後で見れるATEや、その内容が変化することがあり、挿入されるタイミングは多岐に渡る。

ミニゲーム

FF9には豊富なミニゲームが用意されているが中でも深度のある2つのミニゲームを取り上げる。

クアッドミスト(カードゲーム)

本作の舞台ガイア」で世界中で流行している遊び。後にオンラインゲームテトラマスター」としてFF11に同梱された。

自分()の持っているカードから六枚を選び、敵()のカード六枚と戦わせることで展開していく。
マーク矢印が向き合うとバトルが発生し、カードに書かれた英数字の差で勝敗が決まる。
勝つとその敵カードが自分の営のカードにできるだけでなく、他の矢印が他の敵カードしていると連鎖的に営を広めることが可。ただし逆も起こるので矢印の向きや数字の攻守に気を付けながら戦う必要がある。
全てフィールドカードを出し切った時に自営の色のカードが多い方が勝ちとなる。

カードに書かれている4つの英数字の詳細はこちらを参照。exit

・・・覚えるのがめんどくさい?そんな時はフィールド中央に矢印の多い雑魚カード適当ゴブリンなどでも)を置き、そこに入れ食い状態で群がる敵を、適度に数字があり適度に矢印の多いカードいていけば、それなりの確立で勝てる。敵のカードが強すぎる場合は敵ににされた雑魚カードを攻撃し矢印を介してにすることで巻き返せる(これは公式で紹介されている攻略方法である)

チョコボ関連

音楽

植松伸夫スクウェア在籍時代に全曲作曲した最後のFFナンバリング作品である。曲数も4枚組「オリジナルサウンドトラック」の他に、入りきらなかった楽曲(ムービー用楽曲)と未発表テイクを収録した「オリジナルサウンドトラック プラス」が発売されるというシリーズでも有数のボリュームを誇る。

バリエーション豊かなジャンルの楽曲が使われているが、制作当初は古楽テーマに掲げられており、「いつか帰るところ」やそのアレンジ曲等、一部楽曲にはその名残が伺える。

原点回帰作ということもありバトル曲でのお染みのイントロファンファーレの後半メロディが復活。他にも「グル火山」、「パンデモニウム」、「ドーガとウネ」、「ルーファウス歓迎式典」といった過去作のアレンジ曲も登場する。

主題曲

Ancient Music version of FU-RU-SA-TO』とは「いつか帰るところ」を含むそのアレンジ楽曲群をす。オリジナルヴァージョンの「FU-RU-SA-TO」についてはゲーム中で使われておらず、北で発売されたサントラ「Final Fantasy IX: Uematsu's Best Selection」にのみ収録されている。

また、元々のメインテーマは『Melodies Of Life』のアレンジ曲だが、これもゲーム中では使われず『Main』というタイトルで「オリジナルサウンドトラック プラス」に収録されている。

題歌を歌った白鳥美子氏はこの作品で縁があってか、アルバムCROSS MY HEART」でファイナルファンタジー伝統のメインテーマ曲歌詞を付けた「Message~」を歌い上げている。同CDではFFとは別に「Forget me not わすれな草伝説」で植松氏と再びコラボしている。
他に、FF7エアリスのテーマアレンジ曲の歌詞を担当した。

関連動画

公式CM・プロモーション映像、デモ画面

BGM集

実況動画

フリースタイルプレイ

解説・考察(※ネタバレ注意)

関連商品

関連静画

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク

ファイナルファンタジー本編リンク
- I - II - III - IV - V - VI - VII - VIII - IX - X - XI - XII - XIII - XIV - XV -

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/22(木) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/22(木) 03:00

ポータルサイトリンク

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP