名古屋走り単語

ナゴヤバシリ

  • 7
  • 0
掲示板をみる(234)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

名古屋走り(なごやばしり)とは、愛知県名古屋市やその周辺地域で見受けられる、危険運転の通称である。 

概要

愛知県名古屋市やその周辺地域で見受けられる危険運転の総称であり、以下にあげる特徴がある。

 信号無視

信号では交差点にためらうことなく進入し、信号では変わった直後であれば交差点に進入しているが多い。概ね交差している線の信号機信号に変わるまでは交差点に進入しているがある。ちなみに、信号から信号に切り替わる場合に信号視をする(いわゆる「見切り発進」)は少ない。
度胸が足らず交差点進入を断念して停止線をえて横断歩道上、あるいは横断歩道の先で停止する場合もあるタクシーバス然とやってのける)。 これも道路交通法上では信号視である。

速度超過

幅が広く線数の多い道路が多いため、速度過をするが多い。ただし、速度過をしている信号にひっかかりやすいように信号機タイミングが調整されているため、頻繁に停止させられる事も多い。また、他のに追い抜かれた場合は抜き返す場合が多いなど、1台でも高速走行をしていると周りのも高速走行になっていく場合がある。

車線変更

複数線がある道路での線変更時に方向示器にて表示を行わないや、表示を行ったとしても一で終わってしまったり、表示した時にはすでに線変更を開始しているが多い。また、1台分の距離でもいていれば線変更を行うなど、理な線変更が多い。

走行帯区分無視

交差点の右折線側を使って直進するがおり、特に信号に切り替わった直後の停止したを避けて交差点に進入するため、いている右折線を利用するが多い。

右折割り込み

右折線が渋滞している場合に、いている直進線側から交差点に侵入し、列の先頭に割り込んで右折しようとするがある。なお、どの場合は先にいる右折線のに阻まれて右折できない事が多いため、右折割り込みをするは他の違反にべて圧倒的に少ない。

走行時の車間距離の狭隘

走行時の距離が概ね車両1台分以上いていると割り込まれる事が多い(車両1台分でもけている場合は割り込んで良いととられる事が多い)ため、距離を1台分以下にすることで割り込ませないようにするが多い。

統計との関連

以上の危険運転の話を裏付けるかのように、愛知県2012年平成24年)以降、交通事故件数・交通事故死傷者数ともに東京大阪を抜いて全ワースト1位になっており、現在進行形

ただし、愛知県は世帯当たりの自動車保有台数も全一なので、件数ではなく事故率で見ると全で10位程度を推移しており、見方によって愛知県が最悪であるかどうかは意見が分かれるところ。
しかしマスコミが「名古屋走り」と称してテレビで煽った事もあり、愛知県自動車の交通マナーが最も悪い地域と言うイメージが定着しつつあるのが現状である。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/12(月) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/12(月) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP