サイタマ単語

サイタマ

3.0千文字の記事
掲示板をみる(490)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(15)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

趣味ヒーローやってる者だ

サイタマとは、ONEによるWeb漫画作品「ワンパンマン」の主人公である。ヒーローネームは【ハゲマント】。

概要

元は無職就職活動に失敗し絶望していた若者だったが、面接落選の帰りに突如現れた怪人(カニランテ)を倒して「アゴ割れガキ」を救ったことをキッカケに、子供の頃にだったヒーローになることを決意。3年間の血の滲むようなトレーニングの末、と引き換えにほとんどの敵を一撃(ワンパン)できる最強を得た。

しかし、その内容は「腕立て100回、腹筋100回、スクワット100回、ランニング10km、そしてエアコンを使わないで過ごす」というジェノスく「一般的な筋トレーニングで大してきつくもない」というもの。本人はこれで強くなったと思い込んでいたため、つまるところ何故強くなったのかは本人でさえ不明である。
もっとも怪文字通り血が滲もうとも、病気になろうとも、怪人が出ようともトレーニングは続けていたためか、それで強くなれたことに自信を持っており、ジェノス摘された後も「強さの秘トレーニング」というのは変わらず、他人を諭すときにも「自分で強くなれ」といった旨を話している。

当初は趣味ヒーロー活動していたが、ある日自分の知名度が全くないことに気づき、ヒーロー協会とランクシステムジェノスから知り登録する。身体では記録を大幅更新するも、筆記テストが壊滅的でランクは最底辺のC級最下位388位から始まる。その後はイカサマ等を疑われつつも順調に昇進し現在はA級まで昇格している。 

頭髪を失った事と異次元の強さの明確な因果関係は解明されておらずそれとなく描写されている程度だが、本人は「ハゲるほど努した」ためと言っている。人間離れした強さを持ちはじめた頃のエピソードで側頭部に10円ハゲが確認出来る。本人はハゲを非常に気にしており、どうにかして頭髪を復活できないかと日々様々な努をしているが結果はごらんの通りである。

題名の「ワンパンマン」とは彼のことだが、作中では「サイタマ」「先生ジェノス)」ハゲなどと呼ばれている。

性格

性格はいい加減で、人の名前を間違えて覚える、人の話をだらけた態度で聞く、長い話は理解できない真剣な場でもお茶を要するなど不行動立つ。知的さをうかがえる要素は少なく、むしろ就活や協会の筆記試験など頭の悪さを示すほうが多い。しかし(半ば強引に)子入りしてきたジェノスや、負けを知りながら怪人に立ち向かったライダーなどに対しては心配したり援を送るなど、思いやりの心はちゃんと持っている。

ヒーロー活動は趣味」「自分が好きでやっている」と言いり、他人から聞かれた時もみなくそう答えるため、表面的にはヒーローには見えない。大抵の人間にはヒーローらしくないと思われ、ガロウに至っては「そんなのヒーローじゃない!」とまで言われる。しかし、趣味でやっているからこそ一切の妥協がなく、自分の手柄が横取りされたり、インチキ扱いされてもほとんど気にしないし、人からの罵倒に対して傷つくこともない。それどころか他のヒーローを立てるために自ら悪者になるなどの行為を迷いなくする。
そして時に"ヒーロー"について自分なりの価値観を話すこともあり、実際のヒーロー活動と合わせて彼なりの"ヒーロー像"が垣間見える。

日常的にS級ヒーローでも手を焼くであろうレベル怪人ワンパンで倒しているが、基本的に協会へ報告しないので実際の活躍とヒーローランキングが乖離している。「正義感」に関しては非常に強く、手柄に興味く驕らない姿勢は彼を知る者達からかえって人望を集める結果につながっている。その後も異常すぎる強さゆえ活躍報告にイカサマの疑いを向けられるなどしており、サイタマ自身を知っている人間以外からは基本的にヒーロー扱いされていない。それどころか、たびたび犯罪者と間違われている。

技術的なことを要されるものや細かい事は苦手。スポーツ(球技など)はそもそも興味いとのこと。ゲームエキサイトして少しでもが入るとすぐにコントローラーが壊れてしまう。また、ファッションセンス絶望的に悪い。

戦闘能力

特殊などは一切なく、武器は己の体のみ。しかしその身体異常の一言。

ワンパンマンの名の通りほぼ全ての敵がワンパン。そして防御面に関しても特に何をしているわけでもないのに全ての攻撃が一切ダメージにならない。強いて言えばが損を受ける程度(の中は例外)。戦闘以外では、モスキートの配下のに刺されたような描写がある程度。おそらくサイタマがハゲた後に受けた最も大きな外傷は番外編ネコに引っかかれた傷である。一方で強くなりかけの頭髪があった頃はしょっちゅう血ダルマになっていた。

地球から人類を倒すために生まれた怪人、S級を倒すほどの強さを持つ海人族の王、液体ででき普通物理攻撃が通らない怪人、町一つが壊滅する隕石全てワンパンである。そのためワンパンを耐えただけ、あるいはサイタマの強さを察知するだけでも賞賛される。そもそもそんな敵がほとんどいないのだが。

ただし威の調整はできるようで、大抵の怪人文字通り木っ端微になるが、人間相手の場合は吹き飛んだりするだけでちゃんと生きているので、かなり器用に調整しているようだ。

一方で体術などは素人同然のようで、ガロく相手の攻撃は身体と反射神経だけでなんとかしているだけとのこと。最も彼にとってはなんの問題もないのだが。

ジャンプを飛んでいるのかと見まごうレベルで、村田版ではボロス戦にて面まではじき飛ばされた際に宇宙空間でも息を止めただけで問題く活動し、地球まで跳ね戻っている。

パンチ

普通パンチ。が、彼にかかれば災害レベル」以上の怪人ですら一撃粉砕してしまう。

連続普通のパンチ

上記のパンチを連発する。片手版、両手版の2つがある。威は察してください。

必殺マジシリーズ

マジ殴り

サイタマ本気の殴り。惑星の表面を消し飛ばす程と言われるボロスの「崩」を押し返し、その余波でそのまま致命傷を負わせるほどの威ボロスを絶命せしめており、すら変えてしまう変地異レベルパンチである。

マジちゃぶ台返し

岩盤に手を伸ばし、そのままひっくり返す。傍から見れば巨大ながいきなり現れたように見え、上に飛ばされた者は上下の感覚が狂う。

マジ反復横跳び

反復横跳びしながら通り抜けるだけだが相手には数に分身したように見え、発生した衝撃波だけで敵を倒す威がある。

マジ頭突き

ただの頭突きだが怪人化したガロウ(自称災害レベル)の体を粉々にする威


上記のようなチート染みた戦闘を持つので、対等な相手がいない飢餓感に悩まされており、敵と戦うときの高揚感などをくし、「人として大切なものをなくしているのではないか」と自分自身で考えるほど。それ故か戦闘に関してテンションが上がったり熱くなるような事がない。

周囲の人間でサイタマの強さを理解する人間は少ししかおらずSランクヒーローでもジェノス、バング、キングくらい。一般市民にはイカサマと疑われて嫌がらせを受けた程。しかし本人は気にしておらず、自分からをひけらかすこともないため、恐らく当分このままだろう。

関連動画

関連静画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 488ななしのよっしん

    2021/08/22(日) 17:07:11 ID: rFmmm6WTMU

    >>486
    メタ的な話で返すと、サイタマが全部やっちゃうとお話が全部終わっちゃうからだろうな・・・
    実際序盤はなんか怪人が出る→サイタマワンパンの即オチコマだった(それも面かったけど

    引き立てが高いのは、本人が手柄に執着せずかつ自分が思う"ヒーロー"になるためなら周りの評価なんて一切気にせず汚れ役を演じることのできる人柄だから
    だからそれを知る数少ない劇中のキャラ視聴者からすればかなりの聖人

  • 489削除しました

    削除しました ID: RmaMWKa7tF

    削除しました

  • 490ななしのよっしん

    2021/09/12(日) 17:52:38 ID: jdpKqelaj4

    人助けは当然として、ヒーローやっててしいと思う様は有名なスーパーヒーロー達も似たような悩みに直面してるから何もおかしいことではないよね

    強いと戦いたいと思うのもサイタマだけではなく他のS級ヒーロー達も思ってることだし…

頂上決戦 大百科グランプリ記事

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/26(日) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/26(日) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP