ギミック!単語

ギミック

1.8千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ギミック!(Gimmick!)とは、1992年サン電子サンソフト)より発売したファミリーコンピューターゲームである。

概要

ほんわかした世界観とかわいい主人公ウリアクションゲームオープニング画面で登場する女の子が凄く可愛い
敵は、おはぎヒヨコ、などこれまた可愛いキャラクターばかりである。

しかし、そのほんわかした世界観とは逆に難易度が尋常ではなく、遊ぶ者をさせる。
キャラクターの可さに騙されるともれなく痛いを見ること受け合い。

ごたえがあるゲームめている人にオススメの一品。
その計算しつくされたゲーム構造にはカービィでお染みの桜井政博も絶賛したほど。

特筆すべくは坂における加減計算の導入であり、坂を下る(何もしない)と強制的に歩行速度急上昇する……つまり、すっごい滑る。逆に登る時は歩行が重たくなる。
そんなただでさえ厄介な坂加減だが、これで滑って勢いがつくことを利用する、といったプレイスキルも要される。

またジャンプの慣性は同社発売のアトランチスの謎に似ており、独特の操作感を要される。

ギミック!(Gimmick!)、というタイトルの意味通りステージ内のトラップや敵の配置もいやらしいものになっていて、その雰囲気とは全然合わない鬼畜さに、数多くのゲーマー達は膝をついた。

ファミコン晩年の発売であったため当時は大きく売れることはなかったが、2000年代以降となりプレミアがつき、2022年現在では9万円前後を相場に取引されるほどとなっている。

ストーリー

ぬいぐるみそっくりの別世界からやってきた「ゆめたろー」は女の子にやって来ました。

女の子ゆめたろーを気に入り大喜び!

しかし、女の子は別のぬいぐるみ達にさらわれてしまうことになります。

ゆめたろー事に女の子を助けだすことができるか…。

スタッフ

酒井が作品の大部分を決定し、制作している。各スタッフ酒井希望で集められ、中には当時既に退社していたサウンドプログラマー諸田の名前もある。

当時のサンソフトの技術のやこだわりを注ぎ込み、この作品は作られているのである。

サウンド

酒井導のもと、サウンド面においてもサンソフトオールスターともいうべきサウンドスタッフが集められた。

サウンドプログラマーとして諸田直久が呼び戻された。彼はアルバイト社員でありながら、サンソフトサウンドプログラムの根幹を担ったと言っても過言ではない存在だった。彼は1990年に退社済みであったが、理を言って来てもらったという。また、作曲影山が担当。影山サンソフト作曲を重ねるうちに「本当に必要な音」がわかるようになったといい、本作はその「集大成」と位置づけられている。

ファミコン後期のサンソフトでは、その品質もさることながら、DPCMを用いたベースなどによる特徴的なサウンドBGMに採用しているのだが、ギミック!では更に拡Sunsoft5B」を搭載。これはサンソフトの数あるファミコンソフトの中でも一である。これは影山コード感を再現するために、プログラマーである酒井がたっての希望で導入した。

この拡によって発音できるようになった6和音DPCM三角波を数えて7和音)をフル活用したトラックは多くの評価を得ている。

ピコカキコ

3006
ギミック! HAPPY BIRTHDAY

ギミック! EXACT☆MIX

2020年12月28日より、アーケード筐体exA-Arcadia」において「ギミック! EXACTMIX提供・稼働開始。

フルHDで16bitリマスターされており、タイムアタックなどの新モードなども追加。オリジナル版とフルHD版を切り替えることもできる。BGM並木学によってFM音源アレンジされており、美麗サウンドを楽しむことができる。

関連動画

関連項目

関連リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/25(日) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/25(日) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP