今注目のニュース
堀内犬友・犬川登志夫・犬田哲章・杉田直司…大型“新人”声優が犬役 アニメ『織田シナモン信長』
犬はニオイを嗅ぐだけで飼い主の恐怖心を感じ取ることができる(イタリア研究)
少年3人組が歩道橋から次々と投石 走行中の車16台にダメージ与える

封神演義単語

ホウシンエンギ

掲示板をみる(629)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

封神演義とは、以下のことを表す。

  1. 中国の伝奇物語。著者は許仲といわれているが偽は不明。
  2. 1を元にアレンジ訳)された安務の小説
  3. 2を原作にした週刊少年ジャンプに連載されていた藤崎竜による漫画
  4. 3を原作にした1999年テレビアニメ。「仙界伝封神演義」。該当記事参照。
  5. 3を原作にした2018年テレビアニメ。「覇穹 封神演義」。該当記事参照。
  6. 1を原作にしたコーエーから発売されたシミュレーションRPGゲーム
  7. 森田季節による小説。3.に影を受けていることを明言している。出版社も同じ集英社

概要

古代中国の商(作中では殷)末期舞台に仙人たちが宝パオペエ)という武器を駆使して戦いを繰り広げる物語。実際にあった王の交替劇を基にしており、役の太公望をはじめ実在の人物も多数登場している。もちろん、仙人に関する部分などは後の世の創作であるが、この時代の出来事から生した故事成語なども現代に伝わっている。

様々な形で発表されており、特に有名なものを幾つか取り上げる。

安能務版

元々は中国小説だったが日本小説家務が大胆にアレンジして小説にした。日本で封神演義が知られるようになったのはこの小説版の役割が大きい。ただし、アレンジされている部分が大きいので注意が必要である。

本来の原作では悪役の申に、どこの勢にも属さぬ自由な立場で動き回るダークヒーロー的役割を与えたのも安版である。

藤崎竜版

版を元に藤崎竜週刊少年ジャンプにて漫画化した作品。
連載期間は1996年28号から2000年47号まで。

アレンジが加えられた安版よりもさらに現代的なアレンジが加えられており、若年層の読者にも受け入れられ、同人でも一時代を築いた。

さらに、漫画版を基にしてサブキャラ役にして後日談を描いたゲームや、作中のキャラを入れかえたりなどして自分でストーリーアレンジできるゲームなども発売された。

コミック版(ジャンプコミック)の表は登場キャラクターになっている。※ここからネタバレ太公望(1巻)と王君(13巻)のみ逆さまに描かれており、元は同一人物であることを暗示している。

封神演義外伝

2018年の再アニメ化に伴って週刊ヤングジャンプ2018年2122合併号から短期集中連載されている藤崎竜版の外伝作品。

本編の後日談であるが、タイムトラベルによって太公望と四不本編の時間軸にも迷い込む過去編にもなっている。

旧アニメ(1999年)版

藤崎版を原作アニメ化もされたが、原作漫画が連載途中で未完だったことや、単行本にして20巻を越える内容を2クールで描ききることはまず不可能なことから、途中からは全なオリジナルストーリーになっており、原作通りの展開を期待していたファンからの評価は低い。OPのWillは有名。

詳細は「仙界伝封神演義」の記事を参照。

新アニメ(2018年)版

最初のアニメ化から約20年近い時をえて、再度のアニメ化2017年8月に発表された。

今回のアニメ版では漫画版の仙界大戦編を中心に構成される予定で、2017年11月時点では王君など漫画版で中盤以降に登場したキャラクタービジュアル開されている。

原作エピソードを描きながらもアニメオリジナル描写を所々含み、カットも多用されており物語としての整合性がとれていないなどから評価は低い。

詳細は「覇穹 封神演義」の記事を参照。

コーエー版

完訳 封神演義

中国の原典から直接翻訳した、いわば原典にもっとも近い版。ただし、誤訳などの問題がある。

また、完全版であるが故に難解であるとの評価もある。

歴史ポケットシリーズ 

訳を元に読みやすく編集されたアレンジ版。原典に近い版を読みたいのであればこの版がお勧めと思われる。

シミュレーションRPGゲーム

コーエーから発売された斜め見下ろし3Dマップを採用したシミュレーションRPG

ストーリー訳からの小説版をモチーフにしているが、オリジナル要素が非常に強い。そもそも太公望からして老人から青年へと設定が変更されている。また、申の描かれ方からして安と発売時期に連載していた藤崎の影も強く受けていると思われる。

続編も発売されたが、ジャンルRPGアクションに変更された。こちらは全にオリジナルストーリーになっている。

横山光輝版 殷周伝説-太公望伝奇

横山三国志で有名な横山光輝が独自のアレンジで描いた漫画

封神演義を下敷きにしているものの、宝などの仙術などには独自の解釈が与えられ、超能力ではなくある程度種や仕掛けがあるものとして描かれている。

横山光輝遺作となった。

関連動画

右に関しては、全訳版を含めた原典の解説。

関連コミュニティ

関連商品

関連項目

掲示板

  • 627ななしのよっしん

    2019/03/06(水) 17:11:32 ID: /C3Rp2WmY0

    しかし、某解説が、西洋で言うアーサー王伝説はわろた。
    ・・・うんアレンジ多いよね。

  • 628ななしのよっしん

    2019/03/31(日) 17:48:37 ID: /nRtkjVkFt

    漫画版の外伝封神演義外伝)が出てたとは知らなかった
    ここの記事で知ってすぐポチった。ありがとう

    漫画版の記事は独立した記事にしたほうがいいと思う

  • 629 ななしのよっしん

    2019/04/22(月) 11:16:26 ID: n2lLbSO7MN

    >>625
    にも仙界伝は再評価の方向性です…
    ていうか実際評価されてもいいところはあるんだよね
    殷王、周王あたりの家族関係ガッツリ掘り下げたのとか
    まあ原作通り丁寧にやってくれるアニメが来るのが一番だけど

急上昇ワード

最終更新:2019/09/20(金) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/20(金) 23:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP