今注目のニュース
猫が本気を出すと凄い10の事
AIにポケモンを生成させてみた結果…
「しゃべくり007」に声優の宮野真守が出演決定 「神回確定」「画面がうるさくなる」

宇宙海兵隊ギガース単語

ウチュウカイヘイタイギガース

掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

宇宙海兵隊ギガース今野敏/著、深野洋一/イラストSF小説。たぶん。

講談社ノベルスより単行本を刊行中、現在5巻。講談社文庫より既刊3巻。

あらすじ

22世紀。人類が宇宙立ち、100年が過ぎた時代。木星圏にまでも恒久的拠点を築き、長き繁栄が約束されていた時代――

地球連合はほぼ強制的に木星圏へと移住を行い、資基地を開設した。そこでもたらされる大な資によって地球は更なる拡大を推し進めるはずだった。しかし木星圏は人類が生存するには過酷な場所に過ぎた。

木星圏、衛星カリスト周回軌地球に対し独立を宣言したジュピタリアンを鎮圧するために派遣された連合軍は、人類史上はじめての宇宙戦争を経験する。この戦いで連合軍はニューヨーク級強襲母艦ザオウを喪失。たった4隻しかないうちの1隻はカリストへと沈み、連合軍は成す術もなく木星圏から撤退した。

ジュピタリアンの先制攻撃によって半壊した地球連合軍は火星で再編成を行うも、地球圏にまで侵入してくる敵を前に疲弊していく。その着状態を打破すべく、情報が最新兵器を携えて宇宙海兵隊へとやってくるのであった。え?

概要

今作は最新兵器ギガースを運用する美少女パイロットのリーナ・ショーン・ミズキ海兵隊少尉率いる前線部隊と、ジュピタリアンとの戦争を理由に国家統制を強めようとする連合政府をどうにかしてやろうという反政府活動家の2つの舞台で描かれている。

物理に縛られた軌戦闘地味すぎて、最果ての地の独立戦争を追う方がややメインになっているところが推理作家今野さんらしくもある。すごいふんいき小説

宇宙海兵隊/ジュピターシンドローム

この作品は1990年徳間書店から発売された「宇宙海兵隊」とその続編「ジュピターシンドローム」のリメイク作品である。両作品は当時の時勢をよく表していて、今よりもかなり左寄りの世界観が特徴的だった。また遠い宇宙の先のジュピタリアンは狂気的に描かれていた。

シリーズ自体も10年前の2001年から刊行されているものの、20年前のものにべてかなりマイルドになった。美少女パイロットとか煽り文句に出てくるし。木星圏からやってきた工作員某イギリスのスパイみたいなイケメンになってたり。

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/05/19(日) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/19(日) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP