今注目のニュース
宮迫博之・田村亮が涙の会見、吉本興業への想い
我が子がADHDと診断され、自分もADHDであることがわかった母親(オーストラリア)
投票しても無効になる白票の行方

ポケットビスケッツ単語

ポケットビスケッツ

掲示板をみる(104)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ポケットビスケッツ (POCKET BISCUITS) とは、かつて活動していた音楽ユニットである。通称「ポケビ」。

概要

日本テレビ系バラエティウッチャンナンチャンのウリナリ!!」から誕生した(正確には前番組のウッチャンウリウリ!ナンチャンナリナリ!!時代の誕生だが、番組の歴史上同一番組扱いのケースが多い)音楽ユニット

メンバー

構成メンバーは「ウリナリ」の内村千秋・ウドの3人で、役柄が決められていた。

TERU内村テル
内村光良プロデューサーキーボード
CHIAKI(坂本千秋
千秋ボーカル
UDO(独活野大木
ウド鈴木ギターエレクトリックドラム)  

の3人。

TERUとUDOは当初演奏が出来ずエアバンド状態だったが、3人それぞれソロ曲を出す企画TERU弾き語り、UDOはクラシックギター独奏(後にボーカル付きバージョンも出来た)のCDリリース。以降は拙いながらも演奏する部分や独奏する部分も曲中に入れられていった。

また、当時としては最新技術に当たるモーションキャプチャーを用いたCGによるPV制作など、バラエティ番組のえた本格でもあり、「プロバンド活動がどのようなことをしているのか?」を子供たちに知らしめた功績は計り知れない。(実験的にソロ活動やボーカルチェンジを行う、というのは本格的なロックバンドでもよく行われることである)

視聴者層からファンの9割は小中学生だった(特に女児)と言われるが、売れると低年齢層へのシフトを行うグループが少なくない中、歌詞の内容はCHIAKIによる「大人恋愛」であったり「大人世界」について謡われたものがどで、決して子供向けとして子供だましのものを作ろう、という姿勢ではなかった。このため、成長してからめて歌詞の意味を知る、という人も多かったようである。

なお、番組企画で度々解散危機が訪れ、その多くは○万枚以上売れなければ、○位以内に入らなければ、○名の署名がければ、といった人戦術を必要とするものだったが、当時はネットショップもほぼかったことが幸いしてか、現在のような「大人買い」や「個人での常識外れの大量発注」という例はほぼかったらしく、純に買いたい人は買っていたが、買わない人は買わない、というスタンスであった。(実際、ブラビの場合、この企画が災いして事実上の解散となっている)

結成までの経緯

メインボーカル千秋はそもそも歌手志望でオーディション番組「ゴールド・ラッシュ!」(フジテレビ)で合格し芸デビューしたという経歴があり、どうしても歌手デビューをしたかった。
しかし、当初の番組導の企画アイドルユニットMckee」をデビューさせるという音楽企画の際、このメンバー選抜から千秋は漏れてしまう。そこで南原清隆お前らお前らでやっとけ」千秋メインのオマケユニットの結成を促し、内村光良「第2のマモー・ミモーを作ってやる!」と発言した。ちなみに、そのコントでミモーを演じたのは千秋ならぬ「ちはる」というアイドルであった。
このやりとりは番組スタッフ側も全く想定していなかったアドリブで生まれたものであり、「ついでにやっておこう」程度の存在で、番組のプッシュはほとんど受けていなかった。ポケビのライバル扱いでのデビューブラックビスケッツより扱いはかなり低かった。

しかし、同時発売でリリースされたMcKeeとポケビのシングル売り上げで、ポケビが勝利してしまうという予想外の結果となる。これをきっかけに番組側も本格的にポケビをメインとした企画に変更。この路線変更が功を奏し、「ウリナリ」の番組視聴率も急上昇して、一躍人気番組の仲間入りを果たすこととなる。

ミリオンヒットも生み出し、さらに番組内における対抗ユニットブラックビスケッツとともに紅白歌合戦にも出場(1998年)。企画元の「ウリナリ」とともに高い人気を獲得した。「ウリナリ」は、1970年代後半~1980年代まれの世代に流行っていた番組のため、「80年代生まれホイホイ」などと呼ばれることも。

なお、代表作となる『YELLOW YELLOW HAPPY』は作曲者のパッパラー河合の所属する爆風スランプにおいてセルフカバーされているほか、ポケビ再結成こそわなかったものの、2015年千秋が単独で出演した『水曜歌謡祭』においてミリオンセラー特集が行われた際にこの曲を披露している。復活については「ウッチャン次第」とのことである。

発表シングル・アルバム

ちなみに、最初の頃は曲の一部に色が入った。

関連動画

 

関連商品

関連項目

掲示板

  • 102ななしのよっしん

    2018/08/30(木) 18:54:38 ID: 5U449qbkgQ

    ポケビブラビにしろ、野猿にしろ、企画モノだからこそ「その時分に全で事に当たれる」ってのはあったと思う。
    でもって、当時はテレビ番組が最後の煌めきを放ったとも言える時期。
    そんな時期にガチ企画が来たら応援しないわけにいかんでしょ

    カラオケ行くことも少なくなったが、行ったら歌う曲ではあるな。

  • 103ななしのよっしん

    2018/08/30(木) 19:00:40 ID: XCM9adYWkz

    そうか、今の若い子は千秋といえばポケビじゃなくてドラミの人になるのか

  • 104ななしのよっしん

    2018/09/01(土) 12:02:59 ID: KUsAaZZVJe

    ポケビの活動は2000年までだとすると
    当時にポケビの署名活動をやってた小学生が8~12歳くらいだとして
    今は20代後半くらいになってるね

急上昇ワード

最終更新:2019/07/20(土) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/20(土) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP