今注目のニュース
京アニ事件の報道めぐり、精神疾患への偏見助長を危惧 NPOがコメント
鎌倉で問題視される食べ歩き 一茂・ちさ子は「徹底的に禁止すべき」と大反対
宮迫・田村亮の記者会見に応援の声が殺到 陣内智則「偽りのない会見」

ドーモ。○○○=サン。×××です単語

アイサツノマッポー

掲示板をみる(148)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

人影はニンジャスレイヤーに向かってオジギをした。「ドーモ。ニンジャスレイヤー=サン。ダークニンジャです」「ドーモ。ダークニンジャ=サン。ニンジャスレイヤーです」オジギ終了から0.02ニンジャスレイヤーは跳んだ。後悔は死んでからすればよい。今はの前の敵を倒さねばならない!

第一部・ネオサイタマ炎上 「メナスオブダークニンジャ」より

概要

twitter上にて連載中のサイバーパンクアクション小説ニンジャスレイヤー』における、宣戦布告めいたアイサツの言葉。オジギと共に口にされ、ニンジャのイクサには欠かすことの出来ない絶対の礼儀作法として描かれている。

一方が「ドーモ、(相手の名前)=サン、(自分の名前)です」とオジギした場合、 された方も「ドーモ、(相手の名前)=サン、(自分の名前)です」と返さなくてはならない。

ニンジャスレイヤーWikiより抜

例え相手がロボニンジャであっても変態フィーヒヒヒであっても強敵であっても、対面した際のオジギとアイサツは不可欠であり、これらが済む前に攻撃を仕掛けることはスゴイ・シツレイにあたる。しかし、アイサツ前のアンブッシュ(不意打ち攻撃)が一度だけ認められ、これで死亡するようなニンジャは未熟であり、イクサに参加する資格すらないということになる。

古事記にも記されている通り実際ゆかしい作法であり、ニンジャによる襲撃や、ニンジャ同士のイクサ等の緊迫したシーンでは必ずこのアイサツが行われ、ファイアカバー・カッティングめいた効果をあげている。サツバツ!

メタ的な視点では各キャラクターアイサツで名乗り合うことで、お互いの呼び名を知りやすくなるという点が挙げられる。ナレーターも解説しやすく、ほとんど活躍がないモブニンジャであっても読者の印に残りやすい。実際便利な。

なお、この掟はニンジャにとっての掟であり、ニンジャではない者には全く関係ない。よって、ニンジャアイサツしている僅かな隙を突くことで攻撃に成功した非ニンジャ若干ながら存在する(とはいえ冒頭のニンジャスレイヤーダークニンジャアイサツを見るように、そもそもニンジャアイサツは非ニンジャが容易に捉えられるようなものではないが)

また一度きりのアンブッシュが許されることについては、掟が作られた当時にアンブッシュを得意とするコブラニンジャが自分達の特技を奪われてしまうことをニンジャ大将カツワンソーに訴え、特別に許可されたものとされている。慈悲はあった。

関連項目

掲示板

  • 146ななしのよっしん

    2019/02/17(日) 11:28:12 ID: JUXjTwCk8H

    >>145
    ニンジャ「ド…ドーモ、ヤクザ天狗=サン。○○で…」
    天狗「ザッケンコラー!」

    狂人には当てはまらない

  • 147ななしのよっしん

    2019/02/23(土) 08:47:55 ID: nQCG+77gZd

    これってホントすごい発明だよなー
    敵が自分のべらべら喋る不自然もなく自己紹介できる
    よくこんなの考えたよ

  • 148ななしのよっしん

    2019/06/20(木) 21:55:18 ID: /scMelCrSo

    >>146

    第一話で「イクサに臨むニンジャにとって、アイサツは不可侵の行為」とある。
    言い換えれば、非ニンジャには関わり合いのない話。
    狂人かどうかは問題ではなく、ヤクザ天狗ニンジャではないからという一点に尽る。

急上昇ワード

最終更新:2019/07/21(日) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/21(日) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP