今注目のニュース
「管理職に誰でもできる業務をさせる」のはパワハラ? 厚労省の指針案まとまる
妹の荷物が、Amazonによって『大変な状況』に! 「これはひどい」「爆笑した」
アニメ「俺好き」第8話、嫉妬してツンデレになったサザンカが「無限に可愛い」と話題に

タルモゴイフ単語

タルモゴイフ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(127)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

タルモゴイフとはトレーディングカードゲームマジック:ザ・ギャザリング』 に登場するカードである。そしてネタレアからチャンスを掴み、トップレアの座に駆け上がったクリーチャーである。

概要

Tarmogoyf / タルモゴイフ (1)()

クリーチャールアゴイフ(Lhurgoyf)
タルモゴイフのパワーは、すべての墓地にあるカードカードタイプの数に等しく、タフネスはその点数に1を加えた点数に等しい。

*/1+*

カードタイプとはクリーチャー・エンチャントアーティファクト・土地・インスタント・ソーサリー・部族・プレインズウォーカーの8種類である。

概要とよたばなし

圧倒的な性からモダンレガシーヴィンテージと広く活躍するクリーチャーである。特別な事情がない限り、クリーチャーデッキなら入っていると考えていいレベルで使われており、これのためだけにが使えるようになっている構成のデッキもそれほどしくない。

圧倒的な性と強な汎用性のため、数多くの人が糸目をつけずに買いあさり現在では1万円で1枚買えない価格で取り扱われている。(2014年4月時点でついに2万円の大台に乗った。ふざけんな。

Foilだとその価格は一気に跳ね上がり、2013年6月に行われたグランプリ・ラスベガス[1]ではFoilのタルモゴイフを引いたプレイヤーが即座に大会を棄権してお持ち帰りしたほどである。[2][3]

また、2015年グランプリ・ラスベガストップ8による決勝ドラフトでは、タルモゴイフのFoilを引いてしまい、自分のデッキでは使うことのできないタルモをピックしたプレイヤー話題になった[4]。大きなトーナメントドラフトなどで使われるカードは不正防止のためのスタンプが押されており、“不正防止のスタンプが押されたタルモゴイフのプレミアムカード”となると世界に1枚しかないと言ってもいい重品である。このタルモはネットオークションで180万円で落札され、その半額は寄付された。

なお、登場当初は500円もしないワンコインネタカードとして扱われており、これを書いた編集者700円で売られていたタルモゴイフを見て、「正直ネタカード700円はぼっただろ常識的に考えて…」とスルーした。今は死ぬほど後悔している。

圧倒的な性能って?

かるくてでかい

マナコストが(1)()だけなので序盤から使うことができ、ゲームが進行するにつれて勝手にでかくなる。同じタイミングで出てくる他のクリーチャーに大きさが劣ることは滅多になく、いつも1歩リードしているのが常である。序盤にうまく引くことができなくても、それはそれで終盤にふさわしい十分に大きな状態で出せるため、まったく問題がない。

さらに全ての墓地を参照しているので、この手のクリーチャーにありがちな「自分の墓地を消されたとたん巻き添えで死亡」ということが起きない。全プレイヤー墓地を消されてもタフネスが0にならないのですぐに復帰できる。これは墓地カードくてもとりあえず出しておけることも意味している。

棋士佐藤紳哉の言葉を借りるなら「タルモ?強いよねえ。序盤、中盤、終盤、隙がないと思うよ。」といったところである。

あれっ?でも冒頭じゃ「ネタレアからチャンスをつかみ…」って…

8種類のカードタイプがあるのでタルモゴイフは最大8/9まで育つわけだが、これらは全てのデッキに均等に入っているわけでもなければ、同じ頻度で墓地に置かれるわけでもない。つまり、墓地カードが置かれる頻度と種類によってはいつまでたっても均以下のボンクラに成り下がるのである。

タルモゴイフがはじめて収録されたのは「未来予知」というエキスパンションである。当時は、

という状況であった。

これを基に考えると、

最大6/7まで強化できるが、ゲームの序盤は1/2~2/3、ほとんどのゲームでは終盤でも3/4、運がよければ4/5とか5/6とかになるかもね。というところである。2マナパワーとタフネスが変わるだけのクリーチャーとしては2流の性である。

さらに「プレインズウォーカー」というカードタイプネタカード感を増量させてしまっていた。当時のプレインズウォーカーはあまりの強キャラ設定のせいでカード化できず、「未来予知」が含まれる「時のらせん」ブロックにはあの手この手でなんとかプレインズウォーカーの設定をかわしながらカード化したキャラクターが多数収録されていた。[5]つまり、プレインズウォーカー未来永劫収録されないカードタイプ、「6色ピンクマナ登場!」というものと同類だと思われ、真剣にタルモゴイフの性を検討する人が減る結果となった。

だが、

と、すぐに弱い要素が消滅してしまった。

もっとも、2番、3番おまけであり「実はMTGというゲームは、その気になればすぐ土地を墓地に置ける。」という事実が重要であった。

最大6/7まで強化できるが、ゲームの序盤は2/3~3/4、ほとんどのゲームでは終盤でも4/5、運がよければ5/6とか6/7とかになるかもね。というカードは、2マナパワーとタフネスが変わるだけのクリーチャーとしては1流の性である。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *グランプリは販売・開発元であるWizards of the Coast社が催する大大会の1種である。グランプリは勝ち進むとかなり高額の賞が出るが、グランプリ・ラスベガスは使用したルールの関係で参加するだけで元がとれたため、参加者数は前代未聞の4500人となった。
  2. *この大会は初日がシールド戦(6パックを剥いて、そのカードから即デッキを作り対戦する。)なのだが、不正防止のため中身を記録用に記入後、別の人が剥いたパックを受け取る。大会参加を続行するとFoilのタルモゴイフはかの元へと立ち、そして帰ってこない。
  3. *この時点でFoilのタルモゴイフは5万円以上で取引されていた。大会参加を続行した場合、世界中から集まった強たちを蹴散らし2日に残り、ホテル代を自で支払い2日でも好成績を残して賞圏内(おおよそTOP32程度)に入らないと大損となる。
  4. *ドラフトとは、その場でパックを開けて1枚をピックし、残りを左の人に渡し右の人から周ってきたカードから1枚を選び……といった方法でデッキを組むフォーマットである。当然、自分がピックしなかったカードは手に入らない。詳しくは → ドラフト(TCG)
  5. *別時から来た一般魔道士時代の姿、だとかプレインズウォーカープレインズウォーカーである前提みたいなもん)を失って一般魔道士になった時点の姿、だとか。思わず「無茶しやがって…」と言いたくなるような設定付けをしていた。

掲示板

  • 125ななしのよっしん

    2019/07/02(火) 20:23:39 ID: 6xR7gGQvHA

    この子が時代に取り残されつつあるのがモダン

  • 126ななしのよっしん

    2019/07/31(水) 08:13:17 ID: lFt/hLli8T

    シフト先の未来では実は大して強くない説

  • 127ななしのよっしん

    2019/10/19(土) 08:50:14 ID: dM8bkL7Mve

    コアトルで止まったり頭蓋殴られたりするし
    後ひと押しとか喪心みたいなタルモ1発で殺せる除去が増え過ぎたからね

急上昇ワード

最終更新:2019/11/21(木) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/21(木) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP