今注目のニュース
LEDで緑色の発光現象も再現!『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』サイコフレームを自作!【ニコ動注目動画】
1分半に1件発生! 高速道路の落下物、当たったら自己責任? 補償されないケースも
なぜ「事故物件話」が流行るのか……「心霊スポットにドライブ」が流行らない時代の「怖い話学」

熱砂の惑星単語

ネッサノホシ

掲示板をみる(14)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

王子VSでっていう

熱砂の惑星とは、1997年伊藤忠商事より発売されたACTゲームである。タイトル読みは「熱砂の惑星(ほし)」。ちなみに定価6,300円でDisc2枚組み。

概要

22世紀環境破壊が進み、地球人間が住める惑星ではなくなってしまったため、太陽系から遠く離れた惑星へと、人類は移住する事になる。人類が問題なく居住できる惑星ではあったが、ここでは生命のである「」が稀少であった。モーバーという物質転送装置を利用し、を運ぼうとしたのだが、多種の異人(エイリアン)が住んでいるこの惑星で、この装置を奪われてしまい、人類はを手に入れることが困難になってしまった。

病気で体調を崩している母親のためにを取りにいく事にした、主人公ダンを渡そうとしないエイリアンたちを撃退し、を得る事に成功したが、居住区に戻ってきた時には…。

 

敵(エイリアン)との戦闘3DCGによる2D格闘ゲームによって展開される。敵のエイリアンは、トカゲの様なヒューマノイドや怪人はたまたニワトリ人間などなど、様々なデザインキャラクターが登場する。

部位防具が存在し、敵から入手する事で装備する事ができる。装備する事でアップさせることが出来る。また、回復やその他アイテムも存在し、中や各所にいる人間に友好的なエイリアンから入手する事が可

登場人物

長所と短所

BGM完成度が高く、ステージによって戦闘BGMが変わったりと、飽きさせない。また、格闘を基盤においていることもあってか、展開もなかなか熱い。エイリアンデザインが(一部を除き)濃すぎず薄すぎず、とっつき易いかもしれない。声優大御所いで、演出も良い。背景CGも作りこまれていて、悪く言えば3D酔いしてしまいそうだが、当時のCG技術の中でも高準なことの裏づけとも言える。また、割と単純な攻め方でも勝てる場合が多く、強必殺技も存在し、格闘ゲームが苦手な人でも問題なくプレイできる。

だが敵とのエンカウント率が非常に高く、1~2回進んだだけで敵に遭う事はザラ。また敵との戦闘勝利する度に体が増加するものの、体を回復させるアイテムが、エイリアンから貰える物を除くと、眼で見ることができない為、攻略情報がない場合はこまめにチェックしていかないと、どこにアイテムが隠れているのか全く判らない(ちなみにハズレアイテムも存在する)。また、マップという概念が存在しない為、自身でマッピングしていかないと、ステージによっては進むべき方向がわからなくなる。

関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/18(日) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/18(日) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP